地図情報源
45.95-0.966667フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャラント=マリティーム県

シャラント=マリティーム県フランス語 : Charente-Maritime[発音])は、フランス南西部のヌーヴェル=アキテーヌ地方にある県です。

都市[編集]

シャラント=マリティーム県の地図

Roman amphitheatre, Saintes

知る[編集]

フランス南西部にあるこの美しい地域はフランス革命によって生まれます。古代ローマの街・サントンジュをはじめとしたサントンジュ(Saintonge)とユグノーの拠点であるラ・ロシェルが中心となるオニ(Aunis)の合併によって成立し、美しい風景や温暖な気候、明るい光など素晴らしい条件がそろったことでフランスの人々の休暇所となっています。

話す[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 1 ロシェル=イル・ド・レ空港 外部リンク (LRHIATA, Aéroport de La Rochelle)、 ラ・ロシェル ラ・ロシェル (Q1431840) on Wikidata

ロシェル=イル・ド・レ空港への便は以下のとおりです :

航空会社 運航便
エールフランス 季節便 : コート・ダジュール空港ニース
オップ! サン=テグジュペリ空港リヨン)、パリ=オルリー空港パリ

季節便 : プロヴァンス空港マルセイユ

シャレール航空 ポワティエ・ビアール空港

季節便 : ナポレオン・ポナパルト空港アジャクシオ

イージージェット 季節便 : ブリストル空港ブリストル)、コアントラン国際空港ジュネーヴ)、ロンドン・ガトウィック空港ロンドン)、コート・ダジュール空港ニース
Jet2.com 季節便 : ブラッドフォード空港リーズ)、マンチェスター空港マンチェスター
ルクスエア 季節便 : フィンデル空港ルクセンブルク
ライアンエアー ロンドン・スタンステッド空港ロンドン

季節便 : シャルルロワ空港シャルルロワ)、ダブリン空港ダブリン)、フランシスコ・サ・カルネイロ空港ポルト

鉄道で[編集]

パリ・モンパルナス駅やボルドーからラ・ロシェルやシュルジェールにTGVが運行されています。

移動する[編集]

レンタカーは便利です。

観る[編集]

多くの村は歴史に肉付けがなされており、また長らく同じ人々が居ました。その南端がオート・サントンジュ(Haute Saintonge)です。この地域はまるで時がとまったかのような特別な地域で、今でも青いオーバーオールとスリッパを身に着けて活躍している人がいます。この土地の光とぬくもりは輝いており、ローマンタイルの屋根とおぼろげな外枠により更なる調査が行われます。ロマネスク建築が多く、素晴らしい教会や農場、井戸にマーケットホールが散在します。サン=フォール=シュル=ジロンドのサント・ラメ教会を訪れて馬首を見るか、ロリニャックサント=ラメの教会を順に訪れるかしてみてください。栽培されている品種も多数であり、例として挙げるならブドウやヒマワリ、たばこやトウモロコシなどです。ローカルのワインメーカーはほとんどの地域にあり、何軒もあるケースもあります。革命の100年ほど前にとあるワイン生産者が奇跡の幸運に恵まれ、空のように見えるコニャックの樽にワインを注いだもののそれを忘れていたことで数年後に発見されピノーという名の甘露が誕生したのです。この地域には現在もピノー生産者が多数おり、ほとんどの生産者は訪問することができ、もちろんワインを飲むこともできます。

する[編集]

地元のワイン業者を訪れてデギスタシオン(degustation | 試飲)を行ってください。ワインやピノ、そして世界的に有名なコニャックハウスなどを味わってください。ヘネシーやレミー・マルタン、Otardやマーテルなどなどフランス語以外に英語のツアーも実施されている場所は多数あります。シャトー・ド・ボーロンはオート・サントンジュの中心部に位置する場所で、ロリニャックの蒸留所の見学の他サン=ディザン=デュ=ガのシャトー自体にも行くことができます。ヴィトルゼ(Vitrezay)には大規模な湿地公園があり、ジロンド川の岸辺やいくつかの湖巡りを楽しむこともできます。海水浴場やゴルフ場もあり、何マイル物標識付きの遊歩道は三作者にとって絶好のスポットとなっています。ジョンザックには温泉があり、カリブ海をコンセプトに設計された屋内ウォータースポーツ—Les Antilles de Jonzac—もあります。

食べる[編集]

モルターニュ港やモベール港、ヴィトルゼ港などなど小さな港には水辺に位置するレストランがいくつもあり、10ユーロ程度の質素なものから高級店まで様々です。メロン・オー・ピノー(Melon au pineau)や各種シーフード料理、塩沼子羊などが名物となっています。

飲む[編集]

ここはワイン、ピノー、そしてコニャックの国です。ここから好きなものを選んで楽しみましょう。シャラントメロンのヴァン・ド・ペイには多くの見どころがあります。もともとはコニャック用のブドウが減少したために必要となり作られたものですが、急速な改良の末生まれたのは夏に飲むのに最適な最高のワインでした。

出かける[編集]

ポワチエ(Poitiers)のフュテュロスコープ(遊園地)やワイン博物館、ボルドーのシックな店々、これらすべては車で2時間の移動圏内にあります。リムーザンにあるオラドゥール=シュル=グラーヌは町全体が戦争記念碑となっており、現在も保存されています。