アフリカ

提供: ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
アフリカ

ナミビアのエトシャ国立公園

アフリカ : Africa)は人類の源泉です。面積、人口ともに世界で2番目に大きな大陸であるアフリカは、自然の驚異、有名な先史時代の遺跡、世界で最も偉大な古代文明の遺跡が数多く点在し、活気に満ちた文化、人里離れた村々や近代的な都市が混在しています。アフリカ大陸の海岸線は、南東にインド洋、西に大西洋、北東に紅海、南にアデン湾、北に地中海に面しています。この巨大な大陸は、南北に8,000km以上、東西に7,500km以上、さらにいくつかの島々があり、多くの広大な異なる民族、宗教、文化を含んでいます。アフリカには50以上の国があります。

地理[編集]

アフリカのナイル川は世界で最も長い川であると主張する人がいます(他の地理学者はアマゾンの方が長いと主張しています)。ナイル川はブルンジからエジプトまで6,650 kmを流れています。コンゴ民主共和国のコンゴ川は放流量の点で2番目に大きく、いくつかの場所では230 m以上の深さを持つ最も深い川です。タンザニアのキリマンジャロ山は、5,890 m で世界で最も高い自立した山です。ジブチのアッサル湖は地球上で2番目に低い地点であり、南極以外では最も塩分の多い湖であり、地球上で最も暑い場所の1つでもあります。アフリカといえばサファリが真っ先に連想されますが、冒険の可能性は無限大です。例えば、市場で工芸品を購入したり、トゥアレグ族のキャラバンでサハラ砂漠を冒険したり、伝統的な村を訪れたり、ゴリラを観察するためにジャングルをハイキングしたり、インド洋や大西洋の熱帯の島々でリラックスしたり、エキゾチックなお菓子を食べたり、丸太をくりぬいて作った丸木舟で川を漕いだり、植民地時代の鉄道に乗ってサバンナを横断したりすることができます。

文化[編集]

アフリカの文化の多様性について言えば、ほとんどの国が国内的にも多様であり、北部のアラブやベルベルベル文化の影響を受けたイスラム教国と、バントゥーやその他のアフリカの伝統に加えてヨーロッパの影響を強く受けた虹の国南アフリカを含むサハラ以南の国々との間には大きな違いがあります。また、人口の中で最も遺伝的多様性が高い大陸でもあります。アフリカ人の遺伝的多様性は、アフリカ人と他のどの大陸の住民との間の遺伝的多様性よりもはるかに高いのです。メディアの報道の少なさから信じられないかもしれませんが、アフリカは1つの国ではなく、50以上の国があり、「アフリカ全体」を一般化することは不可能です。また、植民地時代の国境の性質上、アフリカのほとんどの国は同質ではなく(例えば、南アフリカには11の公用語があります)、文化、料理、言語、支配的な宗教さえも、国境を越えることなく数百キロの間に劇的に変化することがあります。

経済[編集]

多くの場所で経済が急速に成長しているにもかかわらず、マグレブとサハラ以南のアフリカの両方にはまだ貧しい地域が多く存在します。貧困、汚職、民族的・宗教的暴力が大陸のいくつかの部分に存在する一方で、アフリカの大部分は目覚ましい進歩を遂げており、多くの都市では中産階級が成長し、1980年代のドキュメンタリーや開発援助のコマーシャルで聞いたことがあるかもしれない戦争や飢饉ではなく、交通渋滞や混雑した公共交通機関などの問題に対処しています。

地域[編集]

大陸以外のほとんどの人はアフリカを、アラビア語を話す北アフリカと、それ以外の地域(サハラ以南のアフリカ)とに分けています。しかし、アフリカは非常に多様性に富んだ大陸であり、この区分はやや浅い理解を示していると言えます。

アフリカの地図
  北アフリカ (アルジェリア, エジプト, チュニジア, 西サハラ, モロッコ, リビア)
地中海南岸とアフリカの大西洋沿岸の北西部分で囲まれる国々。
  サヘル地域 (スーダン, チャド, ニジェール, マリ, モーリタニア)
サヘル砂漠とサハラ砂漠の南半分にまたがる砂漠とサバンナの国々。
  西アフリカ (ガーナ, カーボベルデ, ガンビア, ギニア, ギニアビサウ, コートジボワール, シエラレオネ, セネガル, トーゴ, ナイジェリア, ブルキナファソ, ベナン, リベリア)
熱帯大西洋沿岸の国々。これらの国の多くは、ヨーロッパの植民地化の影響をより直接的に受けたキリスト教圏の南部と、アラブ文化の影響をより受けたイスラム教圏の北部を有している。
  中央アフリカ (アンゴラ, カメルーン, ガボン, コンゴ共和国, コンゴ民主共和国, サントメプリンシペ, 赤道ギニア, 中央アフリカ共和国, 南スーダン)
アフリカの中心地で、東には高い山々が連なり、世界で2番目に大きなジャングルであるコンゴ熱帯雨林が広がっています。
  東アフリカ (ウガンダ, エチオピア, エリトリア, ケニア, ジブチ, ソマリア, ソマリランド, タンザニア, ブルンジ, ルワンダ)
紅海とインド洋に接するヒトの祖先発祥の地と、いくつかの内陸国。
  東アフリカの島々 (コモロ, セーシェル, マダガスカル, マヨット, モーリシャス, レユニオン)
これらインド洋に浮かぶ島々は、ヨーロッパとアジアを結ぶ喜望峰航路、インドネシア人やイスラム教徒の船乗りたちから多くのものを引き継いでいます。
  アフリカ南部 (エスワティニ (スワジランド), ザンビア, ジンバブエ, ナミビア, ボツワナ, マラウイ, 南アフリカ, モザンビーク, レソト)
アフリカの南端にある国とその近くにある国。おそらく、現代のホモ・サピエンスの発祥の地としてだけでなく、ヨーロッパの影響が今日最も顕著であるサハラ以南のアフリカの一部です。植物の信じられないほどの多様性だけでなく、ナミブ砂漠、アタカマや南極以外の地球上で最も乾燥した場所の一つとして知られています。