コンテンツにスキップ

地図情報源
44.44831.4414フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
カオール
Pont Valentré

カオール(Cahors)は、フランス南部のオクシタニー地方にあるロット県のコミューンです。

知る[編集]

カオールは、ワイン産地の中心地で、中世の時代の面影が遺る美しい街です。同時に、この地域の経済と文化の中心地でもあります。

この都市は中世の主要都市であったため、百年戦争で多くの紛争に巻き込まれました。1249年にはローマ法王のヨハネ22世がカオールで生まれています。

建造物の主要なものは20世紀に建てられたものです。

2007年、ツール・ド・フランス(Wikipedia)の18ステージスタート地点にカオールが選ばれました。

着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄りの空港はトゥールーズ・ブラニャック空港トゥールーズ)かロデーズ・マルシャック空港ロデーズ)です。

鉄道で[編集]

パリからカオールに来る鉄道が走っており、所要時間は約5時間です。

車で[編集]

移動する[編集]

観る[編集]

  • 1 ガンベッタ通り  Boulevard Gambetta。 町のメインストリートであるこの道は、人気エリアです。1週間に2度、市場が開かれます。名前はカオール出身のレオン・ガンベッタ(Léon Gambetta。 不明なパラメータ:「1」
  • 2 カオール大聖堂  Cathedrale Saint-Étienne de Cahors、Cahors Cathedral。 1119年に聖別されたローマカトリックのこの大聖堂は、ペリゴール様式です。ゴシック建築の典型的な例です。
  • ヘンリ=マルタン博物館  Museum Henri-Martin。 ローカルの資料のコレクション。
  • 3 ヴァラントレ橋  Pont Valentré。 カオールを訪れる観光客のほとんどの目的は、この橋を見るためです。14世紀に建設されて70年をかけて完成したこの橋は、建設者が悪魔と契約して完成にこぎつけたという逸話があります。1800年代に修復されましたが、3つの塔のうちの1つに悪魔の彫刻がなされました。橋は町の北西に位置し、フランスで最も美しい中世の城橋として有名です。国内で最も写真に撮られるモニュメントの1つとも言われ、USESCOの世界遺産に登録されています。

する[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

カオールの料理はフランス南西部の郷土料理の典型例です。地元の食材を使った、ボリューム満点の料理が味わえます。

飲む[編集]

カオールは、ワインの一大産地です。赤ワインが多く、カオールとピュイ=レヴック(Puy L'Eveque)の間のロット川岸に広がるぶどう畑はフランスの70%と言われています。面積にすると10,000エーカー(=4,200ヘクタール)あり、年間では3,00万本が生産されています。

泊まる[編集]

繋がる[編集]

出かける[編集]

カオールを通る交通
パリブリーヴ=ラ=ガイヤルド   L'Occitane   モントーバントゥールーズ