コンテンツにスキップ

地図情報源
2717フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
リビア
警告 警告

リビアへの旅行は注意してください。生命を脅かす可能性があります。

リビアでの戦争は当分の間中止されていますが、旅行は依然として危険です。リビア政府は不安定です。多くの政府は、リビアへのすべての旅行を推奨しておらず、また適切な領事支援を提供することができていません。
各国の政府からの情報

詳細は右をクリックしてご覧ください。

リビアでの戦争は当分の間中止されていますが、旅行は依然として危険です。リビア政府は不安定です。多くの政府は、リビアへのすべての旅行を推奨しておらず、また適切な領事支援を提供することができていません。

各国の政府からの情報

(最終更新日:2022年5月19日)
この情報は更新から6ヶ月以上が経過しており、古くなっている可能性があります。

リビアアラビア語ليبيا英語Libya)は、北アフリカのマグレブ地域にある国です。この国は歴史と文化が豊かで、大きな観光の可能性を秘めています。しかし、この国は、2010年代以降流動的な状態にあり、旅行するのはかなり危険です。

この広大な国には、砂漠からさまざまな時代の歴史的遺跡まで、冒険好きでスリルを求める旅行者に提供できるものがたくさんあります。リビアは移動するのが難しい国ですが、長く滞在した経験は忘れられないものになるでしょう。

訪問する場合は、リビアでやるべきことや見ることがたくさんあることを知っておいてください。

地域

[編集]
地図
リビアの地図
リビアの地図
  キレナイカ (Benghazi, Shahhat, Tobruk)
地中海の北東部にあたる地域です。
  リビアのサハラ (Gaberoun, Ghadamis, Sabha, Ghat)
素晴らしい景色がある巨大な南部の砂漠地域です。世界で最も暑い気温が記録されたこともあります。
  トリポリタニア (Tripoli, Surt, Zuwara)
首都と古代ローマの遺跡がある地中海北西部の地域です。

都市

[編集]
ダルグットモスクと呼ばれる、トリポリのオスマンモスク
キレネのゼウス神殿

知る

[編集]
リビア
リビアの旗
リビアの旗
人口 6,678,567Wikidataでこれを編集
面積 1,759,541 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 現代標準アラビア語Wikidataでこれを編集
通貨 リビア・ディナールWikidataでこれを編集
電気のプラグ ユーロプラグWikidataでこれを編集
国際電話番号 +218Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC+2Wikidataでこれを編集
緊急電話番号 190番(消防本部) 191番(救急隊) 193番(警察)Wikidataでこれを編集
車両の通行側Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

宗教

[編集]

イスラム教は国の支配的な宗教であり、人口の約97%が信仰しています。ほとんどのリビア人はスンニ派のイスラム教徒です。

キリスト教は国内で2番目に大きな宗教であり、人口の約2.7%が信仰しています。ほとんどのキリスト教徒はコプト教会です。

仏教は人口の0.3%によって信仰されています。リビアは北アフリカで最大の仏教徒人口を持っていると考えられています。

リビアには世界で最も古いユダヤ人コミュニティの1つがあります。紀元前300年から400年の間にユダヤ教がリビアに伝わったと考えられています。その後、第二次世界大戦とカダフィの時代に、多くのリビアのユダヤ人がより良い生活を求めて国外に逃亡しました。

気候

[編集]

リビア内には5つもの異なる気候帯が存在します。地中海とサハラ砂漠の影響です。沿岸の低地のほとんどは地中海性気候で、夏は暖かく、冬は穏やかです。降水量は少ないです。高地では気温が低く、最高標高では霜が降ります。砂漠の内陸部では、気候は非常に暑く、日中の温度差が極端に大きくなります。

着く

[編集]
ビザの制限 ビザの制限

イスラエル、バングラデシュ、イラン、パキスタン、イエメン、スーダン、シリアの国民の入国は拒否されます。パスポートにイスラエルを訪れたことを証明するものがある場合も入国を拒否されます。


注意 注意

2012年、リビアはスーダン、チャド、ニジェール、アルジェリアとの国境を一時的に閉鎖することを決定しました。不法移民や麻薬の密輸、武装グループの往来を抑圧するとされています。


  ビザ無しで入国できる国
  制限付きでビザ無しで入国できる国
  入国できない国

飛行機で

[編集]

鉄道で

[編集]

車で

[編集]

バスで

[編集]

船で

[編集]

移動する

[編集]

話す

[編集]

リビアの公用語はアラビア語会話集を作成するです。

地元の方言はリビアアラビア語です。イタリア語トルコ語会話集を作成するベルベル語会話集を作成するなどの言語からの広範な借用があります。

英語はリビアの学校で最も広く教えられている外国語であり、ビジネスでも広く使われています。ただ、英語を話すと、すぐによそ者だと認識され、犯罪者から望ましくない注目を集める可能性があります。トリポリ以外では、英語はおそらくほとんど使用されません。

リビアはかつてイタリアの植民地でしたが、独立後、イタリア語の使用は大幅に減少しました。今日、イタリア語を話す人はほとんどいません。

観る

[編集]
ウバリのオアシス
ガダメスのモスク

リビアのカラフルな首都トリポリは、この地域の歴史のあらゆる部分を紹介する興味深いレッド キャッスルミュージアムだけでなく、伝統的な壁に囲まれたメディナもまだあります。この国の出発点として最適な場所です。観光地としての発展しているのにもかかわらず、ここは依然として、偉大なオスマン帝国での歴史的な役割を思い起こさせる美しいモスクや印象的な噴水や彫像が数多くあります。首都から130 kmのところにレプティス・マグナ(アラビア語لَبْدَة)があります。ここはかつて、ローマ帝国の主要な都市でした。ワディ・レブダのアル・フムスは地中海で最も壮観で手付かずのローマ時代の遺跡の1つです。古代の植民地であるキュレネも注目すべき場所です。

広大なサハラ砂漠は、絵に描いたように美しいオアシスを備えた素晴らしい自然体験をもたらします。ユネスコ世界遺産に登録されているガダメスの町は、かつてフェニキア人の交易都市でした。古代の劇場、教会、寺院の遺跡が今日の大きな魅力です。息をのむような風景をお望みなら、砂丘と印象的な峡谷があるアカカス山脈を訪れてください。ここで発見された動物や男性のさまざまな洞窟壁画は、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

する

[編集]

買う

[編集]

食べる

[編集]

飲む

[編集]

泊まる

[編集]

学ぶ

[編集]

働く

[編集]

安全を確保する

[編集]

健康を維持する

[編集]

繋がる

[編集]