地図情報源
34.7500138.0833フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
菊川市

菊川市(きくがわし)は、静岡県の東遠地域にある都市である。

気候は総じて温暖で、深蒸し茶の里として知られる茶産地である。茶業のほか、茶鋏や茶摘機、自動車関連部品、精密工作機械などを生産する企業が立地する工業都市でもある。

着く[編集]

  • 1 静岡空港  FSZIATA牧ノ原市 

鉄道で[編集]

菊川駅

東海旅客鉄道(JR東海)
  • 東海道本線
  • 菊川駅

その他、東海道新幹線が静岡駅 - 掛川駅間で当市を通過している。

かつては、菊川駅前から御前崎市池新田までの区間を堀之内軌道が通っていたが、1935年(昭和10年)に廃止された。

バスで[編集]

しずてつジャストライン

  • 路線バス
    • しずてつジャストライン御前崎線
    市内3路線を運行している。営業所はしずてつジャストライン浜岡営業所である。
    • しずてつジャストライン富士山静岡空港掛川線
    掛川駅発、菊川駅経由、静岡空港着の路線である。
  • 菊川市コミュニティバス
菊川市内の7路線を運行している市営の公共交通機関である。主に免許証を持たない高齢者や妊婦などが利用者とされている。運賃は¥100か条件により無料である。

車で[編集]

菊川IC

高速道路
  • 東名高速道路
    • 菊川IC
国道
  • 国道473号
主要地方道
  • 静岡県道37号掛川浜岡線
  • 静岡県道69号相良大須賀線
  • 静岡県道79号吉田大東線
一般県道
  • 静岡県道234号吉沢金谷線
  • 静岡県道235号菊川榛原線
  • 静岡県道242号浜岡菊川線
  • 静岡県道244号大東菊川線
  • 静岡県道245号川上菊川線
  • 静岡県道247号中方千浜線
  • 静岡県道250号菊川停車場伊達方線
  • 静岡県道251号袋井小笠線
  • 静岡県道386号小笠掛川線

観る[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 黒田家代官屋敷
黒田家住宅・代官屋敷長屋門は、国の重要文化財で代官屋敷資料館が併設されている。梅祭の時期だけ、梅が植えられている庭に立ち入ることができる。現黒田家当主は黒田淳之助(旧小笠町長)。
  • 歴史街道館
郷土出身の画家杉山良雄の絵画や、郷土の民芸品などを展示している。
  • 安興寺
六角堂の観音像の開帳は、毎年8月のお盆の1日のみ。
  • 井成神社
今川氏の武将、三浦刑部が帰農して加茂村に居住した後、加茂に用水を引くために親子2代で尽力した功績を讃えて彼を祀った神社である。三浦刑部は完成前に死没したが、加茂用水は13年かけて、1594年に完成した。
  • 井之宮神社
慶長12年(1607年)に、嶺田に住む中将右近太夫が、徳川家康に用水路を作ってもらうように直訴した。嶺田用水は完成したが直訴の罪で死罪となった彼を祀った神社。彼の子孫は、今でも嶺田に居住している。
  • 永寳寺
高野山などでも使われた一人乗りの人力ロープウェイ「野猿」がある。
  • 応声教院
寺伝によれば、斉衡2年(855年)円仁(慈覚大師)により、文徳天皇の勅願所とする天台宗天岳院として創建されたという。朱塗りの山門が国の重要文化財である。以前、お金を入れるとお経を唱えてくれる人形が、テレビ番組に取り上げられたことがある。
  • 正林寺
横地氏と勝間田氏討伐の直後に、その残党により討たれた今川義忠討ち死にの場所であり、義忠の息子の今川氏親が建立した菩提寺となっている。
  • 善勝寺
大須賀忠政を開基とするとされている。寺の鎮守木の樹齢400年の楠が市指定天然記念物になっている。
  • 大頭龍神社
大鳥居は青銅製で、市指定有形文化財である。夏に例大祭が行われる。
  • 潮海寺
奈良時代、聖武天皇のころ行基により開かれたと伝えられる。市の無形民俗文化財に指定されている潮海寺祇園おはやしを行う潮海寺八坂神社祇園祭が3年に1度7月下旬に行われる。
  • 報恩寺
本尊は行基が木の根で作ったと伝承される釈迦如来の坐像で毎年3月15日に釈迦祭の縁日が行われる。
  • 菊川城館遺跡群・横地氏城館跡
横地城跡と高田大屋敷遺跡から構成される国の史跡である。横地に在住していた。鈴木哲太郎が、横地城跡保存会を有志と共に設立し、鈴木健二の指導を受けて調査研究を行った。その結果、2004年(平成16年)に国の史跡に指定されたが、その時には調査研究に生涯を掛けた鈴木は他界していた。
  • 金玉落としの谷
横地城内にある珍地名の谷。
  • 堤城跡
今川氏家臣遠江松井氏が築いた城跡。
  • 獅子ヶ鼻砦跡
高天神城攻撃のために徳川家康により築かれた砦で、大須賀康高が守備に就いたとされている。
  • 上倉沢棚田
地元では千框(せんがまち)と呼んでいる棚田で、今も田植えや稲刈りが行われている。
  • 西富田ほたるの里
毎年6月にゲンジボタルを見ることができる。

する[編集]

イベント・祭事[編集]

  • 菊川産業祭 ODORA座
菊川運動公園を主会場として2007年より10月に行われている文化祭。物産展や文化展示が中心だった旧菊川町の菊茶香まつりと、ダンスイベントが中心だった旧小笠町のジャンプインおがさを融合したもの。ダンスコンテストやクラシックカーミーティング、物産展等が行われている。
  • 菊川夜店市
菊川駅前商店街を主会場として菊川商工会主催で8月の第1週の金曜日と土曜日に行われている夏祭り。出店や舞台での出し物が行われている。
  • 秋祭り
市内各地で10月に行われている秋祭り。菊川市は二輪屋台の地域であり、旧菊川地区では主に御所車型屋台が、旧小笠地区では一本柱万度型の山車が引き回される。旧小笠地区では体育の日に合わせた週末で、旧菊川地区ではその翌週末に行われている。
  • ふるさと夏祭りおがさ
おがさセントラルパークを主会場として8月に行われていた旧小笠町の文化祭。合併翌年の2006年を最後に終了したが、名前を変えて復活開催されている。元の名前はジャンプインおがさ。
  • 菊川市長杯丹野池RCヨット競技会
丹野池RCヨット協会の主催により、ラジコンヨットの競技会が、丹野池にて行われている。
  • 代官屋敷梅祭
黒田家代官屋敷にて1月末から2月末まで梅祭が開催され、代官屋敷の中庭に立ち入ることができる。様々な種類の梅の花が観賞できる。
  • 菊茶香(きっちゃか)まつり
菊川文化会館アエルを主会場として10月に行われていた旧菊川町の文化祭。合併翌年の2006年を最後に終了。

伝説・伝承[編集]

  • 三度栗(遠州七不思議)
  • 片葉の葦(遠州七不思議)

御土産・銘菓等[編集]

  • 茶:市内各地で菊川茶を販売している。
  • たこまん:遠州銘菓。小笠工場は見学ができる。
  • メキャベツ

泊まる[編集]

出かける[編集]

菊川市を通る交通
浜松掛川  西    静岡東京
浜松掛川  西    → 焼津 → 静岡東京