提供: ウィキボヤージュ

北アフリカ

ナビゲーションに移動 検索に移動
北アフリカ
北アフリカ

北アフリカ(きたあふりか)は、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。この地域はウマイヤ朝などのイスラーム王朝による侵入以降イスラム教徒が多く、イスラム教の影響が強いが、一方で地中海に面しているため歴史的に欧州との交流もある。また、アラビア語の使用者が多いが、アラビア語と一口に言ってもさまざまな方言があり方言間の差異もあるため、学習などの差異は注意が必要。

[編集]

  アルジェリア (Algiers)
アフリカ最大の面積を誇る。
  エジプト
寺院、ヒエログリフ、ミイラなど古代エジプト文明の文化を感じることができる場所。
  リビア
国土の90%以上が砂漠で、海岸沿いにはローマ時代の遺跡もあるが、現在は内戦の真っ最中にある。
  モロッコ
北大西洋と地中海の両方に面している。
  チュニジア
地中海周辺のアフリカ諸国の中央に位置する。イタリアに近く、アラブの春の嚆矢となったジャスミン革命の起きた土地でもある。
  西サハラ
モロッコと「サハラウィ・アラブ民主共和国(SADR)」の間で統治権が争われているが、地域の大部分はモロッコに占領されている。

泊まる[編集]

観る[編集]

サハラ砂漠

北アフリカには広大なサハラ砂漠が広がっていて、その光景はとても美しい。

通貨[編集]

  • モロッコ・ディルハム
  • チュニジア・ディナール
  • アルジェリア・ディナール