世界遺産
地図情報源
44.1000145.1833フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
知床国立公園

知床国立公園の地図
知床五湖

知床国立公園(しれとここくりつこうえん)は、日本北海道の北東にある国立公園ですり知床半島全体を覆っています。2005年、ユネスコの世界遺産に指定されました。

知る[編集]

知床は、日本で最も辺鄙な地域の1つです。国立公園には大きな集落がなく、半島の北部には道路さえありません。シーズンのピークは短い夏です。公園は一年中開いていますが、冬は非常に厳しい場合があります。

  • 1 羅臼ビジターセンター 外部リンク臼町湯ノ沢町6−27 +81 153 87-2828

着く[編集]

知床への公共交通機関は非常に限られています。最寄りの鉄道駅は斜里町にあり、そこからウトロを経由して半島の西に向かうバス(ピークシーズンに1日3本)に乗ることができます。東側には羅臼町の小さな町があり、釧路からバスで3.5時間、ウトロからも1日2本(夏季のみ) 運行されています。

観る[編集]

知床五湖

する[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

知床でアルコールを飲む場合は、ビールの自動販売機がある、ユースホステルの 居酒屋岩尾別です。

泊まる[編集]

安全を確保する[編集]

知床半島には日本で最も多くのクマの個体数が確認されています。実際には、北海道のヒグマ(エゾヒグマ)は北米のハイイログマに匹敵するものではなく、知識を少しでも得ていれば、攻撃される可能性は非常に低いです。とはいえ、ほとんどのハイカーはクマとの接触を避けるためにクマズズと呼ばれるベルを着用します。キャンプする場合は、テントの中や近くに食べ物を置いたままにしないでください。

羅臼岳の頂上から羅臼への小道に小川があります。水は硫黄を多く含んでおり、飲むと非常に危険です。トレイルから少し離れたところに飲用水用の泉があります。「水」の字のある岩の矢印をたどってください。