40.4127フルスクリーンでマップを開く

提供: ウィキボヤージュ
アジア > 東アジア > 北朝鮮

北朝鮮

ナビゲーションに移動 検索に移動
北朝鮮

朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく | 通称 : 北朝鮮 ( : North Korea, フランス語 : Corée du Nord) | 朝鮮語 : 조선민주주의인민공화국 (Loudspeaker.svg聞く) , 英語 : Democratic People's Republic of Korea)は、東アジアの朝鮮半島北部に位置する地域。日本では日韓基本条約第三条にて大韓民国を朝鮮半島に存在する唯一の国としているため、当国は日本には国家承認が行われていないことになる。この記事では、当国を「北朝鮮」の表記で統一する。

地域[編集]

北朝鮮の地図
  東海岸 (清津市, 咸興市, 羅先特別市, 咸鏡北道, 咸鏡南道, 江原道, 金剛山)
  白頭山 (両江道, 慈江道)
  平安 (平安北道, 平安南道, 价川市, 南浦特別市, 平壌直轄市, 新義州市)
  黄海道 (黄海北道, 黄海南道, 開城特別市)

着く[編集]

ビザ[編集]

船で[編集]

元山市新潟の間で船の運航があったが、北朝鮮による核実験が行われてからは中止されている。

観る[編集]

詳しくは各地域の説明を参照されたい。

全てのツアーにおいて常に政府から派遣されたガイドが同行して、見てはいけないものを判断する。ただしホテルは例外となるときもある。彼らには観光客が観光地として指定されている場所以外のところを見ないようにすることの他に、写真などで政府が悪い印象を受ける可能性があるものについて作成者に即時削除を命じることなどである。彼らにはできるだけ抵抗するべきではないだろう。政府にとって不利益となる質問などをすると、良くてあいまいな返答が返り、最悪の場合は数時間の尋問を受けることになるだろう。写真を撮っていいかわからなければ、ガイドに聞くことをお勧めする。バスの中などで写真を撮ることを許してくれるガイドもいれば、特定の場所での写真撮影を厳格に制限しているガイドもいる。これは実際にツアーに参加してガイドと会わない限りわからないであろう。できるだけ北朝鮮にとって不具合が起きないように気を付けるべきである。また、軍人や警備員の写真撮影も基本的に禁止されている。電車で北京に出国する際には、写真についてチェックを受けて写真の写りを悪くさせられることがあるので、注意するべきである。その他、朝鮮戦争の発端についてアメリカのせいとする意見が一般であり、これに反対するとどうなるかわからないので避けるべきだ。非武装地帯はその名前にもかかわらず地雷原や多数のトラップがあるため必ず集団行動から外れず、また軍事施設などの施設の写真を撮ってはいけない。博物館などには我々の受けてきた教育と反する部分があったり事実と違う逸話が事実として語られていたりするが、北朝鮮人のいうことは皆真面目に聞くことが望ましい。もちろん我々の信じる理性と反していた時も真面目に受け止めるべきである。

食べる[編集]

話す[編集]

北朝鮮の人々は、朝鮮語を話す。北朝鮮人は韓国語をハングルと呼ぶことを嫌う。朝鮮語は西洋の言語とは文法が大きく異なっており、理解は難しい。ただ、日本語とは非常に文法が似ており、倒置法や主語の要約などが行われる。母音の数は日本語や英語などと比べて多い。ハングルはよく見ると論理性があって他の言語と比べ習得できる速さは速いという。1446年のある文書には賢明な人はハングルを朝までに覚えるが愚直な人は10日かかるという趣旨の内容が書かれている。韓国では公式に漢字が認められているが、北朝鮮では建国以来漢字は非公式となっている。ローマ字表記も独自の表記となっている。ほとんどのガイドが英語を話すことができ、中には他の言語を話すガイドもいる。北朝鮮の市民は観光客との接触を躊躇する傾向が強く、言語の違いなどもあって地元の人と観光客との交流の場は少ない。休日に北朝鮮を訪れれば、少しでも機会が多くなるか。北朝鮮独自の手話も存在する。韓国の手話とは全く違い、韓国の手話者とは話すことができない。

泊まる[編集]

構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。