世界遺産
地図情報源
43.60451.444フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥールーズ

トゥールーズフランス語 : Toulouseオック語Tolosa | 別称 : ラヴィルローズ)は、フランス南西部オクシタニー地域圏にあるコミューンで、ミディ=ピレネー地方にあるオート=ガロンヌ県の県都です。ピレネー山脈の北に位置しており、ガロンヌ川沿いにあります。パリマルセイユリヨンに続くフランス第四の都市で、ラグビーや航空宇宙産業、ボンボン菓子やリキュールの原料のスミレの産地などで有名です。

トゥールーズの地図

地区[編集]

トゥールーズの地区

トゥールーズは、21世紀に入って17個の地区に分けられました。これらは過去の都市や街区を参考にして作られ、全体的に歴史的な背景が紐づいています。その後2008年には、民主的な成長を促進するものとしてこの地区分けを再編成し、全部で6つの区にわけました。こういった歴史により、フランスの国内でも特に大きな3つの都市(パリ・マルセイユ・リヨン)の地区編成とは異なる性格を持っています。

  北部 (3区)
約72,000人が住む地区です。マウリーヌ公園ほか。
  東部 (4区)
約76,000人が住みます。シテ・ド・レスパスやオプセルヴァトワール庭園など。
  西部 (6区)
レヌリー公園ほか。
  中央部 (1区)
人口が最も多く、約7万人が住みます。顕著な観光地の多くはここにあります。
  左岸 (2区)
67,000人の人口を抱える地域で、旧市街地区をはじめとした郊外の一角が位置します。
  南東部 (5区)
約1,000,000人が住みます。住宅地が多いです。ペチ・デビッドなど。



知る[編集]

トゥールーズの古名であるトロサは、紀元前2世紀にケルト系ウォルカエ・テクトサゲス族が書いたラテン語の遠征記録には登場しておらず、ケルト語由来であるとは考えずらいためにそれ以前につけられたものであると推察されている。古典イベリア語やアキタン語、「ねじれた」を意味する Torso や古代ギリシアのトロス(ギリシア語Τρ??)説、洗い越し関連説など、その由来には諸説あり、まだ詳細は解っていない。また、ルネサンス期にはノアの次男であるヤペテの孫息子であるトロスがこの街を築いて自身の名で命名したという伝説が流れた。

その後ラテン語名はフランス語Tholose トロズへと変わり、17世紀後半ごろにオック語の影響を受けて Toulouse トゥールーズへと変化したものとみられています。

地理[編集]

トゥールーズはオート=ガロンヌ県の北部に位置しており、大西洋と地中海とを結ぶ重要路のほぼ中央に存在します。ピレネーから流れるガロンヌ川は北東・湾曲部に当たるこの地で流れの向きを変え、北西に流れて大西洋に出ます。天気が晴れていれば町の南にはピレネー山脈が見え、ピレネー山脈のすぐ北の平野の代表都市となっています。

歴史[編集]

紀元前2世紀のアンフォラ(陶器の一種)。サン=レーモン博物館に展示されている。

トゥールーズには旧石器時代から人々が住み着いていたと言われていますが、確証はなく、実際に発見されたもので最古のものは新石器時代の住居跡です。紀元前8~7世紀のものとみられるネクロポリスなども発見されています。紀元前3世紀の半ばにはケルト系民族であるVolques Tectosagesがトゥールーズの均衡を占領していました。この地の住民はスペインやイタリアなどの他の土地との交易で商業を行っており、ワイン・コムギ・金属加工品などを交換していました。当地からはアンフォラが数多く発掘されており、交易がどれほど盛んであったかを物語っています。

この地は古代ローマ時代に「Tolosa」(トロザ)という街であり、町の中にある小さな通りは現在でも当時のレイアウトを参考に作られています。ローマ以前に支配をしていたVolques Tectosagesは、紀元前107年にローマに敗れ、ローマの都市となりました。アウグストゥス帝の1世紀に現在のトゥールーズの歴史的地区に都市が構築され、水道橋がかけられました。劇場・円形劇場・大浴場・神殿は14,000カ所あったと言われ、紀元後30年以降に設けられた街を囲う壁は現在でもその一部が残っています。250年にはトゥールーズのサトゥルニヌスが刑死したという記録があり、これはトゥールーズの名が初めて確認できる資料です。サン=セルナン大聖堂は彼に捧げられたものであると言われています。413年には西ゴート族が侵攻してトロザを首都にし、その後も争いが続きましたが最終的にはフランク王のクローヴィス1世が508年にトロザを征服します。

その後フランク王国からの影響力が薄まって629年に独立し、7・8世紀には王国となって独立した郡を支配する存在でしたが、721年にアラブ軍によって包囲され敗北します。その後中世まで独立状態は続き、政治体制が確立されて12人の構成員からなる共同議会が成立しました。1209年のアルビジョワ十字軍の際にはオック諸国が勝ったにもかかわらず町は衰退し、1229年のモー条約で凋落、1271年フランス王国に加わりました。1229年に開設された世界最古の大学は現在まで存続しており(現在では3つに分かれています)、今では10万人以上の学生が通っています。数論の父とも呼ばれるフェルマーは弁護士の仕事をする合間にここで定理を考えたと言われています。

14世紀には、貿易でフランス第4の都市となったものの、その後のポグロム・黒死病・飢饉・戦争などで荒れ果てました。15世紀に入りアイから採れる青い顔料「パステル」を独占することにより富を獲得しますが、インドからのインディゴの普及により再び低迷に陥りました。1463年にはトゥールーズ大火で町の建物が多く壊滅しましたが、町は拡大していきました。町は復興し、素焼きのレンガの建物が立ち並びました。この際の町の景観から、「ラヴィルローズ」(La ville rose | バラ色の町)という別名が付けられました。1476年には印刷術により国内第4の都市へとなりました。

1814年、4月10日にトゥールーズの戦いが起こりスペイン・イギリス連合軍にトゥールーズが包囲され、フランス軍は撤退しました。ナポレオンが撤退すると、王政復古によりルイ18世のもとに結集します。1875年6月23日にはトゥールーズの水位が最高を記録し、水量が10倍、ガロンヌ川の水位は9,47mに達して氾濫したと言われています。サン=ミシェル橋をはじめとした橋は壊れ、死者208人、住宅は1200棟以上が倒壊し、唯一ポンヌフのみが無事でした。6月26日にはマクマオン将軍が訪問し、この有名な言葉を残しました :

何という水だ!000
Que d’eau, que d’eau !
—パトリス・ド・マクマオン

20世紀に産業時代に入ると、航空産業をはじめ火薬・薬莢製造などが盛んになります。現在でも航空宇宙産業は非常に著名なトゥールーズの特徴で、都市部に住んでいる40万人の内3万5千人以上が航空技術・宇宙開発産業に従事していて、エアバス/EADSが最も大規模な雇用者です。

気候[編集]

 気候 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
最高気温 (°C) 9.4 11.2 14.0 16.2 20.5 24.2 27.6 27.5 24.2 18.9 13.0 10.1
最低気温 (°C) 2.2 3.2 4.5 6.5 10.3 13.3 15.7 15.9 12.9 9.6 5.2 3.3
降水量 (mm) 52 51 54 67 77 64 45 51 52 52 51 52
日照量 (hrs/day) 92.5 115.0 175.1 186.1 209.2 227.6 252.6 238.8 204.0 149.2 96.0 85.3

トゥールーズは、海洋性気候・地中海性気候・大陸性気候の3つの温帯気候の境目に当たる場所として特異性に富んだ気候になっています。夏は非常に暑く乾燥しており、秋になると晴天が続き冬は涼しく、春には激しい雨と嵐が襲います。風も様々な方向から吹き、大西洋からの湿った西風と南東からのオータン風、北ヨーロッパの寒気をもたらす乾燥した冷たい北風などがあります。オータン風は非常に強い風で、1916年5月4日にはトゥールーズ・ルヴァル間を走っていた汽車を横倒しにしたほどです。

読書[編集]

トゥールーズ生まれの作家の中では、ピエール・ガマラ(Wikipedia)が有名でしょう。彼は子供向けの散文や詩、児童文学などを書いたことで知られており、『僕のランドセル』という詩や『蠅とクリーム』などはフランスの教科書にもしばしば掲載されるほどです。彼の詩は一種の同様の様な、オリジナルのリズム感をもって子供に言葉を学ぶことの楽しさを教えます。しかし、彼の作品は児童向けの物ばかりではなく、例えばシャルル・ヴェイヨン賞(Prix Charles Veillon)を受賞した『火の館』は彼の代表作と言ってもよく、非常に興味深いです。

基礎データ[編集]

  • 人口
    • 493,465Wikidataでこれを編集
  • 面積
    • 118.3 平方キロメートルWikidataでこれを編集
  • 方言
    • トゥールーズの章


話す[編集]

トゥールーズでは、フランス語が全住民に普及しており、住民は皆フランス語を話せますし、行政機関などでも使用言語はフランス語で統一されています。

オック語は、南フランスの大部分を話者圏にしている現地語で、トゥールーズの地元文化とは切り離せないものです。この地域のこの言語には2つの方言があり、それぞれラングドック方言(Languedocien)とガスコーニュ方言(Gascon)です。トゥールーズはラングドックとガスコーニュという2つの地域のちょうど境界にあたるため、地理的な情報からこの街の言語を説明することができます。この言語は日常生活においての主流言語としての地位を譲っていますが、1970年代以降のオック語を復活させる流れによって文化的な復活を果たしています。この復活は、二か国語で書かれた標識・看板、オック語で話されているラジオ番組、オック語で教える学校の設立などによって象徴されています。

また、公式サイトにて質問を受けたミディ=ピレネー地方の地元住民はその多くが自分たちを「オクシタン」(Occitans)と呼んでいることも付け加えておきましょう。

オック語は、地元の住民の話すフランス語にも影響を及ぼしています。トゥールーズでは、いくつかの表現がオック語の影響を受けており、これは南フランスの大部分の地方フランス語で見られます。

  • Un pitchoun、une pitchoune : 子供
  • rampaillou : 小さな坂道
  • chocolatine : チョコレートパン

着く[編集]

飛行機で[編集]

パリ=オルリー空港へは1時間に1本程度の頻度でフライトがあります。また、発着場所にはどこかよくわからない行き先もいくつか示されているはずです。これは全てエアバスの技術・サービス便で、通常は満席です。」 トゥールーズ・ブラニャック空港 (Q372615) on Wikidata Wikipedia上のトゥールーズ・ブラニャック空港 トゥールーズ空港からの市街地への移動方法 :

  • 路面電車のT2が市内西部のArenesまで20分、市街地近くの東岸パレ・ド・ジュスティス(Palais de Justice)まで30分で運行しており、バスの運行間隔は10~20分程度、運行時間は6:00~24:00です。歩いていくと片道2ユーロですが、事前に購入しておいた方がお得です。
  • 空港バスはゲートCから市街地まで20分間隔で運行しており、こちらも6:00~24:00です。片道8ユーロで90分市内の公共交通機関に乗り換えることができます。
  • そのほかの公共バスとして、トゥールーズの北方向約10kmに位置するフヌイエ(Fenouillet)へ行くTisseo #30や北方向25kmのグルナード(Grenade)行きHaut-Garonne #88などがあります。
  • 市街地までタクシーで行く場合、約20ユーロかかります。
  • アンドラなどの別の目的地へのシャトルバスも用意可能です。
  • 空港にはレンタカーの設備がありますが、約46ドルと高めの相場です。

近くにはノボテル(Novotel、ホテルブランド)もあります。

鉄道で[編集]

18世紀建造の8号棟(サント=スカルブ広場)
  • 2 トゥールーズ・マタビオ駅 外部リンク (Gare de Toulouse-Matabiau) (市街地の北西端)。 「ボルドーパリのモンパルナス駅、リヨンのリヨン・パールデュー駅などからTGVが定期的に運行されています。 トゥールーズ・マタビオ駅 (Q373449) on Wikidata Wikipedia上のトゥールーズ・マタビオ駅
  • 3 モントドゥラン駅 外部リンク (Montaudran)。 「SNCFの駅。ボルドー=サン=ジャン-セット線(Q3239394)(Ligne de Bordeaux-Saint-Jean a Sete-Ville)が通っており、ボルドー方面の次の駅はトゥールーズ・マタビオです。 モントドゥラン駅 (Q630601) on Wikidata
  • 4 トゥールーズ・サン=アニュ駅 外部リンク (Gare de Toulouse-Saint-Agne)、 72bis Av. de l'U.R.S.S.。 「SNCFの駅。トゥールーズ-バイヨンヌ線(Q2415158)(Ligne de Toulouse a Bayonne)とサン=アニュ-オーシュ線(Q3239865)(Ligne de Saint-Agne a Auch)が通っており、サン=アニュオーシュへ行くことができます。 トゥールーズ・サン=アニュ駅 (Q2179915) on Wikidata
  • 5 ガリエニ=キャンセロポール駅 外部リンク (Gare de Gallieni-Canceropole)。 「サン=アニュ-オーシュ線。駅からはバスが出ています。 ガリエニ=キャンセロポール駅 (Q2385584) on Wikidata
  • 6 トゥールーズ・サン・シプリアン・アレンヌ駅 外部リンク (Gare de Toulouse-Saint-Cyprien-Arenes)、 トゥールーズ 31300、Rue de la Gare。 「サン=アニュ-オーシュ線。 トゥールーズ・サン・シプリアン・アレンヌ駅 (Q2243089) on Wikidata
  • 7 TOEC駅 (Gare du TOEC)。 「サン=アニュ-オーシュ線。 TOEC駅 (Q2935745) on Wikidata
  • 8 ラルデンヌ駅 外部リンク (Gare de Lardenne)、 トゥールーズ 31300。 「サン=アニュ-オーシュ線。 ラルデンヌ駅 (Q1931292) on Wikidata
  • 9 サン・マルタン・デュ・トゥッシュ駅 (Gare de Saint-Martin-du-Touch)、 トゥールーズ 31300。 「サン=アニュ-オーシュ線。 サン・マルタン・デュ・トゥッシュ駅 (Q3097574) on Wikidata
  • 10 ラマシエ駅 (Gare des Ramassiers)。 「サン=アニュ-オーシュ線。 ラマシエ駅 (Q2076458) on Wikidata

トゥールーズ・マタビオ駅を通る路線の正確な一覧は以下のとおりです :

TGV
アンテルシテ
夜行アンテルシテ
TER

各都市へのおおよその所用時間です :

  • パリ : 4時間20分、5時間(ボルドー経由)、8時間(夜行)
  • ボルドー : 2時間
  • リヨン : 4時間
  • ナルボンヌ : 1時間20分
  • マルセイユ : 4時間

ナルボンヌからは乗り換えることでペルピニャン、ジローナスペインカタルーニャ州ジローナ県)、バルセロナ(同州バルセロナ県)へ行くことができます。また、マルセイユからの乗り換えでニース、モナコジェノヴァイタリアリグーリア州ジェノヴァ県)へ行くことが可能です。

スペインへ行くルートはいくつかあります。最も早いのが東方向にナルボンヌの海岸まで行き、南へペルピニャンを過ぎてバルセロナへ入る方法です。タルブとポーを経由してバイヨンヌへ入り、西へ向かうとバスク州アストゥリアス州ガリシア州に着きます。ピレネー山脈を越えてラトゥールへと行き、バルセロナに行く路程もあります。詳しくは、出かける節も参照してください。

TGVとアンテルシテは事前に予約することが重要です(特に「Prem」運賃)。voyages-sncf.comで運賃を確認できます。TERならば当日駅で購入するだけで十分です。

車で[編集]

トゥールーズには環状道路(A620)があり、A20、A61、A62、A64、A68、A621、A624の6つのオートルートがここに接続しています。これらの道を利用することでパリ、ボルドー、マルセイユ、バルセロナなどに簡単にいくことができます。

平均的な移動時間は以下のとおりです :

  • パリ : 6時間
  • ボルドー : 2時間30分
  • モンペリエ : 2時間30分
  • マルセイユ : 4時間
  • サラゴサ : 6時間

ただし、市街地やトゥールーズ郊外では深刻な渋滞や駐車場の空きなどに気をつけなくてはいけません。

バスで[編集]

バスターミナルはトゥールーズ・マタビオ駅のすぐ北にあり、メトロの上にあります。ここは空港シャトルバスの終点になっています。ユーロラインズとフリックバスがパリとマルセイユに運行しています。スペインの高速バスであるAlsaは、バルセロナ、サラゴサ、マドリードなどのスペインの主要都市へ展開しています。Andbusはアンドラの首都であるアンドラ・ラ・ベリャへ1日2、3回の間隔でシャトルバスを展開しています。片道2時間30分^3時間、36ユーロです。そのほか、モロッコなどにもバスが運行されています。

船で[編集]

トゥールーズは、大西洋と地中海とを結ぶドゥメール運河(Canal des Deux Mers | 2つの海の運河)のちょうど真ん中に当たります。東のミディ運河は丘陵を超えてカルカソンヌやベジエを通り、セットで地中海に達します。この運河は現在世界文化遺産に指定されており、総長360kmにわたります。西にはガロンヌ川に沿ってボルドーを通りジロンド県で海に出る、ガロンヌ運河が通っています。これを移動するには長距離ボートを借りて数週間の時間を用意する必要があります。修理などの事情により運河の一部が閉鎖されるなどの可能性もあるので、事前に確認してください。

移動する[編集]

路線図
地下鉄・路面電車路線図

町の公共交通機関に関して、非常にお得なパスなどがあります。以下は、トゥールーズの公共交通機関を管理している機構です :

  • Tisseo ? トゥールーズの交通機関の総括機関です。2つの地下鉄と2つの路面電車、それに都市を走っている鉄道とバスはこの期間が管理しているのです。
  • Telepherique(Q21705618)Teleo) ? 2021年末に運行を開始した都市型ケーブルカーで、ランゲイユ地区(Rangueil)での移動をさらに容易にするために開発されました。トゥールーズ市街地以外の2つの終点であるオンコポル(Oncopole)からはP+Rとバスが、ポール・サバティエ大学からは地下鉄B線が出ています。
運賃

バス・メトロ・トラムの料金は以下のように設定されています(2013年1月) :

1回の移動 1.7ユーロ(2018年9月)
1回の往復 2.9ユーロ
10回移動 12.9ユーロ
1日パス 10.5ユーロ
2日パス 8.5ユーロ 連続した2日間にのみ有効です
3日パス 10.5ユーロ 連続した3日間にのみ有効です
団体パス 5.5ユーロ 1日に最大6人で12回乗り継ぐことができます
7日パス 13.3ユーロ パステルカードが必要
31日パス 43.8ユーロ パステルカードが必要
年間パス 438ユーロ パステルカードが必要

パステルカードはこちらから申し込みができます。

以下のパスでは、特定の博物館やモニュメント、ショー、お店などでの割引を得られます。パスはTisseoの代理店観光局などで買うことができます :

1日滞在パス 18ユーロ
2日滞在パス 25ユーロ
3日滞在パス 32ユーロ

それぞれ1時間に3回の利用が可能です。

パステルカードは26歳以下と学生、団体には割引がなされ、65歳以上の人と職業についていない人は無料で利用できます。パステルカードを作るためには身分証明書とパスポート写真、8ユーロの小切手を持参してJean-JauresかLes ArenesのTisseo代理店に行ってください。

  • 注意 : バスでチケットを購入した場合、運転手がお釣りをくれないことがあります。残高をあらかじめ補填しておきましょう。また、バスにはシングルチケットしかないので定期券はメトロの駅かTisseoの代理店で買ってください。

改札口付近には警備員がいるので、システムの不正利用はくれぐれもしないようにしてください。バス内での不正行為は運転手が管理者と犯罪対策チームに連絡しますが、鉄道と比べるとあまり問題にはならないのが現状です。ジャン・ジョレス駅はメトロAとメトロBが交差しているためコントロールはここで行われています。その際、警察官が同行することが多いです。

代理店
  • Tisseo
  • トゥールーズ・ブラニャック空港 : 到着ロビーのホールB
  • アレーヌ駅(メトロA線) : 駅を出てすぐ右手
  • バッソ・アンボ駅(メトロA線) : 駅1階のホール
  • キャピトル駅(メトロA線) : 地下鉄の入り口
  • ジョン・ジョレス駅(メトロA・B線) : 店頭
  • Marengo SNCF駅(メトロA線) : 地下鉄のアクセストンネル内
トゥールーズの鉄道路線
メトロ
トラム

鉄道で[編集]

TER

メトロ
メトロA線
メトロB線
メトロC線

地下鉄は、日曜から木曜には5:15~12:00の間に運行しており、金曜日と土曜日の夜は3:00まで運行しています。

  • A線
メトロA線は北東から南西に走っており、バルマグラモン、アルグレット、SNCF駅のあるマタビオ、アレー・ジョン・ジョレス、キャピトル、エスキロール、アレーヌ、ベルフォンテーニュ、ル・ミライルなどを通っています。
  • 10 Balma - Gramont
  • 11 Argoulets
  • 12 Roseraie
  • 13 Jolimont
  • 14 Marengo - SNCF
  • 15 Jean Jaures
  • 16 Capitole
  • 17 Esquirol
  • 18 Saint-Cyprien - Republique
  • 19 Patte d'Oie
  • 20 Arenes
  • 21 Fontaine Lestang
  • 22 Mermoz
  • 23 Bagatelle
  • 24 Mirail - Universite
  • 25 Reynerie
  • 26 Bellefontaine
  • 27 Basso Cambo

  • B線
ボルドルージュ(Borderouge)、バリエー・ド・パリ(Barriere de Paris)、コンポン・キャファレリ(Compans-Cafarelli)、アルノー・ベルナール (Arnaud-Bernard)、ジョン・ジョレス(Jean-Jaures)、カルメ(Carmes)、サン・ミシェル(Saint-Michel)、Empalot、ランゲイル(Rangueil)、ラモンビル(Ramonville)を通る南北に走る路線です。これらの駅にはそれぞれ現代美術の何らかの作品が置かれています。見やすいものもありますが、場合によってはそうでないものもあります。
  • 28 Borderouge
  • 29 Trois Cocus
  • 30 La Vache
  • 31 Barriere de Paris
  • 32 Minimes - Claude Nougaro
  • 33 Canal du Midi
  • 34 Compans Caffarelli
  • 35 Jeanne d'Arc
  • 15 Jean Jaures
  • 36 Francois Verdier
  • 37 Carmes
  • 38 Palais de Justice
  • 39 Saint-Michel - Marcel Langer
  • 40 Empalot
  • 41 Saint-Agne
  • 42 Saouzelong
  • 43 Rangueil
  • 44 Faculte de Pharmacie
  • 45 Universite Paul Sabatier
  • 46 Ramonville
  • C線
TERと連携している郊外の路線です。アリーナ(Les Arenes)からコロミエ(Colomiers)までを通ります。

バスで[編集]

ファイル:Carte de Lineo de Toulouse.png
リネオ(Lineo)の路線図

SMTC(Syndicat Mixte des Transports en Commun)の104のコミューンには総計して50本以上の路線が通っています。バス路線の中には地下鉄A線・B線と接続されていないものがある事に注意してください。また、日曜・祝日限定などの毎日運航していない路線がある事にも注意が必要です。

路線、時刻表と地図に関してはこちらをご覧ください。

車で[編集]

自動車での移動は、時間帯を間違えると非常に地獄を味わうこととなります。

町の中心部には全てが徒歩で歩ける圏内に集まっており、駐車場と交通渋滞などの問題を考えると車での移動は避けるべきでしょう。中央付近にはいくつかの駐車場があります。歩行者や自転車のための道路が最近は増えています。

メトロやトラムの終点には無料のP+R(パークアンドライド)用施設が多くあり、市街地へのアクセスが容易になります。これらの駐車場を利用する際、チケットをくれぐれも忘れないようにしてください。

リアルタイム交通状況

路面電車で[編集]

T1線
T1線

パレ・ド・ジャスティス(地下鉄のB線も通っています)から出てアレーヌ(Arenes)を通りゼニス(Zenith)、プルパン病院(l'Hopital Purpan)、ル・サントレ・ドゥ・ブラニャック(le centre de Blagnac)、Odyssud、l'IUT de Blagnac、jusqu'au quartier Andromede-Aeroconstellationなどを経由して終点はブラニャックの更に隣にあるボゼル(Beauzelle)となっています。

  • 47 MEETT
  • 48 Aeroconstellation
  • 49 Beauzelle
  • 50 Andromede - Lycee
  • 51 Place-Georges-Brassens
  • 52 Grand Noble
  • 53 Patinoire - Barradels
  • 54 Odyssud - Ritouret
  • 55 Place du Relais
  • 56 Pasteur - Mairie de Blagnac
  • 57 Guyenne Berry
  • 58 Servanty - Airbus
  • 59 Ancely
  • 60 Arenes-Romaines
  • 61 Purpan
  • 62 Cartoucherie
  • 63 Zenith
  • 64 Hippodrome
  • 65 Arenes
  • 66 Deodat-de-Severac
  • 67 Croix-de-Pierre
  • 68 Avenue-de-Muret ? Marcel-Cavaille
  • 69 Fer-a-Cheval
  • 70 Ile-du-Ramier
  • 71 Palais-de-Justice

T2線

2015年4月11日に運行を開始したこの路線は、T1線からトゥールーズの市街地までの延長をしている路線で、パレ・ド・ジャスティスとアレーヌを結んでおり、またトゥールーズ・ブラニャック空港にも足を延ばしています。

  • 72 Aeroport
  • 73 Daurat
  • 74 Nadot

自転車で[編集]

トゥールーズの住民の多くは個人的に自転車を所持しています。

市内には自転車専用道路が整備されており、トゥールーズの住民にとって自転車は非常に重要なものになっています。トゥールーズの運転手はあまり礼儀正しい人が多くなく、道路が飽和状態であることは問題であることを頭に留めて置いてください。サイクリングロードの途中に自転車が駐まっていたり、ひどい場合には駐車することも稀ではありません。また、狭い道では目の前にいるとサイクルベルを鳴らしてくる不愉快なドライバーもいます。歩行者は自転車に注意を払うことは少なく、狭い空間を共有していると危険であるためできるだけ歩道を使わないようにしてください。自分のためというよりも、それはぶつかってしまう歩行者のためです。

とはいっても、トゥールーズの街を移動するにはやはり自転車が最も便利です。所持している自転車を使うのもいいですし貸してもらうのであればただです。道路の渋滞状況を見れば車道よりはるかに好況ですし、地下鉄やバスなどのように渋滞状況に悩まされる必要がないので遥かに速いです。

  • VeloToulouse - 2007年の末にトゥールーズでは、パリのVelib'やリヨンのVeloveを参考にしたセルフ自転車レンタルシステムを導入しました。レンタルの金額は、1日で1.2ユーロ、1週間で5ユーロ、1ヶ月で10ユーロ、1年で20ユーロとなっていて、最初の30分間は無料です。このパスは市内中心部に設置されたいくつかのキオスクで購入することができます。なお、キオスクは約100メートル間隔で設置されています。また、自転車のレンタルにはクレジットカードが必要になります。ここで借りることのできるものは性能はあまり充実していない(小さく、重く、遅い)ということに注意が必要です。

困ったときは[編集]

  • 1 トゥールーズ観光案内所 外部リンク (Toulouse tourisme)、 Donjon du Capitole, Square Charles de Gaulle (キャピトルの後ろ)、 +33 892 18 01 80火~土曜日 : 09:30~18:00、日・月曜日 : 10:00~18:00。 「地元の企業や宿泊施設、イベントやアクティビティなどの情報を提供する観光者向けのインフォメーションセンター。

領事館[編集]

  • アルジェリア67, bd de Strasbourg +33 5 61 62 97 07
  • ドイツ24, rue de Metz +33 5 61 52 35 56
  • オーストリア13 rue André Villet +33 6 95 44 79 54
  • ベルギー3, rue Mage +33 5 61 52 67 93
  • ブラジル26, rue St Antoine du T +335 62 30 44 59
  • カナダ10, rue Jules-de-Rességuier +33 5 61 52 19 06fax: +33 5 61 55 40 32
  • コートジボワール128, avenue de Muret +33 5 61 15 31 34
  • デンマーク41, rue Alsace-Lorraine +33 5 34 44 98 37
  • スペイン16, rue Sainte-Anne +33 5 34 31 96 60
  • エストニア121, boulevard Deltour +33 5 61 70 08 45
  • アメリカ合衆国25, allées Jean-Jaurès +33 5 34 41 36 50
  • フィンランド3, rue Maxime Jouret +33 5 61 80 80 91
  • イタリア19, bis rue Riquet +33 5 34 66 89 90
  • 日本19, rue Ninau
  • ラトビア7, allée Charles Malpel +33 5 62 68 92 92
  • マリ56 Avenue Victor Segoffin +33 6 07 84 97 43
  • マルタ2, impasse Maurice Bellonte +33 5 61 80 98 3
  • モロッコ5, avenue Camille Pujol +33 5 62 47 10 47
  • メキシコ34, rue d'Aubuisson +33 5 34 41 74 40
  • モルドバ20, rue Lafayette +33 6 98 63 75 88
  • ネパール34, rue d'Aubusson +33 6 07 23 30 93
  • ニカラグア23, rue du Languedoc +33 5 61 25 85 43
  • ノルウェー298, allée du lac, 31670 Labège +33 5 62 73 44 00
  • オランダ32, rue Alsace Lorraine +33 5 61 13 64 94
  • ペルー22, rue de la Dalbade
  • ポーランド9, rue Cancé +33 6 24 68 75 07
  • ポルトガル33, avenue Camille Pujol +33 5 61 80 43 45
  • スロベニア38 Rue Alsace Lorraine +33 5 82 75 74 66
  • スウェーデン298, allée du lac, 31670 Labège +33 5 62 73 44 00
  • スイス36, allée de Bellefontaine +33 5 61 40 45 33
  • チャド5, avenue des Crètes, 31522 Ramonville Saint-Agne +33 5 61 73 19 97
  • チュニジア19, allées Jean-Jaurès +33 5 61 63 61 61
  • ウルグアイ31 rue du printemps +33 9 75 69 59 07

地元メディア[編集]

  • 地元ではTV Sudが最も主要です。町の独自のチャンネルであるTLTは2015年に営業終了しました。
  • Intramuros は地元の映画や演劇、コンサートなどの多岐にわたるイベントについての情報を配信している無料の週間ローカル新聞です。
  • La Dépêche du Midiの地方版は印刷された実物かオンラインで読むことができます。

観る[編集]

トゥールーズの地図

トゥールーズの主なモニュメント

博物館・美術館[編集]

  • 1 トゥールーズ博物館 外部リンク (Museum de Toulouse)、 35 allees Jules Guesde (B線、T1、T2。パレ・ド・ジャスティス(Palais-de-Justice)からバスの31番でJardin Royal、バスの44番・29番・L7番に乗り換えてからGrand Rond・Velo-Toulouse : station allee Jules Guesdeで降車)、 +33 5 67 73 84 84火~日曜日:午前10時~午後6時7ユーロ トゥールーズ博物館蔵 (Q422) on Wikidata
  • 2 オーギュスタン美術館 外部リンク (Musee des Augustins、musee des Beaux-Arts)。 オーギュスタン美術館 (Q2711480) on Wikidata Wikipedia上のオーギュスタン美術館
  • 3 シテ・ド・レスパス 外部リンク (Cite de l'espace)。 シテ・ド・レスパス (Q1094325) on Wikidata Wikipedia上のシテ・ド・レスパス
  • 4 サン・レイモン博物館 外部リンク (Musee Saint-Raymond) (A線 : Capitole、B線 : Jeanne-d’Arc)。 「古美術博物館。 サン・レイモン博物館 (Q1376) on Wikidata
  • 5 ベンベルグ財団美術館 外部リンク (Fondation Bemberg)、 a l'Hotel d’Assezat (A線 : Esquirol、B線 : Carmes)。 ベンベルグ財団美術館 (Q16303680) on Wikidata
  • 6 レ・ザバトワール博物館 外部リンク (Les Abattoirs) (A線 : Saint-Cyprien ? Republique、カタラン橋(Pont des Catalans)の西岸)。 水~日曜日 : 12:00~18:00, 木曜日 : 12:00~20:00, 月火定休。 「現代・近代美術の博物館。広大な、かつて食肉処理場だった場所にあります。庭園はガロンヌ川を見下ろす形になっています。 レ・ザバトワール博物館 (Q3230368) on Wikidata
  • 7 ポール・デュパイ博物館 (Musee Paul Dupuy)。 「グラフィックアート・デコラティブアートの博物館。 ポール・デュパイ博物館 (Q3329305) on Wikidata
  • 8 ジョルジュ・ラビ美術館 (Musee Georges Labit)、 17 rue du Japon (市街地から約2km東。メトロBでCarmes駅の隣のVerdier駅まで移動し、バスの10番でDemouillesへ)。 火曜定休。10~5月 : 11:00~17:00; 6~9月 : 11:00~18:00;。 「1893年建造の地中海式庭園にある、アジア美術・古代エジプト美術の美術館。4ユーロ、割引は2ユーロ ジョルジュ・ラビ美術館 (Q167182) on Wikidata
  • 9 旧市街博物館 (Musee du Vieux Toulouse)。 旧市街博物館 (Q3330403) on Wikidata
  • 10 シャトー・ドー・ギャラリー 外部リンク (Galerie du Chateau d'Eau)。 「ジャン・デューザイド(Jean Dieuzaide)の写真展。 シャトー・ドー・ギャラリー (Q30512968) on Wikidata
  • 11 ポスター美術館 外部リンク (Centre de l'Affiche)。 「名前の通りです。 ポスター美術館 (Q2945872) on Wikidata
  • 12 医学歴史博物館 外部リンク (Musee de l'histoire de la Medecine) (A線 : Esquirol)。 木・金・日曜日 : 11:00~17:00。 「病院の中にあります。
  • 13 メゾン・セイアン 外部リンク (Maison Seilhan)。 メゾン・セイアン (Q3278998) on Wikidata
  • 14 エスパス・EDF・バザクル 外部リンク (Espace EDF Bazacle)。 エスパス・EDF・バザクル (Q30140515) on Wikidata
  • 15 Halle de la Machine 外部リンク3 Av. de l'Aérodrome de Montaudran +33 5 32 10 89 07。 「鉄と木工機械による非常にリアルな様々な像。特にケンタウロスなどは印象的です。
  • 16 ロンヴォル・デ・ピオニエ 外部リンク (L'Envol des Pionniers)、 6 Rue Jacqueline Auriol (バス「Latécoère」かTERのMontaudran駅)、 +33 5 67 22 23 24営業日の最新情報 : https://www.lenvol-des-pionniers.com/informations-pratiques/horaires-ouverture/ ;。 「モントドゥランの伝説の地を尋ねましょう。

建築物[編集]

  • 17 キャピトル広場 (Place du capitole)。 ガイドツアー : 月?金 : 08:30?19:00、水 : 10:00?19:00;。 「広場に建つ、国会議事堂のある新古典主義様式の建物や、市庁舎や有名人の部屋、アンリ・マルタンの部屋や有名な劇場などがあります。無料。 キャピトル広場 (Q3390578) on Wikidata
  • 観光案内所として使用されていた、ドンジョン(天守)
  • ガロンヌ川の波止場と川辺
  • グラン・ロン公園、ロワイヤル庭園
  • 18 植物園 (Jardin des Plantes) (市街地より南に約2km)。 「あなたは修道院に入ったかと思うでしょう : 現在の庭園はカルメル会の古い修道院の中にあり、南に拡張されました。ジュール・ゲード通り(Allee Jules Guesde)を北に行くと自然史博物館があります。 Jardin des Plantes, Toulouse (Q3162572) on Wikidata
  • 19 自然史博物館 外部リンク (トゥールーズ博物館、Museum de Toulouse, Le Museum d'histoire naturelle de Toulouse, MHNT)、 35 All. Jules Guesde, 31000 Toulouse +3356773848410:00~18:00、月曜定休。 「毎月第一日曜日は入館が無料。1865年開業の博物館で、子供にも大人気の場所です(フランス語が読めなければつまらないかも知れませんが、実際に体験する場所など、言語を超えて楽しめる場所もあります)。 トゥールーズ博物館蔵 (Q422) on Wikidata
  • 20 ポンヌフ (Pont Neuf)。 「ジャック・ルメルシエが設計。パリのポンヌフと同じく、新しい橋を意味しますが、ガロンヌ川にかかっている橋の中では最も古く、1544年~1626年に建築されました。橋はライオンの頭と尻を表していると言われていますが、それを理解するためには相当の想像力を要します。西の橋には水の塔(chateau d'eau)があり、写真展が開催されています。 ポンヌフ (Q1460090) on Wikidata Wikipedia上のポンヌフ
  • 21 ミディ運河 Wikipedia上のミディ運河
  • 22 オテル・ダッセザ (Hotel d'Assezat、Fondation Bemberg)、 Place d'Assezat (corner of rue Metz & rue de la Bourse)、 +33 5 61 12 06 89月~金曜日 : 10:30~12:30, 13:30~18:00 (木曜日には20:00まで)、定休。 「16世紀に豪商のために建てられたルネサンス様式の大豪邸です。現在はジョルジュ・ベンベルグ(1915~2011)個人の美術コレクション「ベンベルグ財団」が展示されています。大人 : ?8、割引 : ?5 バンベルグ財団美術館 (Q3145715) on Wikidata Wikipedia上のHotel d'Assezat
  • 23 ピエール・ブディ日本庭園 外部リンク (Jardin Japonais Pierre Baudis)、 Jardin Compans Caffarelli, Bd Lascrosses +33 5 62 27 48 4808:00-20:00。 「池、茶室、枯山水の滝、灯篭、赤い橋などなど日本庭園の典型的な部分を取り入れています。 jardin japonais de Toulouse (Q3162611) on Wikidata
  • hotel de Bernuy

宗教施設[編集]

  • 24 サン=セルナン大聖堂 外部リンク (Basilique Saint-Sernin)。 トゥールーズ大聖堂 (Q1010268) on Wikidata
  • 25 ノートルダム・デュ・トゥール教会 (Eglise Notre-Dame du Taur)。 「歴史的記念物に指定されています。 ノートルダム・デュ・トゥール教会 (Q3580780) on Wikidata
  • 26 ジャコバン教会 外部リンク (Eglise des Jacobins)、 ラカナル通り月~金 : 10:00~18:00、土日祝日休館。 「歴史的記念物に指定されています。赤レンガのゴシック建築で、聖トマス・アクィナスの聖遺物が収められています。現在では修道院や食堂、聖アントナン礼拝堂、会議場(Salle Capitulaire、英語 : Chapter_house)の中心を博物館として利用しています。4ユーロ ジャコバン教会 (Q2759640) on Wikidata
  • 27 オーギュスタン美術館 外部リンク (Musee des Augustins)、 21 rue de Metz +33 5 61 22 21 82水~月 : 10:00~18:00、水曜日 : 10:00~20:00、火曜定休。 「2つの愉快な修道院に囲まれたアウグスティノ修道院にある素晴らしい美術館です。大人5ユーロ、小人3ユーロ、毎月第一日曜は無料 オーギュスタン美術館 (Q2711480) on Wikidata Wikipedia上のオーギュスタン美術館
  • 28 トゥールーズ大聖堂 外部リンク (Cathedrale Saint-Etienne)。 「歴史的記念物に指定されています。 トゥールーズ大聖堂 (Q2737833) on Wikidata
  • 29 ドラード教会 (Basilique de la Daurade)。 「歴史的記念物に指定されています。 Notre-Dame de la Daurade (Q2887166) on Wikidata
  • 30 ダルバード教会 (Eglise de la Dalbade)。 「歴史的記念物に指定されています。 Notre-Dame de la Dalbade (Q3580740) on Wikidata

市場[編集]

トゥールーズには、屋内市場(halls)と屋外市場があります。基本的に月曜日以外には毎日開かれています(サン・トーバンのみ日曜だけの開場)。

  • ヴィクトル・ユーゴー市場 : 屋内。トゥールーズのガストロノミーの聖地です。2階には破格の価格で高品質な料理を提供するレストランが入っています(詳細)。
  • サン=シプリアン市場 : 屋内。小規模ですが、とてもすてきな市場です。
  • カルム市場 : 屋内。お楽しみの市場で、高価です。
  • クリスタル市場 : アルノー・ベルナール(Arnaud Bernard)とジャンヌ・ダルク(Jeanne d'Arc)の間の大通りにあります。最も人気のある市場で、もっともお得な価格の市場でもあり、フランスの中でも有数の安さです。
  • サン・トーバン市場(日曜のみ営業) : とてもいい雰囲気です。人気が多いため、大きな荷物などは持って行かないようにしましょう。

散策[編集]

トゥールーズは、リラックスするのにも非常に適した街です。クロード・ヌガロ(Claude Nougaro)はスペインに角を生やしたようだと言っており、これは地中海的な静かさを持っているからです。

  • サン=シプリアン地区は、とても快適な場所で、人気もあり旧市街の様です。歩いたり、テラスでコーヒーを飲んだりするととても気持ちよく、特に夏場は訪問必須です。噴水があるサン=シプリアン広場は、2つのアーチとポン・ヌフを眺められるポジションです。ポン・ヌフはとてもロマンチックなフィルトゥル公園(Prairie des filtres)に張り出しており、ドラードの岸(Quais de la Daurade)もよく見えます。河を中心とした夜の装飾もよくできており、毎年開催される音楽祭「Rio loco」の会場にはフィルトゥル公園が選ばれています。
  • アルノー・ベルナール地区は、卓越したくつろぎの雰囲気を醸しだしており、状態の良好な建築物とサンドイッチショップなどのテラス付きの店で様々な話題を楽しめます。オリエンタルのレストランもバリエーション豊かです。近年この地区は新しくなり、劇場文化的なカフェなどが増え、代替的なリラックスポジションが多く出来ています。
  • サン=ピエール広場は、トゥールーズの学生のたまり場です。ラグビーをテーマにする3つの主要なバーがあり、決勝戦や重要な試合の場合には多くのラグビー好きの人が集まり、あなたも中毒的なラグビー好きになる可能性があります。法律学校がすぐ近くにあり、ガロンヌ川・サン=シプリアン川・レストランの立ち並ぶブランシェ通り・キャピトル広場に行く唯一の直線であるパルガミニエール通りなど地理的な部分で繊細なので、雰囲気と音は保証されています。夕方にこの広場に行きたい場合は、夕方にはアルコールが入ることを忘れないでください。夜が明ければいろいろなところでグラスが割れていたり、嘔吐物がたまっていたりし、トラブルに巻き込まれないように注意しなければなりません。しかし安心してください、サン=ピエールは特に危険な場所であるわけではないので、気を付けさえいれば快適な夜が過ごせますし、スポーツを楽しむこともできます。
  • カルム地区は夕方に特に人気のある地区で、北のエスキロル広場付近にあるタパスバーが人気です。フランス風・スペイン風などの様々な種類のタパスがあり、ワインバーも非常に多くあります。サン=ピエールよりも家庭的な優雅さを持つこの地区では小さな子供を連れた方や会社の同僚たちなどで席が埋まっており、価格もそれを反映するように高めに設定されています。
  • ドラードの岸(Quais de la Daurade)は晴れた日の午後に気持ちがいい場所です。エスキロールとサン=ピエールの中間に位置するガロンヌ川の畔で、ラ・グラーヴ(La Grave)のドームを見ることができます(有名です)。春の終わりから秋の初めにかけて、このような場所では即席の宴会が催されることがあります。一人で行っても夜の友達を作るのに然程の苦労はしませんが(女子は注意してください)、慎重に選びましょう。音楽(運がよければ、ジャンベ、ギター、ディジュリドゥ、サクソフォン、バイオリン…)・アルコール・ジャグリング・火のついたポイがパーティの一部となります。日付が変わった2時や3時くらいには危険ですが、そこまで遅くなければ夜は危険ではありません。

産業[編集]

トゥールーズは、航空宇宙産業に関しては欧州の中心地と言っても過言ではありません。

ブラニャックではエアバスの工場が近いため見上げるとA380(エアバスの超大型ワイドボディ機)やベルーガ(Beluga | エアバスの貨物機)の離発着を目にすることもよくあるそうです。

  • 31 エアバスを訪ねてみよう 外部リンク (エアバスサーキット見学(Visiter Airbus Circuit)、A380)、 Village Aeroconstellation, rue Franz Joseph Strauss, 31700 Blagnac (T1 Beauzelle-Aeroscopia駅。或いはトゥールーズ空港から北に2km、D902.3からはずれたブラニャックのアンドレ・トュルカ通り(Allee Andre Turcat)から。)、 +33 5 34 39 42 00。 「テレメトリ室(遠隔測定法のこと)・工場・A380モデルの3つのステージがあり、客50名につき1人のガイドという形でガイドツアーを行っています。訪問の後には航空博物館に行くことができます。しかし、このツアーはエアバスの1時間30分の宣伝のためにお金を受け取ったという感じがします。メーカーのファンや飛行機のファンには楽しいかも知れません。

マナツアーズからのオンライン予約が必要です。これはEUのパスポートやIDカードを持っている方には関係なく、オンライン予約の場合は訪問の2日以上前でなければいけません。」 15.5ユーロ、博物館を合わせると24ユーロ

  • 32 航空博物館 外部リンク (Aeroscopia、Musee Aeronautique)、 Allee Andre Turcat, 31700 ブラニャック (T1 Beauzelle-Aeroscopia駅)、 +33 5 34 39 42 00。 「スーパーグッピー・A300B・コンコルド・模型のコレクション・航空の歴史を描いた58mのフレスコ画などなど。航空産業についてのあらゆる情報を相互的に知り、体験してください。11.5ユーロ アエロ・スコピア (Q15714017) on Wikidata
  • 33 シテ・レス・パス 外部リンク (宇宙都市)、 ave Jean Gornod (A61から東に5km。メトロA線のJolimontからバスの37番でLa Plaine方面。)。 土~水曜日 : 10:00~18:00、木~金曜日 : 10:00~17:00。 「宇宙旅行に関して実際に体験を通して理解できます。宇宙のレプリカなどもあり、5~14歳向け。大人 : 21ユーロ、小人 : 15.5ユーロ(7・8月 : 24ユーロ/17.5ユーロ) シテ・ド・レスパス (Q1094325) on Wikidata Wikipedia上のシテ・ド・レスパス

する[編集]

トゥールーズの地図

緑地[編集]

トゥールーズには、様々な緑地があります。ここでは、トゥールーズの緑地を紹介しています。

  • ガロンヌ川の波止場
  • 1 フィルトゥル公園 (La prairie des filtres) (トゥールーズ・マタビオ駅より南西に約1.5km)。 8:00~21:00。 「トゥールーズ・マタビオ駅の南にあるジャン・ジョレス通り(All. Jean Jaures フィルトゥル公園 (Q3364236) on Wikidata
  • 2 ブーラングラン広場 (Square Boulingrin) (トゥールーズ・マタビオ駅より南に約1.5km)。 「ロワイヤル庭園(Jardin Royal)・植物園(Jardin des Plantes)・グランロン(Grand Rond)の3つがあります。 ブーラングラン広場 (Q109044963) on Wikidata
  • 3 コンパン=カファルリ (Compans-Caffarelli) (メトロB線のミディ運河駅(Canal du Midi)のすぐ南西)。 「ピエール・ブディ日本庭園とコンパン=カファルリ庭園によって構成されます。 コンパン=カファルリ (Q2990308) on Wikidata
  • 4 ジャン・ジョレス通り (All. Jean Jaures)、 31000 Toulouse。 「ミディ運河と、その建設者であるポール・リケの像があります。
  • 5 ブリエンヌ運河 (Le canal de Brienne)。 「ブリエンヌ通り沿いの運河です。ドゥメール運河の結合部分に当たり、地中海と大西洋を結ぶ2つの主要な運河にとって非常に重要な場所です。長さは非常に短く、全長僅か1560mです。 ブリエンヌ運河 (Q2935989) on Wikidata
  • 6 ペチ・デビッド (Pech-David) (町の中心部から南に約3km)、 +33 5 6122 2200。 「ガロンヌ川沿いの公園。 ペチ・デビッド (Q3373898) on Wikidata
  • 7 レヌリー公園 (Le parc de la Reynerie)、 Imp. Abbe Salvat (ガリエニ=キャンセロポール駅より西に1km)、 +33 5 6227 4848。 「レヌリー城の建つ公園。植物園に次いで2番目のトゥールーズの歴史的建造物です。珍しいものでは王族時代にまでさかのぼる樹木もあり、レヌリー湖とその奥の丘にはルソーの風景が広がっています。 レヌリー広園 (Q3364155) on Wikidata
  • 8 サン=ソヴァール港 (Le port Saint Sauveur) (バスターミナルのseelからすぐ。メトロB線のPalais de Justice駅からはジュールゲード通りを北上。)。 「ミディ運河の港。 サン=ソヴァール港 (Q3058084) on Wikidata
  • 9 マウリーヌ公園 外部リンク (Les jardins du Museum, Parc de la Maourine)、 24-26 Avenue Maurice Bourges-Maunoury, 31200 Toulouse (Borderouge駅)、 +33 5 67 73 84 84火~日曜日 : 10:00~18:003? 植物園 (Q24777248) on Wikidata
  • 10 オプセルヴァトワール庭園 (Jardins de l'observatoire)、 Avenue Camille Flammarion, 31500 Toulouse (Jolimont駅)。 「展望台と、歴史を持つ数個の建物のある、小さく静かな庭園です。 オプセルヴァトワール庭園 (Q24807490) on Wikidata
周辺
  • 11 ラ・メー公園 外部リンク (Base verte de la Ramee)、 Centre Loisir La Ramee, 31170 トゥルヌフイユ +33 7 6972 461224時間開放。 「静けさに包まれる、心休まる公園です。緑と水にはさまれて、リラックスしましょう。
  • 12 フォレ・ド・ブコンヌ (Foret de Bouconne)。 「トゥールーズの西、ジェール県との県境にある森林です。 フォレ・ド・ブコンヌ (Q3078829) on Wikidata

文化施設[編集]

  • 13 ラ・カーブ・ポエジー 外部リンク (La Cave Poesie)、 71 タウール通り +33 5 61 23 62 00。 「演劇、コンサート、朗読…。立派なホールと暖かな雰囲気の中で楽しめます。8 a 12 ?
  • 14 トゥールーズ劇場 外部リンク (La Comedie de Toulouse, cafe-theatre)、 16 サン・ガルミエ通り (メトロB線Jeanne d'Arc駅・Compans Caffarelli駅)、 +33 5 34 44 16 70。 「レ・シュヴァリエ・デュ・フィール(Les Chevaliers du Fiel)というお笑いコンビによってつくられた劇場で、喜劇をすることを前提に作られています。2012年9月からディナーショーをしています。
  • 15 カフェ・テアートル 外部リンク (Cafe Theatre les 3T)、 40, rue Gabriel Peri +33 5 61 63 00 74。 「上演されるのはぱりで人気の作品で、毎月更新されます。カフェ・テアートルにより買われ、最大7人の俳優で演じる3Tによってつくられており、トゥールーズの人々に面白く上質な演技を提供しています。土曜日 : シングル25ユーロ、支払いは小切手か現金でクレジットカードは不可能です
  • 16 理想郷映画館 外部リンク (Cinema Utopia)、 24 Rue Montardy +33 5 61 21 22 11。 「Art et Essai(国の補助金を受け取ることのできる、条件を満たした映画館)に分類されている映画館で、上映室は3つあります。様々な年代に対応しており、リプライやサイクルなどもあります。フィルムはVOです。tarif normal テンプレート:Prix Utopia (Q3552766) on Wikidata
  • 17 ラ・シネマテック・ド・トゥールーズ 外部リンク (La Cinematheque de Toulouse)、 69 rue du Taur (旧大学。地下鉄A線Capitole駅、地下鉄B線Jeanne d'Arc駅)、 +33 5 62 30 30 10火~金 : 14:00~21:00、土 : 14:30~21:00、日 : 15:30~18:00
  • 18 カフェ・テアートル・デ・ミニム (Cafe-theatre des Minimes)、 6 Rue Gelibert

美術文化[編集]

トゥールーズはフランスで最もオルタナティブな都市の一つであると言われます。1939年に内戦で負けたスペイン共和国主義者がピレネー山脈を越えて流れ込み、1960年代にはアルジェリアなどから人が流入しました。その影響で、トゥールーズの人々は独特な芸術観点を持ち、それはこの街の学生・スコッター・芸術運動など幅広く受け継がれています。

  • 19 Mix'Art Myrys 外部リンク。 「市内でおそらくもっとも古く、かつ最も活発なアーティストのスクワットの一つです。
  • 20 ラ・サント・ダイナモ (La Sainte Dynamo)、 6 rue Amelie (メトロA・B線のJean Jaures駅)。 水~日 : 18:00~04:00。 「元風俗店のバー&クラブで、バンドのライブなどを見ることができます。—Ca bouge
  • レ・モチヴェ (Les Motivees)。 「政治及び社会の界隈で活発に活動している団体で、年に多くの無料イベント・ストライキ・コンサートなどを企画しています。数年前には政党を設立し、地元では活発で市役所の評議会のいくつかの席を取っています。また、トゥールーズ北部、つまり社宅の多い粗悪な生活を送っている地区に拠点を置いて祭りなどのイベントを行っているTactikollectif'というコワーキング団体も覗いてみるといいかもしれません。
  • 21 La Grainerie 外部リンクrue St Jean (市街地から東に5km、A61を超えてブラウンフィールド)。 「毎年様々なアーティストを受け入れ、サーカスに特に関心を持っています。
  • 22 L'Usine 外部リンク6 Impasse Marcel Paul, off Bvd Marcel Paul, Tournefeuille。 「アーティストや集合者に向けたもう一つの邸宅です。
  • 23 COUAC 外部リンク (文化事業団体)。 「トゥールーズ市民連合ネットワーク(Toulouse Reseau Unitaire Citoyen)が地域・社会・政治などの面で議論提起を目的にしているのに対し、この組織は地域の団体やオルタナティブな文化界の人々を擁護します。

映画観賞[編集]

トゥールーズは非常に大きな都市であるため、もちろん映画館も多くあります。

  • 24 ゴーモン・ウィルソン 外部リンク (Gaumont Wilson)、 3 Pl. du Président Thomas Wilson (Jardin Pierre Goudouliの近く)、 +33 8 92 69 66 96。 「フランス大手のゴーモンの映画館。 ゴーモン (Q913462) on Wikidata Wikipedia上のゴーモン
  • 25 Cinémathèque de Toulouse 外部リンク69 Rue du Taur +33 5 62 30 30 10

祭や行事[編集]

トゥールーズは、街のコンサートやカフェなどに出るミュージシャンをはじめとしたさまざまなジャンルの様々なアーティストが集まっています。その層は厚く、ジャズからメタルまでに及び、スラマーやブルースマン、アクロバッターやラガマフィン(Wikipedia)、レゲエ(reggae | Wikipedia)、グルーヴなど様々があります。コンサートカフェの中にはル・クリ・ド・ラ・ムエットやマンダラのような夜に音楽の神殿と化しているような場所もあります。

26 RioLoco 外部リンク +33 5 61 22 21 43
RioLocoは、6月にトゥールーズで行われる国際的な音楽フェスティバルです。La Valise Rio Locoでは文化プロジェクトを主催するトゥールーズの仕組みをサポートするためのコンテンツとなっています。また、Rio Loco Afrikaはアフリカ音楽にフォーカスを当てており、ショー・展示会・話し合などを楽しむことができます。主に若い人々へのイベントであり、国際的な人々による新興的な才能の結集となっています。詳しくはホームページを参照ください。
このお祭りは1995年にはじまり、トゥールーズの街のフェスティバルの中では見逃せないほどの規模へとなっています。国際的且つ複合的であり、学際的なプロジェクトの興るきっかけともなっています。トゥールーズの中心にある6ヘクタールの公園やガロンヌ川の畔のPrairie des Filtresがメインであり、4日間で10万人もの客を迎えました。
27 トゥールーズ・ウイスキー・フェスティバル 外部リンク (Toulouse Whisky Festival)、 3 rue Baour Lormian12:00~18:00
トゥールーズの70を超えるウィスキー生産者が集い互いの味を比べ合うお祭りです。様々なウイスキーを楽しむことができ、スナックも美味です。
Ça bouge encore
Mやマヌ・チャオ(Manu Chao | Wikipedia)、ノワール・デジール(Noir Désir | ノワール・デジール)などの方々が素晴らしい雰囲気の中でパフォーマンスを披露します。

学ぶ[編集]

トゥールーズにある大学は以下のとおりです :

  • L'Universite Toulouse I Capitole (UT1 - Toulouse-I) : 社会科学
  • トゥールーズ・ジャン・ジョレス大学フランス語 : L'Universite Toulouse Jean Jaures, l'universite Toulouse-Ⅱ-Le Mirail)(UTJJ - Toulouse-II) : 人文科学
  • L'Universite Paul Sabatier (UPS - Toulouse-III) : 理工学
  • L'Institut superieur de l'aeronautique et de l'espace(ISAE SUPAERO)(SUPAERO、ENSICA) : 工学部
  • 国立民間航空学院(Ecole Nationale de l'Aviation Civile、ENAC)
  • ENSEEIHT(Ecole nationale superieure d'electrotechnique, d'electronique, d'informatique, d'hydraulique et des telecommunications、国立高等電気電子情報水理電気通信学院)
  • Institut catholique d'arts et metiers(ICAM)
  • 国立応用科学学院(Institut national des sciences appliquees de Toulouse、INSA)
  • トゥールーズ政治学院(Institut d'Etudes Politiques de Toulouse、Sciences Po Toulouse)
  • トゥールーズ国立獣医学校(Ecole nationale veterinaire de Toulouse)

その他 :

  • Lycee Stephane-Hessel(Lycee technique Jolimont) : アートグラフィック産業専門
  • 高等科学技術学院(Institut polytechnique des sciences avancees) : 理工系エリート育成ポリテクニック

働く[編集]

旅行中の稼ぎ

トゥールーズではあまり働く場所が無いことは左記にありますが、最近では仕事についてもオンライン化が進んでおり、トゥールーズに限らずどこを旅行中であってもできるお仕事も増えています。例えば、ウェブライターならば日本のクライアントから仕事をもらうことで月10万程稼ぐことができます。旅先での情報などをもとにライティングするなどするとよりいいかもしれません。他にはプログラミングやYoutubeなどが挙げられます。こういったインターネット関連の仕事であれば日本語で仕事をすることも可能ですし、現地での仕事を探すよりも楽でしょう。ただし、あなたに合った仕事をしなければなかなか長続きしないなどしてすぐに資金は底をついてしまいます。自分に合った仕事があるかが最大の鍵となるでしょう。

トゥールーズの職業としてはもちろん航空宇宙産業が主要なわけですが、旅行者にとってこの仕事は旅の合間のお金稼ぎとしては不適切でしょう。障害はいくつかあり、それは例えば言語です。英語はもちろん地元の航空宇宙産業に関連する企業で働くならばフランス語のある程度の知識と航空宇宙産業関連の専門用語を知らなくてはいけません。航空宇宙産業においては専門的な知識を有さなければ務まらない部分が多く、日本では航空検査技術者などのいくつかの資格を用意していることからもわかる通り専門的な知識が無い旅行者には不向きです。もしあなたがこの分野について専門的な知識を有しており、この分野での仕事が可能なレベルのフランス語の知識を有しているとしても、フランスでは国内で職業資格制度の整備が進んでおり、フランス国内で資格試験を受け合格しなければなりません。また、航空宇宙産業に携わる職場では短期間の雇用はなかなか少なく、旅をする者には向いていないと思われます。もしも現地ならではの仕事があるとすれば、それは現地でのガイドが主でしょう。現地でのガイドにもそれ相当のフランス語能力が要求されますが、航空宇宙産業に比べて専門擁護が無い分良いかも知れません。ただし現地ガイドをする際にはトゥールーズの街を非常によく知らなければなりませんので、現状このガイドを見ている方には少し不向きかもしれません。総じて、トゥールーズではフランス語の豊富な知識や多くの場合では専門的な知識を要せられ、日本人が働く場所は(旅の中でのお金稼ぎなら益々)中々ありません。

買う[編集]

トゥールーズの地図

ショッピングセンター[編集]

トゥールーズ及びその郊外には幾つかの主要なショッピングエリアがあります :

トゥールーズ
  • 1 グラモンショッピングセンター 外部リンク (Centre commercial Gramont)、 2, chemin de Gabardie (メトロA線Balma-Gramont駅)。 月~土 : 8:30~21:30。 「このショッピングセンターはレストランや映画館などを含む100以上の店とオーシャン(Auchan、フランスのスーパー)の入っているトゥールーズ最大級のショッピングセンターです。
  • 2 プルパンショッピングセンター 外部リンク (Centre commercial Purpan)、 36, route de Bayonne (T1線のプルパン駅)。 du lundi au samedi de テンプレート:Horaire.。 「トゥールーズ西部に位置するこのショッピングセンターはレストランやカルフール(Carrefour)等が入っておりその数は40以上になります。
郊外
  • 3 フヌイエショッピングエリア 外部リンク (Espace commercial Fenouillet)。 月~土 : 9:30~20:00。 「1978年オープンのフヌイエギャラリーでは100以上のショップ・サービスがそろえられており、買い物を楽しむことができます。
  • 4 ラベージュ第二ショッピングセンター 外部リンク (Centre Commercial Labège 2)、 700, La Pyrénéenne - Labège月~土 : 9:30~8:30。 「トゥールーズの南、Innopole de Labègeに位置するこのショッピングセンターはフナック(FNAC)やカルフール(Carrefour)等が入っており、合計120を超える店舗を有します。
  • 5 ポルテショッピングセンター 外部リンク (Centre commercial Grand Portet)、 110, boulevard de l'Europe - Portet-sur-Garonne月~土 : 9:30~20:00。 「1972年オープンのこのショッピングセンターはレストランや映画館を入れた110越えの店があり、トゥールーズの人々にとって主要なショッピングセンターの一つとなっています。 (Q3113711) on Wikidata

お土産[編集]

トゥールーズは航空宇宙の街ですので、エアバス社やシテ・ド・レスパス(Cité de l'Espace)についてはお土産も要チェックです。

サン=セルナン大聖堂のすぐそばでは毎週土曜日にフリーマーケットが開かれます。それほど特別なものではないにしろ、地元の人たちとの交流には非常に良いです。また、毎月第一週目の週末にグランロン(Grand Rond)のフランソワ・ベルディエ通りでフリーマーケットが開催されます。

サン・トーバン市場は毎週日曜日の朝に開かれる市場で、地元の野菜や果物が並べられています。リラックスした雰囲気の市で、ライブやダンスなどが披露されることがあります。平日の朝にはストラスブール通り(Strasbourg)で手頃な青果物が売られています。

レオン・ガンベッタ通り(Rue Léon Gambetta)や歴史的繊維工業地区であるブルス広場(Place de la Bourse)の周辺には古着屋や「フリプリー」(Friperie)があります。

予算に余裕があるのであれば、「Lidl」や「Leader Price」というトゥールーズの学生が多く利用するスーパーマーケットも訪れてみるといいかもしれません。これらは街の端にあり、一部は地下鉄の駅を使って行くことができます。中心部であれば「Champion」や「Géant Casino」がおすすめです。

食べる[編集]

トゥールーズの地図

トゥールーズはフランス南西部の食文化の中心地とも言え、美食でも知られています。フォアグラ、マグレ・ド・カナル(Magret de canard、鴨の胸肉)、カスレ(鴨肉・ソーセージをはじめとした肉類とインゲン豆などの豆類を長時間に込んだ料理 | Wikipedia)などなど。そして何よりもトゥールーズソーセージ。見た目は似通っている部分もありますが、胡椒が効いていてピンクの果肉は薪で焼くことでそのうま味を最大限に引き出します。カスレの由来は百年戦争でオクシタニー地方の村人が村に残っている豆類と肉類を煮込んで兵士に提供したことに由来すると言われ、カステルノーダリでは百年戦争時にイギリス軍に包囲されるも倉庫のインゲン豆と塩漬け肉やソーセージを煮込み、兵士に与えたことでこれを撃退したと言われています。トゥールーズやカルカソンヌ(Carcassonne)も起源を主張しており、カステルノーダリ派(Castelnaudary)とトゥールーズ派(Toulouse)で論争が絶えません。

国内南西部の中心都市ともいえるトゥールーズは、ガスコーニュ地方(フランス語 : Gascogneガスコーニュ語 : Gasconha)に近く戦略的に要所となる地にあります。そのため、市内のレストランでは鴨肉(特に脂の多いもの)を使った料理が多く提供されます。もっとも有名なものとしてはトゥールーズソーセージと白インゲンのカスレす。カシュー・ラジョニー(Cachou Lajaunie)も注目の一品です。

キャピトル広場(La place du Capitole)とエスキロール広場(La Place Esquirol)の間や、ヴィクトル・ユーゴー市場の近くのウィルソン広場(La Place Wilson)の裏側、ドラード(La Daurade)とサン=ピエール広場(La place Saint Pierre)の間(特にブランシェ通り La rue des Blanchers は必ず!)などに多くのレストランがあります。昼はヴィクトル・ユーゴー広場のレストランで食事をするのもおすすめです : IM-BAT-TABLEの値段と料理の質とのコストの良さ。

Violetsは屡々お菓子の材料として使われ、トゥールーズ周辺の観光客向けショップではよく売っています。

お手頃[編集]

  • ル・デリカテッセン (Le Délicatessen)、 11 Rue Riquet (メトロB線のFrançois Verdier駅より、ラザール・カルノ通り)、 +33 5 61 62 49 00平日 : 17:00~02:00、土日 : 18:00~02:00。 「食事・生ビール・ハッピーアワーの提供されるフレンドリーな雰囲気のタパスバー。タパス(スペイン語 : Tapa)は美味しくて安く、更にボリュームを兼ね備えています。人気なので、夕方の少し早めに行くことをお勧めします。
  • ヴィクトル・ユーゴー市場2階 外部リンク (Les Halles Victor Hugo、Victor Hugo marché couvert / カバードマーケット)、 Place Victor Hugo火~土曜日 : ランチタイム。 「1階は大きなフードマーケットになっており、13:00に閉まります(詳細)。2階は5つのレストランで構成されています : Au Bon Graillou、Chez Attila、L'Imperiale、Le Louchebem、Le Magret; 予約をすることはできませんが市場の客が寄ったりするなど人気なので、待ち時間が長くなる可能性があります。
  • 1 les 4 z'arts 外部リンクplace de la daurade +33 5 61 23 91 77日曜日 : 7:45~22:00。水~土曜日 : 12:00~14:00、19:30~23:00。 「人気のお店で、予約をしておくといいでしょう。車いすにも対応しており、クレジットカードも可能です。13~22ユーロ
  • 2 シン屋 ラーメン 外部リンク (SHIN-YA RAMEN)、 62 Rue Lancefoc, 31000 Toulouse +33 5 34 33 50 5711:45~14:00、金土曜日は18:45~21:00も。日月定休。。 「決して不味くない日本料理です。ただしフランスで日本料理を食べることへの抵抗があるやもしれません。4~10ユーロ
  • 3 ウン・タブラ・ドゥー 外部リンク (Une Table à Deux)、 10 Rue De La Pleau (メトロB線のCarmes駅)、 +33 5 61 25 03 51月~金曜日 : 12:00~13:00、水曜日以外 : 19:30~21:30。土日定休。 「お問い合わせフォーム1人19、23ユーロ
  • 4 Restaurant l'Emulsion 外部リンク21 Rue Perchepinte +33 56153111512:00~13:30、19:30~21:30。火曜定休。 「アーチ形の地下室のレンガにあるレストランで、現代的な雰囲気の内装です。値段も控えめで、十分なフランス料理が楽しめます。17.5、21ユーロ。季節限定メニューなど、特別なメニューは高価です。

中級店[編集]

  • 5 ル・ジェンシー・マグレ 外部リンク (Genty Magre)、 3 rue Gentymagre (メス通りを北に1ブロック)、 +33 5 61 21 38 60火~土曜日 : ランチとディナー。 「少しいいレストランで、セットメニューは40ユーロ、3種類のワインの試飲は15ユーロです。~40ユーロ
  • 6 オ・ガスコン 外部リンク (AU GASCON)、 9 rue des Jacobins +33 5 61 21 67 1611:30~14:00、19:00~22:00。日曜定休。 「メニュー(フランス語))。特にカスレがおいしいです。~40ユーロ
  • 7 CATXO 外部リンク6 rue caminade (Carmes駅、Palais de Justice駅)、 +33 5 61 32 17 8912:00~14:00、19:30~22:00。月火定休、日曜日は昼のみ。 「クレジットカード可能、食券制のレストランです。お問い合わせフォーム23~42ユーロ
  • 8 HITO 外部リンクRue de la Fonderie (バスの「Brunière」からすぐ)、 +33 5 61 22 42 9212:00~14:00、20:00~22:00。土日定休
  • 9 Barbaque 外部リンク1 Rue Perchepinte (メトロB線のCarmes駅)、 +33 5 32 60 81 6312:00~13:30、19:30~22:00。日曜定休。 「クレジットカード対応。Wi-Fiやエアコンも完備されている、伝統的なレストランです。お問い合わせフォームメニュー
  • 10 Le Wallace 外部リンク15 Place Saint-Georges +33 5 61 21 07 188:30~2:00。 「昼はランチメニューを楽しむことができ、夜はタパスを楽しめます。メニュー

高級店[編集]

  • 11 オー・ポワ・グルマン 外部リンク (Au Pois Gourmand)、 3, rue Emile Heybrard (バスの「Ducis」或いは「Biarritz」から徒歩5分。T1のCartoucherie駅から徒歩10分)、 +33 5 34 36 42 00昼食(12:00~13:30)は月~金曜日、夕食(19:30~21:30)は土曜日も。日曜定休。 「注文する
  • 12 l'Hédone 外部リンク2 impasse Saint-Félix (バスの「Lanfant」(ID : 4130)、「Périssé」(ID : 5370))、 +33 5 82 74 60 55火~木曜日昼 : 68ユーロ、夜 : 110ユーロ
  • Les Jardins de l'Opéra 外部リンク1 Pl. du Capitole +33 561230776水~金曜日 : 12:00~14:30、20:00~23:00。 「グランメゾンです。
  • 13 レ・プティ・ファヨ 外部リンク (Les P'tits Fayots)、 8 rue de l'Esquile +33 5 61 23 20 71土日休日。 「ワインボトルの並んだ地下で味わう料理はとても美味しいです。メニュー

飲む[編集]

トゥールーズの地図

サン=ピエール広場は学生やスポーツファン達が集う場所で、夜に活発になります。彼らは地元の自治会から目を付けられており、定期的に警察がやってきます。スタジアムの様な雰囲気の中で飲むのが苦手ならば、トゥールーズの中心部にもっと素敵な場所があります。昼でも夜でも、ガロンヌ川の河畔を散策してください。即席パーティーが行われている場所もあるかもしれません。

ビールと言えばフランス北部が主流ですが、トゥールーズは南部でも美味しいビールを作ることができるという証明になっています。是非ともBierataiseを味わってください。オート=ガロンヌ県にある小さな村・ベラ(Bérat)で作られた質の良いクラフトビールを楽しめるでしょう。ブロンド・ブラウン・ホワイトのビールもありますが、スーパーでは売っていません。トゥールーズの主要ないくつかのバーでは買うことができ、コマンジュの多くのバーやミュレリュムの近くの小さな村落、ベラの醸造所などで買うことができます。トゥールーズにもクラフトビールメーカーは進出しており、オカンヴィルのバー「La Fille du Brasseur」へ行けばその生産の様子を眺めることができます。トロサ制作における秘訣を理解して、南欧のオリジナルの雰囲気の中で味わいましょう。

また、トゥールーズではトゥールーズ・ウイスキー・フェスティバルなるお祭りもやっています。詳細はする節をご覧ください。

小規模で素敵なバー
  • 1 Txusrue Saint Charles (Arnaud Bernard近辺)。 「小さな常連客用のバーで、ビールを中心として蒸留酒のそろえが良いです。ハッピーアワーは19:30まで。
  • 2 Père Peinard1 rue des Chalets (Jeanne d'ArcとArnaud Bernardの間)、 +33 5 61 63 81 82。 「2009年からビールの品ぞろえが増えてきており、チーズとシャルキュトリーの盛り合わせが出ます。
  • 3 Petit London7 bis r Pierre Paul Riquet (St Aubinへ)。
  • 4 Delicatessen11 bis r Pierre Paul Riquet (St Aubinへ)。
  • 5 Loupiotte39 rue Réclusane (dans le quartier St Cyprien)。
  • 6 L'Impro7 Rue Gambetta (キャピトル付近)、 +33 5 61 21 78 94。 「同じ通りにある書店のTerres de Légendesとのコラボによるオリジナルのコミックの展示が定期的に行われています。
  • 7 Le Loup Blanc 外部リンク16 rue Nicolas Bachelier (メトロのJean Jaurès駅付近)。 「ノンアルコールドリンクまで取り揃えられたカクテルバーです。
ビール
  • 8 Tireuse24 rue Pargaminières
  • 9 Ancienne Belgiqueトリニテ通り16 (Esquirol駅の近く)。
  • 10 Le Père Peinard1 Rue des Chalets (バス「Concorde」付近)、 +33 5 61 63 81 82
パブ

トゥールーズの多くのパブでは、英語やフランス語を使ってクイズを楽しむことができます。

  • 11 Dubliners46 Avenue Marcel Langer (M° St Michel)。 「毎月第一月曜日にクイズが実施されます。
  • 12 Frog & Rosbif14 r Industrie (M° Jean Jaurès)。 「日曜日の夕方にクイズが実施されます。
  • 13 George & Dragon1 pl. du Peyrou (St Serninの近く)、 +33 5 61 23 16 22。 「水曜日にクイズが実施されます。
  • 14 London Town14 r Prêtres (M° Carmes)。 「毎月第一火曜日にクイズが実施されます。
  • 15 Melting Pot26 bd Strasbourg (M° Jean Jaurès)。
  • 16 The Hopscotch Pub & Brewery 外部リンク3 rue Baour Lormian +33 951623643月曜日 : 16:00~0:00、火~金曜日 : 16:00~02:00、土曜日 : 16:00~3:00、日曜日 : 16:00~03:00。 「ウイスキーの豊富な品ぞろえと心地よい雰囲気で人気のパブ。
  • 17 The Classroom Toulouse 外部リンク42 Rue Pargaminières +33 5 62 30 05 13火・水曜日 : 18:00~1:00、木・金曜日 : 18:00~2:00、土曜日 : 0:00~3:00、日曜日 : 0:00~1:00。月曜定休。 「居心地の良いパブです。
  • 18 Seven Sisters26 Rue Raymond IV (メトロB線のJeanne d'Arc駅からレモン・IV通りを徒歩1、2分)、 +33 9 61 65 19 38月~金曜日 : 16:00~2:00、土曜日 : 16:00~3:00、日曜日 : 16:00~1:00。。 「ハッピーアワーは20:00まで。メニュー
  • 19 The Black Lion 外部リンク4 All. Paul Feuga (メトロB線のPalais de Justice、T1線・T2線のCourthouse駅からすぐ)、 +33 5 61 53 04 69月~金曜日 : 8:00~2:00、土曜日 : 16:00~3:00、日曜日 : 15:00~2:00。 「フレンドリーで、良い雰囲気のバー。交通の便も非常に良いです。メニュー
ダンス
  • アルゼンチン・タンゴ
カルロス・ガルデル(Wikipedia)の出身地でもあるトゥールーズは、アルゼンチン・タンゴ(Wikipedia)との強い結びつきがあります。パリに次ぐフランス国内でも主要な活発都市であり、毎晩アルゼンチン・タンゴを踊る可能性があります。フランスでは唯一、単語とラテンアメリカの文化に特化しているTangueando : La Maison du Tangoもよく見てください。
  • サルサ
サルサ(Wikipedia)は、ラ・ホール・オー・グラン(la Halle aux Grains)からほど近いミディ運河の畔のPuerto Habanaで毎晩無料で踊ることができます。サルサを楽しむならばここに来るのが良いでしょう。
スポーツ
エルネスト=ワロンスタジアムにおけるスタッド・トゥールーザンの試合

フランス選手権では20回、ヨーロッパカップでは4回の優勝実績があるスタッド・トゥールーザンはヨーロッパの主要ラグビークラブの一つで、街のシンボルの一つです。試合は毎週末にエルネスト=ワロンスタジアム(メトロA線のBarrière de Paris駅から無料シャトルバス、B線のEmpalot駅やSaint-Michel駅から徒歩10分)で実施されます。また、多くのバーで試合を観戦することができます。

泊まる[編集]

トゥールーズの地図

ホステル[編集]

  • 1 Auberge In Toulouse1 impasse du professeur Nougayrol (Metro to Mirail)、 +33 561 266 625。 「郊外にある小さなホステルで、若いカップルが経営しています。清潔さと本物の毛布のベッドが印象的で、非常に快適です。
  • 2 La Petite Auberge de Saint Sernin 外部リンク17 rue d'Embarthe +33 7-60-88-17-17。 「町の面白いところにあるホステルです。共有スペースは少ないですが、各部屋にはオープンキッチンとラウンジが整備されています。22ユーロ

安宿[編集]

  • 3 Auberge InToulouse1,impasse du professeur Nougayrol 31100 Toulouse +33 561166625, +33 615621299Check-in: 14:00から利用可能, check-out: 正午まで17ユーロ

中級宿[編集]

  • 4 Clocher de Rodez 外部リンク +33 5 61 62 42 92。 「トゥールーズ中心部の18世紀に建てられた建物。ラヴィルローズの歴史あるホテル。
  • 5 Au petit cèdre 外部リンク。 「トゥールーズ近郊にあるホテル。1・2人で1泊70ユーロ
  • 6 Résidence les Princes 外部リンク。 「ミディ運河と市街地に近く、豪華な家具を備えたトゥールーザンのレジデンスです。
  • 7 Hôtel Royal Wilson 外部リンク6 rue labeda, 31000 Toulouse。 「無料Wi-Fiあり。27個の静かな客室と個性的な装飾。専用のガレージや自転車置き場まであります。客室 : 59ユーロ~
  • 8 Hôtel La Caravelle 外部リンク62, rue Raymond IV (ミディ運河、SNCF駅、メトロのジャンヌ・ダルク駅(Jeanne d'Arc)に近い、素晴らしい立地)、 +33 5 61 62 70 65fax: +33 5 61 99 08 67Check-in: 24時間対応, check-out: 24時間対応。 「トゥールーズにおけるホテル業界で、宝石の1つと言われ、ラヴィルローズの中心で快適な日々を過ごすことができるでしょう。

高級宿[編集]

  • 9 Grand Hôtel de l'Opéra 外部リンクPlace du Capitole。 「4つ星ホテル
  • 10 Hôtel Le Grand Balcon 外部リンク8 & 10 rue Romiguières +33 5 34 25 44 09fax: +33 5 61 23 50 33。 「4つ星ホテル。1930年代の伝説的なホテルで、キャピトル広場の中心にあり、サン=テグジュペリやジャン・メルモーズなどの航空界のスターも滞在しました。

安全を確保する[編集]

特記すべき大きな治安の悪さはありませんが、アルノー・ベルナール地区(le quartier Arnaud Bernard)やレヌリー地区は日没後には注意が必要です(ベルフォンテーニュ Bellefontaine やル・ミレイユ Le Mirail 、レ・ズィザール Les Izards 、トゥロワ・コキュ Trois Cocus は特に避けるべきでしょう)。そのため、郊外に近く照明のない暗い場所は絶対に避けてください。

トゥールーズには12万人の学生がおり、その強い仲間意識から市内の中心部のバーはフランスでは珍しく朝5時までの門限なしでしたが、市内での飲酒問題や激化する争いを受けて2011年9月に市長と自治体の条例によって遅くても2時には店を閉めることが決定しました。

健康を維持する[編集]

トゥールーズの地図

病院は中央部・西部・左岸に多く、その多くはガロンヌ川沿いにあります。トゥールーズは学生の街ですので大学病院も比較的多いです。


  • 2 ジョゼフ・デュキャン病院 外部リンク (Hôpital Joseph Ducuing)、 15 Rue Varsovie +33 561773400。 「総合病院
  • 3 ガロンヌ病院 外部リンク (Hôpital Garonne)、 224 Av. de Casselardit +33 561772233。 「総合病院
  • 4 ラ・グラーヴ病院 外部リンク (Hôpital La Grave)、 Pl. Bernard Lange +33 561772233。 「大学病院、ユニヴェルシテール・ド・トゥールーズ総合病院内
  • 5 ポール・ド・ヴィギエ病院 外部リンク (Hôpital Paule de Viguier)、 330 Av. de Grande Bretagne +33 561772233
  • 6 ランゲイユ病院 外部リンク (Hôpital Rangueil)、 +33 561772233

繋がる[編集]

トゥールーズには、多くの博物館やカフェ、その他の建物にWi-Fiが用意されています。Wi-Fiのある場所の一覧は、トゥールーズ公式サイト(フランス語)でみることができます。

Wi-Fiのある場所(2022年1月時点)
  • 1 RPT MADAME DE MONDONVILLE
  • 2 Boulevard André Netwiller
  • 3 Carré de la Maourine
  • 4 place micoulaud
  • 5 5 rue Francis Lopez
  • 6 Avenue Maurice Bourges-Maunoury
  • 7 10 Avenue des Mazades
  • 8 place marché aux cochons
  • 9 11 alée du Vivarais
  • 10 8 bis avenue du parc
  • 11 Esplanade Compans Cafarelli
  • 12 Rue du canon d'Arcole
  • 13 place arnaud Bernard
  • 14 63 Chemin HEREDIA
  • 15 6 Rue René Leduc
  • 16 1 ALL JACQUES CHABAN DELMAS
  • 17 17 rue Bellegarde
  • 18 17 place Jeanne D'Arc
  • 19 Parvis St Jean Paul II
  • 20 71 rue du Taur
  • 21 18 rue du Périgord
  • 22 56 RUE D ALSACE LORRAINE
  • 23 Place Anatole France
  • 24 17 rue de Rémusat
  • 25 42 RUE D ALSACE LORRAINE
  • 26 Allée du Pdt F, Roosevelt
  • 27 PL SAINT PIERRE
  • 28 PL SAINT PIERRE
  • 29 PL SAINT PIERRE
  • 30 18 pl des JACOBINS
  • 31 PL DU CAPITOLE
  • 32 place du Capitole
  • 33 PL DU CAPITOLE
  • 34 SQ GENERAL DE GAULLE
  • 35 5 Rue Paul Meriel
  • 36 8 rue du lieuteunant colonel Pelissier
  • 37 38, rue d'Aubuisson
  • 38 1 bis boulevard J, Michelet
  • 39 20 RUE D ALSACE LORRAINE
  • 40 4 RUE D ALSACE LORRAINE
  • 41 21 rue de Metz
  • 42 30 RUE DE METZ
  • 43 1 place Esquirol
  • 44 1 rue Delpech
  • 45 place Dupuy
  • 46 Promenade Henri Martin
  • 47 PL DE LA DAURADE
  • 48 Promenade Henri Martin
  • 49 6 rue St Jean
  • 50 1 rue Théodore Ozenne
  • 51 13 rue de la Pleau
  • 52 Allees Jules Guesde
  • 53 allée Paul Feuga
  • 54 Allees Jules Guesde
  • 55 35 allées Jules Guesdes
  • 56 39 allées Jules Guesdes
  • 57 Allees Jules Guesde
  • 58 7 port St Sauveur
  • 59 place Pinel
  • 60 76 allées Charles de Fitte
  • 61 allées Charles de Fitte
  • 62 63 rue Réclusane
  • 63 Allée Charles de fitte
  • 64 place Diebold
  • 65 PL INTERIEURE SAINT CYPRIEN
  • 66 5 rue des Feuillants
  • 67 cours dillon
  • 68 cours dillon
  • 69 cours dillon
  • 70 153 Avenue de Lardenne
  • 71 2 place sauvegrain
  • 72 rue Yves Rouquette
  • 73 place des Pradettes
  • 74 2 Passage Julien FORGUES
  • 75 Place André ABBAL
  • 76 37 av Reynerie
  • 77 1 Place des GLIERES
  • 78 37 rue du Lot
  • 79 125 avenue de Muret
  • 80 1 allée Gabriel Biénès
  • 81 7 allées G. Biénès
  • 82 19 rue de Cannes
  • 83 40 Avenue Jean Moulin
  • 84 Place d'EMPALOT
  • 85 81 rue St Roch
  • 86 6 Avenue des Ecoles Jules JULIEN
  • 87 63 bis avenue de Saint Exupery
  • 88 15 Impasse Franz SCHRADER

出かける[編集]

トゥールーズの地図

容易な日帰り旅行ならばアルビがおすすめです。トゥールーズ=ロートレック(Wikipedia)が幼少期に過ごした郷家であり、彼の先祖代々の家は現在は彼の作品の展示をするギャラリーと化しています。

カルカソンヌは日帰りで行けるものの、ディズニーの城が直接インスピレーションを得たと言われているその幻想的な都市城塞を拝みたいのならば、是非とも泊まり込みでの観光がおすすめです。

カルカソンヌ川を苦だって行くとモントーバンモアサックアジャンなどを通ってボルドーへと行きつきます。モントーバンで来たに行った場合、ロット川沿いに絵の様な美しい街・ピュイ=レヴックにたどり着きます。

トゥールーズからピレネー山脈を超えてバルセロナへ向かう、自然豊かな鉄道の路線があります。トゥールーズ駅からル・ヴェルネを経由してフォア(75分)に行き、運転間隔は数時間おきです。さらに75分かけると、アンドラの最寄り駅であるスペイン国境のラトゥール=ドゥ=カロルアンヴァイツグにつき、いくつかの鉄道を利用することができます。ラトゥールはスペインの2つの地域に挟まれていますが国としてはフランスに位置しており、すぐ北にスペインの飛び地であるリビアがあり、少々奇妙な場所です。そしてこの駅には3つの別なる鉄道が走っています。SNCFの標準的なフランス国鉄、スペイン政府が100%の出資をしているRenfe、そしてメーターゲージであるリトル・イエロー・トレイン(Little Yellow Train)です。スペインの鉄道は、南方向に進むとバルセロナのサンツまで1日5本の頻度で運行しており、約3時間かかります(通勤列車に分類される鉄道であるため、本線の時刻表には掲載されていません。セルカニアス(Renfe Cercanias)でバルセロナを検索してからスペイン語名の La Tour de Querol を使ってください)。リトル・イエロー・トレインは、山を越えたあとにヴィルフランシュ=ド=コンフラン(Villefranche-de-Conflent)まで登る、観光用列車です(3時間を要し、その後にペルピニャンまで乗り継ぎが可能)。年中毎日2本運行しています。オンラインで時刻表を検索することは難しいので、サルダーニャ地方のウェブサイトを確認してください。

  • 1 モアサック 外部リンク (Moissac) (ボルドーから高速道路(9番出口 モアサック)。トゥールーズから北西に65km。)。 「世界最古の無傷の回廊は、世界遺産にも登録されています。 モワサック (Q383089) on Wikidata Wikipedia上のモアサック
  • 2 ミュレ 外部リンク (Muret) (南西へ25km。環状道路に乗ってフォアタルブ方面。)。 「9月にはLes Occitanesという郷土的なお祭りが開かれ、地元の職人たちが集まり、特にレトロな雰囲気の屋外劇場においては当時の衣装や楽器、言語を使用した劇が披露されます。毎年5月末から6月の初めにかけて、土曜日に町の飛行場を生かしてAirexpoと言われる航空ショーが実施されます。このイベントは全てトゥールーズの学生によって執り行われているため注目です。 ミュレ (Q207593) on Wikidata Wikipedia上のミュレ
  • 3 ピレネー山脈 (Pyrénées) (南方向へ約100km)。 「この山脈では、冬にスキー場が整備されます。一番近いのはGuzet neigeです。有名なものとしてはPeyragudesやSuper Bagnères、Font Romeuなどが挙げられます。
  • 4 ラモンビル=サン=タニュ 外部リンク (Ramonville-Saint-Agne) (南東方向。メトロB線でのアクセスが最も便利です。)。 ラモンビル=サン=タニュ (Q1440905) on Wikidata Wikipedia上のラモンビル=サン=タニュ
  • コロミエ 外部リンク (Colomiers) (リネオ2(L2)というバスが最も便利)。 Wikipedia上のコロミエ