地図情報源
49.92062.7030フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
オー=ド=フランス地域圏

オー=ド=フランス地方フランス語 : Hauts-de-Franceイタリア語 : Alta Francia | 正式名称 : オー=ド=フランス地域圏)は、フランスの地方で、国内で最も北にあります。首都・パリの北に位置し、英仏海峡に面している(=イギリスに面している)地方です。また、ベルギーとの国境にも接しており、第一次世界大戦の塹壕戦の際に重要な役割を果たしました。その中でも特に著名なのはソンムの戦いでしょう。この戦いは4か月半にわたり、100万人以上の死者が出ました。当然ながら、当地方には戦場跡や墓地・記念碑などが多くあります。他にも、あまり知られていないゴシック様式の協会や産業の名残など、多くの観光地があります。

オー=ド=フランス地方の地図

[編集]

  ノール県 (リール)
地方の中では最も人口の多い県であり、オー=ド=フランス地方の中心ともいえる場所です。
  パ=ド=カレー県 (アラス)
パ=ド=カレー(カレー海峡
  ソンム県 (アミアン)
ソンムの戦いの跡がある県です。
  エーヌ県 (ラン)
エーヌ川から名付けられたのこの県には、ベルギーとの国境が面しています。
  オワーズ県 (ボーヴェ)
パリから北方向に30kmの場所に位置するこの県は、オワーズ川が名づけの元になっています。

都市[編集]

  • 1 Flag of Lille.svgリールwikidata – 地方の中心都市・首府で、活気に満ちている街には人があふれている、大規模な旧工業都市です。
  • 2 アブヴィルwikidata – 庭園や公園の綺麗な大聖堂の都市。
  • 3 アミアンwikidata世界遺産に登録されている大聖堂や、絵の様な運河、ジュール・ヴェルヌエマニュエル・マクロンの出身地でもあります。
  • 4 アラスwikidata – 西部戦線の拠点や、フランドル建築などで有名です。
  • 5 ボーヴェwikidata – ゴシック様式の大聖堂、国際空港 etc...
  • 6 Drapeau ville fr Boulogne-sur-Mer.svgブローニュ=シュル=メールwikidata – 美しい海岸とナウシカの水族館。
  • 7 Flag of Calais.svgカレーwikidata – イギリスからのフランスへの玄関口であり、英仏海峡トンネルと港のある街。
  • 8 ランwikidata – ゴシック様式の大聖堂で著名です。
  • 9 アルベールwikidata – 1916年、この地はソンヌの戦いの中心地でした。そのため、塹壕博物館とThiepval記念碑が設けられました。
  • 10 バヴェwikidata – ガロ・ローマ時代の遺跡がある町
  • 11 ベル=エグリーズwikidata – この街で最も見どころなのは協会でしょう。観客はお有料でシャトーに泊まることができます。
  • 12 シャンティイwikidata – クリーム・シャンティやシャトー、馬で知られています。
  • 13 Blason Vide Moderne 3D.svgドゥエーwikidata – 鐘楼を中心として広がる、フラマン地方の都市。
  • 14 Flag of Dunkirk.svgダンケルクwikidata (Dunkerque) – 1940年の英仏軍の避難場所としても知られるこの都市は、美術館やフランドル楽派で知られています。
  • 15 ル・トゥケ・パリ・プラージュwikidata – ベル・エポック時代の魅力がある海辺のリゾート地です。
  • 16 ランスwikidata – 旧工業都市であるこの街は、ルーブル美術館の北館や世界遺産の鉱山など、多くの魅力を持っています。
  • 17 モントルイユwikidata – ヴィクトル・ユーゴーが「レ・ミゼラブル」を執筆するきっかけとなった城壁の街。
  • 18 Neufchâtel-Hardelotwikidata – ウィンドサーフィン、ランドセーリング、競馬が楽しめるビーチリゾート。

知る[編集]

この地方は、第二次世界大戦で破壊された部分も多くあるものの、重工業地域が多くあり、またフランス国内では寒冷な方であり、観光地は少ないです。しかし、田園風景は美しく、美術館や郷土料理やビール、さらに多くの歴史建造物があります。特に、近代の戦争が好きな人には、非常に楽しめると思います。人混みが少ないので、ゆったりと観光することができます。

歴史[編集]

フランスの北部でパリと英仏海峡の間に位置しているこの地方は、歴史を鑑みると多くの戦乱に巻き込まれてきました。2つの世界大戦はもちろん、それ以前にも多くの戦闘がこの地でありました。第一次世界大戦においては連合国軍がドイツ帝国軍と戦ったソンムの戦いの戦場であり、第二次世界大戦においてはコンピエーニュにある強制送還所が有名です。

現在のオー=ド=フランス地域圏は2016年元日にかつてのノール=パ・ド・カレー地域圏とピカルディ地域圏が統合されて成立しました(当時の名前はノール=パ・ド・カレー=ピカルディ、フランス語 : Nord-Pas-de-Calais-Picardie)。ピカルディ地域圏は中世からの歴史を持つ県であり、この名前が地図から姿を消したことで「Touche pas à ma Picardie!」(我らがピカルディに手を出すな!)というスローガンが一時期流行りました。「オー=ド=フランス」という名前は、直訳すると「フランスの高台」という意味ですが、これは物理的な高さに起因するものではなく、地図上での北側(=上=高)に位置することからきています。物理的な高低で言えば、この地方は他の地方と比べて低地にあり、皮肉に気付かなかったフランスのマスコミは徹底的にネーミングを叩きました。

地理[編集]

当地はイル=ド=フランス地方ベルギーを結ぶ重要な交通網であり、英仏海峡トンネルによってイギリスとも接続しています。面積的にみるとベルギーの国土よりも若干大きく、ノルマンディー地方グラン=テスト地方と接しています。

話す[編集]

通常はフランス語が話せれば済むことは他の地方と同様です。方言(フランスでは「パトワ」フランス語 : patoisと言います)は南部と西部のPicard(ピカルディ語)と、北部と東部のCh'tiが著名です。Ch'tiは、『Ch’tisの地へようこそ』(フランス語 : Bienvenue chez les Ch’tis)という映画が有名になったことで著名ですが、この映画を知らない人のために映画の説明をすると、ノール県の言語と文化をコミカルに描いた映画です。ベルギーとの国境沿いにはオランダ語を母国語とする人々がいますが、彼らは西フラマン語を話します。

フランス語が分からなくても、英語が旅行が可能なレベルにわかるのであればそれで十分です。現地の人々はほとんどが英語の知識を持っており、コミュニケーションが取りづらい場合には彼らはあなたがフランス語を話せないことに腹を立てるよりも自分が英語を話せないことに腹を立てます。特に観光業に携わっている人たちは英語ができないと仕事ができないところも多いので英語で十分です。お店では、フランス語や英語の他にドイツ語オランダ語のメニューを提供するなど、ヨーロッパの言語にはかなり対応しています。イギリスに海を隔てて面しているという理由もあるのか、英語が話せる人は多いです。

着く[編集]

ソンムの戦いにおける行方不明者のための記念碑

鉄道で[編集]

  • 1 Gare de l'Europe外部リンク (1hr 20 min from St Pancras)。 リール・ユーロップ駅 (Q801099) on Wikidata Wikipedia上のリール・ユーロップ駅
  • 2 Fréthun (1hr 2 min)。 カレー・フレタン駅 (Q800609) on Wikidata Wikipedia上のカレー・フレタン駅
  • 3 Gare TGV Haute-Picardie (mockingly called "Gare de Betteraves" or "beetroot station", highlighting its isolated location) (between the towns of Saint Quentin and Amiens, a 30-min bus connection)。 TGVオート・ピカルディ駅 (Q801502) on Wikidata Wikipedia上のTGVオート・ピカルディ駅

On the Paris-Brussels-London high-speed rail corridor, the region is highly accessible by train. From London, Ebbsfleet and Ashford, most Brussels-bound Eurostar trains stop at Lille and some also stop at Calais. The journey to Lille from Brussels on a Thalys train takes 30 min, while travellers coming from Paris might consider taking the TGV from Gare du Nord, stopping at , Arras and Lille (Gare de Flandres), or the slower Intercités service (also from Gare du Nord) which is more useful for the western and coastal parts of the region.

車で[編集]

Driving from Paris is really easy; take the A1 and your wallet, and expect to fork out at least €25 for the toll. Motorists from Belgium have it slightly harder. While both countries are in Schengen and should in theory have open borders, the migrant crisis and terror attacks have made police checks on the major roads between Belgium and France more frequent, causing delays. To avoid these, stick to the back routes. Drivers from Britain can load their cars onto a Eurotunnel train in Folkestone, and drive off in Calais 35 minutes later. Alternatively, there are ferry crossings (see below). The A26 is the famous Autoroute des Anglais, which conveys traffic from the ferries and tunnel south into France and the rest of Europe.

地域のオートルートシステムの詳細は移動するを参照。

船で[編集]

カレーとイギリスのドーバーは、P&O FerriesDFDS Seawaysの運航するフェリーで結ばれています。DFDSの船にはドーバーとダンケルクを結ぶものもあります。移動時間は約1時間30分と比較的ゆっくりで、イギリス・フランス・ベルギーの3国の景観を楽しめます。

飛行機で[編集]

グラン=プラス、アラス

この地域には小さな空港が2つありますが、双方ともに国内線が主要で、国外線は日本は愚かヨーロッパからのものも少ないです :

  • 4 ボーヴェ・ティレ空港外部リンク (BVAIATA)。 「マンチェスターダブリンなどの主要都市からライアンエアーの飛行機が就航しています(かなり陰湿な販売です)。 パリ・ボーヴェ空港 (Q611983) on Wikidata Wikipedia上のパリ・ボーヴェ・ティレ空港
  • 5 Lille Lesquin外部リンク (LILIATA)。 「Mainly receives domestic and continental flights, but nothing from the UK or Ireland. Bizarrely, Ryanair flies to Marseilles from here, going directly head-to-head against high-speed rail. リール空港 (Q1431888) on Wikidata Wikipedia上のリール空港


Failing this, Paris Charles de Gaulle and Brussels are much larger international airports receiving flights from all over the world, including North America. Both are within easy reach of the region, thanks to high-speed rail.

移動する[編集]

鉄道で[編集]

The TGV provides a local high speed service from Lille south to Arras and Picardy, and north-west to Calais. The rest of the regional network is provided by Trains Express Régionaux (TER Nord-Pas-de-Calais and TER Picardie). The entire system is nationalised under the SNCF, so tickets and schedules are easily synchronised.

車で[編集]

晴れた日のシャトー・Chantilly

Hauts-de-France is well-served by motorways (autoroutes), with the following being the most useful:

Some of the autoroutes are free, notably the A1 and others around Lille, and the A16 between Boulogne and Belgium. The rest of the network is tolled, operated by the private company SANEF. Away from built up areas, you'll find the roads of northern France very quiet indeed, with far-reaching views over desolate fields.

観る[編集]

Coucou! - ラン大聖堂のガーゴイル(彫刻)
  • アミアンボーヴェのノートルダム大聖堂、サン=カンタンのバシリカ建築等々、ゴシック建築の本場とも言われているこの地方では、良質な建築物が観つくせないほどあります。
  • Thiepval - the memorial to the missing of the Somme is monolithic and sombre
  • La Coupole外部リンクRue André Clabaux, 62570 Wizernes (サントメールからD928をヴィゼルヌまで進み、線路を通った直後に左に曲がってD210に入り、さらに1km程進んだ場所にあります。)、 +33-321-12-27-279:00~18:00、年中無休で夏季には営業時間の延長も。 「パ=ド=カレー県サントメール近郊の地下壕は、ナチス・ドイツのV2ロケット計画の本拠地でした。現在は宇宙開発競争関連の歴史を紹介する博物館です。学校の校外見学に人気なこの場所は、多言語オーディオガイドがついているため旅行者でも迷うことは少なく、ショップも充実していて、点字からは歴史をいきいきと感じることができます。コンタクトフォーム大人 : 10ユーロ・6~16歳 : 7ユーロ・5歳以下 : 無料 ラ・クーポール (Q2502476) on Wikidata
  • Vimy - The site of the famous World War I battle, now a Canadian National Memorial, just outside Lens.
  • See England from Cap Gris-Nez (Audinghen) and Cap Blanc-Nez (Escalles). On a clear day you can see the White Cliffs of Dover, and view the ships on the world's busiest shipping channel, from these points.
  • Villers-Bretonneux - The site of the famous battle in World War I, now an Australian National Memorial just outside Amiens.
  • Écoust-Saint-Mein - The site of the battle during World War I, nowadays it contains a few British war cemeteries. It was depicted as a destroyed waypoint in the war film 1917.

する[編集]

  • Beaches: the best beaches are along the 40-km (25-mile) stretch of coast from Equihen-Plage in the north to Fort Mahon-Plage in the south. The wide sandy beach is broken only where the Canche and Authie rivers meet the sea. The sea goes out a long way at low tide. The main resort on this coast is Le Touquet, but there are several smaller seaside towns or villages that, depending on their size, offer shops, cafes, a seaside promenade, as well as access to the beach.
  • Audomarois marshes外部リンク3, rue du Marais, Clairmarais (Near St. Omer)、 +33-3-21-39-15-15。 「Visit the marshlands near St Omer, with a guided boat tour, or row yourself! The marshes are home to unique flora and fauna and offer a different experience to the usual tourist activities. Great for bird-watchers, lovers of nature and still a relaxing and interesting experience for anyone else! It can get quite cold on the boats. Some tours require booking in advance, see the website.Price varies according to length and type of trip
  • Parc Astérix: a theme park based on the world famous comic series.

食べる[編集]

Moules frites

The dish of the region has to be moules frites - a steaming bucket of mussels served with mountains of fries - glorious! Often associated with neighbouring Belgium, it's no surprise they're adored in Hauts-de-France too. The most common variant is moules marinières, which sees the mussels steamed in a white wine, shallot and butter sauce, seasoned with parsley, pepper and garlic. This dish has become so popular, it has spread around France and been given dozens of regional makeovers, trading marinière sauce for cream in Normandy, and rich tomatoes and Mediterranean vegetables in the Provence. But the original recipe is best; perfect for sharing, but so moreish you may not want to.

Another classic dish is the ficelle picarde, an oblong savoury pancake stuffed with ham, emmental or gruyère cheese and mushrooms. Treated as comfort food, you will find it on the menu in restaurants and people's homes.

While you're here, summon your courage and hold your nose to try maroilles, a stinky cows' milk cheese produced in the region. It is an acquired taste, but once done so you can truly say you have experienced the north of France. Besides, it has been made since the 10th century, and was a favourite of four kings of France - if it was good enough for them, why not you? In restaurants, it is served in a chicory salad (often labelled something like salade du Ch'ti), or else on toast, and in bakeries look out for it in tarts.

飲む[編集]

フランスの他の地域圏とは違い、珍しくこの地方はワインよりもビールが有名です。この地方のビールは格段に安く、さらに良質です。地元で特に人気のあるビールとしては、French pale aleに分類される「Biere de garde」が挙げられます。他にも、「Trois Monts」や「Brasserie de Clerck」のビールはお勧めです。リールでは、スーパーにて1Lボトルのビールが2ユーロで売られていますが、これはコルクが入っているからです。

安全を確保する[編集]

西洋の他の旧工業地域都市とは異なり、産業の衰退とは裏腹に治安はあまり悪くありません。観光客はマナーさえ守っていれば基本的に安全に旅行をすることができるのですが、大半の観光地は本当に安全です。

とはいえ、リールランスヴァランシエンヌのあたりでは長年問題が起きている場所もあります。しかし、それらの問題は外部から来た観光客に降りかかることは少ない傾向がありますので、安心してください。

カレーは移民キャンプの影響で不法移民が多く流れてきており問題になっていることは日本のニュースなどでも報道されているため知っている人が多いでしょう。現在、(違法)移民たちは英仏海峡トンネルの道路近くにあるテントや仮設シェルターに集まっており、街にはほとんど出てきません。彼らはイギリス行きに偽装した車に隠れて入国する手段を多く使うため、英仏海峡トンネルを利用する旅行者は(特にフランス以外のナンバープレートの車を使用する旅行者は)トンネルのターミナルに近づいてきたら入る前に車をよく確認しましょう。

出かける[編集]

エーヌ県の風車
  • When touring battlefields or belfries, your next port of call should be Belgium. Start in Ypres, which has both, then branch out in any direction you choose! Ride the length of the Belgian coast - all 67 km - on the Kusttram (coast tram), or else soak up Flemish flair and romance in Bruges or Brussels.
  • Grand Est beckons to the (great) east. Grand old cities such as Reims and Strasbourg rub shoulders with wild spots in the Ardennes and Vosges. With its knack for mixing Gallic and Germanic cultures, this is one place you can eat sauerkraut and drink champagne all in a day!
  • Île de France is just to the south. Paris is of course a must; after all, once you've tasted the Louvre in Lens, it would be silly to miss out the real thing! Venture beyond the capital to hold court in Versailles, hug the trees in Fontainebleau, or even say "bonjour" to Mickey Mouse.
  • Normandy's D-Day beaches offer a sobering accompaniment to the Somme trenches, but this diverse region has so much more to offer, from the chalk Alabaster Coast, to the hedgerows of the Cotentin Peninsula, and inland river valleys of exceptional beauty.
  • Hop across the Dover Straits to South East England. Whether you're on pilgrimage to Canterbury, fancy pottering around the gardens of Kent or Sussex, or just want to catch a Waterloo sunset, be sure to take your passport, as the UK is outside the Schengen Zone. If you're based in France, cross-channel journey times certainly make a day trip feasible.
  • If you've just come from England, and the last thing you want to do is go back, follow in the footsteps of millions of continental travellers before you. Hit the Autoroute des Anglais and power south. Where will you go? Burgundy, the Riviera, Venice? Onwards!