26.5127.5フルスクリーンでマップを開く

提供: ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
沖縄県

沖縄県(おきなわけん | 英語 : Okinawa Prefecture、琉球語 : ウチナー、中国語 : 沖繩縣、韓国語 : 오키나와현、アラビア語 : أوكيناوا、エスペラント語 : Gubernio Okinavo)は、日本都道府県

市町村[編集]

知る[編集]

気候[編集]

南日本気候に位置する気候である。

歴史[編集]

まず始めに、現在沖縄県が存在している沖縄島とその周辺の島々は、もともと琉球王国という王国の領土であった。


琉球王国の時代区分では、日本国本土の旧石器時代から平安時代までの時代区分を、後期旧石器時代 - 貝塚時代の2つに分けている。

旧石器時代[編集]

南西諸島は、後期の氷河期にはユーラシア大陸と陸続きであり、そのころに人類が移り住んだといわれている。沖縄本島で見つかっている人類の化石で最も古いものは那覇市で見つかっている山下洞人である。これは今からおよそ32,000年前のものであると推測されており、ほとんど完全な形で残っている人骨の中では日本最古といわれている港川人骨については18,000年前のものであるとの見方が有力である。また、サキタリ洞遺跡では12,000年前の人骨が見つかっており、さらには同遺跡で23,000年前と世界最古の釣り針も見つかっている。

言語[編集]

詳しくは会話集参照
沖縄県は、上の歴史の節でも説明したように昔は琉球王国という王国が存在しており、琉球語という言葉を話していた。琉球語を琉球語で言うと「しまくとぅば」となる。琉球語の中にも、南奄美大島方言喜界島方言などの多くの方言があるが、琉球語というと通常は中央沖縄方言と呼ばれるものを指す。

地形[編集]

多くの島が属しており、大きな島がないことから川などの淡水が非常に少ないことはよく知られている。日本最西端の与那国島なども沖縄県に含まれる。

観る[編集]

食べる[編集]

沖縄県では、海葡萄などの珍しい食品を口にすることができます。

沖縄特有の食べ物[編集]

  • 沖縄そば
  • サーターアンダギー
  • 海葡萄
  • チャンプルー

食文化[編集]

沖縄県では、肉食を穢れとみなしていた本土と異なり古来から肉食の文化が発達していた。中国に近いことから豚肉の料理が特に発達しており、沖縄県の郷土料理の一つである沖縄そば(琉球語うちなーすば)でも具材にふんだんに豚肉が使用されている。琉球王国が中間貿易によって栄えた国であることが影響してか、遠く北海道の昆布が使われている料理などもあり、琉球王国の文化を感じさせる。チャンプルーは琉球語で「混ぜた物」という意味を持ち、様々な材料を混ぜて料理する。中でもゴーヤーチャンプルー、豆腐チャンプルーなどは有名で、日本の本土でも家庭料理としてよく作られる。パパヤーチャンプルーというパパイヤを具にしたものや、麩のフーチャンプルーなどもある。サーターアンダギーとは、琉球語首里方言で「サーター」 : 砂糖、「アンダ」 : 油、「アギ」 : 揚げ より、「油で揚げたもの」という意味である。

[編集]

  • 元祖海ぶどう 本店
    • HP : http://www.ganso-umibudou.co.jp/
    • 場所 : 沖縄県国頭郡恩納村字恩納6091
    • 海葡萄、海胆、𩺡ののった海ぶどう丼がおすすめ。

飲む[編集]

泊まる[編集]

沖縄県の位置(南西諸島内)

Red pog.svg

硫黄鳥島

Red pog.svg

波照間島

Red pog.svg

北大東島

Red pog.svg

与那国島

Blue 000080 pog.svg

那覇市

Red pog.svg

伊平屋島

沖縄県 (南西諸島)

構文エラー: 予期しない演算子 < です。