コンテンツにスキップ

地図情報源
50.066414.473フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
プラハ
ティーン教会、旧市街広場

プラハ (チェコ語: Praha)はチェコの首都であり最大の都市。この街の歴史的な建造物や狭く曲がりくねった通りは数世紀に渡ったボヘミア地域の首都としての歴史的役割の証である。プラハは街の黄金の尖塔と9世紀の城が織りなすスカイラインを反射しながら美しく蛇行するヴルタヴァ川のほとりに位置している。この都市は歴史的な雰囲気とチェコキュビズム博物館やジュビリーシナゴーグといったある種の奇抜さが融合しており、あらゆる意味で"ボヘミアン"な首都だ。


地区[編集]

紛らわしいことに、区割りが一致しない地区システムが同時に使われている。それぞれシステムは異なる時代に定められたものであるが、現在では少なくとも3つの異なる区割りが異なる目的で使用されている。 さらに悪いことに、すべてのシステムで同一の地区名を使用しており、しかもそれが指す区域が異なる。


  旧市街とヨゼフォフ (Staré Město, Josefov)
旧市街 (Staré Město) - 西岸側の中核となる、プラハで最も古い地区。
ユダヤ人街 (Josefov) - 旧ゲットー。
  プラハ城と小地区 (Hradčany, Malá Strana)
プラハ城 (Hradčany) - 街と歴史とを結びつけており、ヴルタヴァ川東岸では最も高い場所。
小地区 (Malá strana) - 城周辺の集落。チェコの国会を含む、殆どの政府機関が位置している。
  プラハ/新市街とヴィシェフラット (Nové Město, Vyšehrad)
新市街(Nové Město) - 14世紀に設立された旧市街に隣接する地区。
ヴィシェフラット (Vyšehrad) - 中世プラハの南にある古いヴィシェフラット城の跡地。
  ヴルタヴァ川東岸 (Karlín, Žižkov, Vinohrady, Vršovice, Nusle, Podolí and many more)
ヴルタヴァ川の東側、旧市街と新市街地区の隣。 プラハ3、プラハ4、プラハ8、プラハ9、プラハ10、プラハ11、プラハ12の番号が付けられた地区で構成されている。観光地は殆どジシュコフ地積地区(行政区画で言うプラハ3にほぼ相当する)に集中している。
  ヴルタヴァ川西岸 (Holešovice, Střešovice, Břevnov, Smíchov and many more)
ヴルタヴァ川の西側がプラハの西側だ。


観る[編集]

観光案内所[編集]

プラハには3箇所の観光案内所が市内に、2箇所が空港内にある。:

  • 1 TIC - Old Town Hall  Staroměstská radniceStaroměstské náměstí 1。メール:。 市中心部にあるメインとなる観光案内所。 営業時間:1月 – 2月 09:00 – 18:00、3月 – 12月 09:00 – 19:00。 種類が指定されていません
  • 2 TIC - Na MůstkuRytířská 12。メール:。 営業時間:09:00 – 19:00。 種類が指定されていません
  • 3 TIC - Wenceslas SquareWenceslas Square。 ヴァーツラフ広場にある観光案内所。 営業時間:10:00 - 18:00。 種類が指定されていません

有名な観光地[編集]

  • 1 プラハ城  Pražský hrad  。 ギネスブックによると最も大きくて古い城。街の上に夢のようにそびえ立ち、下のエリアの美しい景色を眺めることができる。また敷地内には、展望台のある聖ヴィート大聖堂城の写真ギャラリー、数々の宮殿や美術館、美しい庭園がある。 時間が合えば、プラハ城警備隊の衛兵の交代式を見ることができる。 値段:入場券 350 Kč、オーディオガイド350 Kč。
  • 2 カレル橋  Karlův most  。 旧市街と小地区を繋いでいる。14世紀に建築が始まり、プラハで最も美しい構造物の一つとされている。日中は騒々しいミュージシャンや絵画やジュエリーを売るアーティストなどで活気がある。
天文時計 (Orloj)
夕暮れのダンシング・ハウス
DOX gallery
プラハ動物園のゾウ
夜のペトシーン展望台タワー
  • 6 旧市街  Staré Město  。 プラハの歴史的な中心地であり、数多くの歴史的建造物やモニュメントを内包している。もっとも有名な 3 天文時計 (Orloj)、ゴシック様式の4 ティーン教会、壁画で覆われている5 Storch building、そしてヤン・フス像。近くのエステートシアターは、モーツァルトのオペラ「ドンジョヴァンニ」が最初に上演された新古典主義の劇場。 そのほか多くの歴史的教会(セントジェームス教会、ティーンの前の聖母教会など)や、旧市庁舎などの歴史的建造物がある。 
  • 7 ヨゼフォフ  Josefov  。 この歴史的なユダヤ人居住区は保存状態の良いシナゴーグで興味深いものとされている。この旧新シナゴーグ(Staronová synagoga)はヨーロッパで最も古い現役のシナゴーグであり、プラハのゴーレムの休憩所であるという有名な噂がある。もう一つの興味深いシナゴーグとしてはムーア様式で装飾されたスペイン・シナゴーグ(Španělská synagoga)がある。他の観光地にはヨーロッパ最古のユダヤ人墓地フランツ・カフカの生家などがある。旧新シナゴーグはプラハ・ユダヤ人博物館の一部ではないが、その他のユダヤ人関連の史跡はcombined pass(480 Kč)を購入することですべて見ることができる。 値段:Conbined Pass 480 Kč。
  • 8 新市街  Nové Město  。 新市街は旧市街の拡張区域として14世紀に造成され、現在では多くのエリアが再建されている。ここでのメインアトラクションは多くの露店や土産物店、レストランが営業している長方形のヴァーツラフ広場である。広場の南端には見ごたえのある展示の国立博物館がある。この歴史的な大通りの真ん中には、トレンディなディスコやアールヌーボー様式のホテル、趣のある公園やアーケード、道のすぐそばには、素晴らしいパノラマの景色(ヘンリータワー)、ロマンチックなレストラン、まばゆいディズニーカラーのジュビリーシナゴーグがある。
  • 9 小地区  Malá Strana  。 市内中心部からヴルタヴァ川を渡って城に通じるこの地区には、美しい通りや教会がある。(聖ニコラス教会が最も有名)。 共産主義政権への苛立ちの源であったレノンの壁もここにあり、水車のあるヴェネツィアのような運河の近く、カレル橋の近くにあります。 2014年11月17日、レノンの壁は芸術学生のグループによって破壊され、白く塗られた。
  • 10 ダンシング・ハウス  Tančící dům  。 ウラド・ミルニックとフランク・ゲーリーが共同設計したプラハの最も魅力的な建築表現の1つ。 Karlovonáměstí地下鉄駅の近く。
  • 11 ペトシーン展望台タワー  Petřínská rozhledna  。 プラハを見下ろすペトシーンの丘の上に立つ、小さなエッフェル塔のようなタワー。 値段:塔へ登る - 120Kč(割引料金60Kč)、有料のリフトあり - 60Kč。
  • 12 プラハ動物園  Zoologická zahrada hl. m. Prahy  。 地下鉄Nadrazi Holesovice駅から112番のバスに乗り、終点がこの動物園。近くには、さまざまな彫刻が展示されている広い庭園のあるトロヤ城(Trojský Zámek)、温室がある植物園(Botanická zahrada Troja)がある。
  • 13 プラハ国立美術館  Národní galerie v Praze。電話番号:+420 224 301 122  。 美術館の最も重要なコレクションは、シュテルンベルク宮殿(バロックまで)、セントジョージ修道院(チェコのバロックとマニエリスム)、ヴェレトゥルジュニー宮殿に展示している。 最初の2つはそれぞれ城の近くと城の中にある。 それ自体で訪れる価値のある城の写真ギャラリー(プラハ城を参照)と混同しないように。
  • 14 ヴェレトゥルジュニー宮殿  Veletržní palácDukelských hrdinů 47, Praha 7 - Holešovice, ​Dukelských hrdinů 530/45  。 19世紀からモダンアートまで。
  • 15 聖アネシュカ・チェスカー女子修道院  Anežský klášterU Milosrdných 17, Praha 1 
  • 16 チェコキュビズム博物館(黒い聖母の家)  obchodní dům U Černé Matky Boží, U Zlaté mříže, ​House of the Black MadonnaOvocný trh 19/Celetná 34, Praha 1, ​Celetná 569/34 
  • 17 国立博物館  Národní muzeum。電話番号:+420 224 497 111、メール:  。 各種博物館の集合。 本館はヴァーツラフ広場にあり、自然史が専門。 他の支部には、チェコの作曲家ドヴォルザークとスメタナの博物館、チェコ音楽博物館、歴史薬局博物館、プラハ城のロブコビッチ王子のコレクション、チェコ民族学博物館、ナプルステク人類学博物館がある。
  • 18 プラハ市美術館  Galerie hlavního města Prahy  。 チェコの近代美術館は、ほとんどが旧市街にあるいくつかの場所に分かれている。 その本館は旧市街広場にある黄金の環の家で、美しい中世の建物に20世紀のチェコの芸術が飾られている。 19世紀のチェコの芸術はトロヤ城に展示されている。
  • 19 DOX - 現代美術センター  Centrum současného umění DOX  。 新しくオープンした現代的なEUギャラリースタイルのコンテンポラリーアートのギャラリー。 展示会、インスタレーション、興味深いオブジェがたくさんある巨大な白い建物。 最寄りは地下鉄Nádraží Holešovice駅。中心部は遠いが、間違いなく一見の価値あり。
  • 20 ユダヤ博物館  Židovské muzeum v Praze  。 これは6つの別々の史跡(4つのシナゴーグ、旧ユダヤ人墓地と記念館)をカバーしているが、旧新シナゴーグはオプションになる。 旧新シナゴーグの入場料は安くないがその古さもあって見る価値がある。 記念館は強制収容所にいた子供たちの著作の展示。
  • 21 プラハ市立博物館  Muzeum hlavního města Prahy, ​Muzeum hl. m. PrahyNa Poříčí 52, Praha 8。メール:  。 市中にいくつかの支所がある。 アントン・ラングウェイルによる19世紀のプラハの詳細な段ボールの模型は必見。 出入り口の色や窓辺のデザインに至るまで、細部は驚異的。
  • その他小さな博物館が数多く有る。その中には ミニチュア博物館 、プラハ城内のおもちゃ博物館と音楽からくり人形博物館、 郵便博物館, より観光地的な 蝋人形館[リンク切れ]拷問博物館ビール博物館 が旧市街にある。

食べる[編集]

飲む[編集]

ビアパブ (チェコ語 "hospoda") がプラハ市中に存在し、無論街の文化において重要な役割を負っている。銘柄は店ごとに異なり、現地の人たちはビールの好みについて長い時間をかけてでも議論することをいとわないためおすすめをすることは難しい。 最も国際的に認識されているビールはピルスナー・ウルケル (Plzeňský Prazdroj) とバドワイザー・ブドバー(Budějovický Budvar)がある。チェコで他に有名な銘柄としてはスヴィヤニ(Svijany)がある。もしプラハで醸造されているビールを探しているならスタロプラメンを試すと良い。銘柄や知名度によるが、通常500mlのグラスで20から40Kč、旧市街広場のような観光地ではもっと小さなグラスで100Kčを超える。また店の中で醸造したクラフトビールを飲める店もブームになっている。

  • 1 ウ・メドヴィードクー  U Medvídků。電話番号:+420 224 211 916、メール:。 1466年創業の歴史ある店。旧市街にありながらブドバー500mlが49Kčと比較的良心的。剣と魔法のゲームの世界のような、地下(半地下?)の趣のある店内でビールを飲むことができる。英語のメニューも用意され、外国人観光客も多く来ている。チーズやサラミなどのおつまみも充実している。ホテルにもなっており、ウェブサイトから予約をして宿泊することも可能。 不明なパラメータ:「1」

泊まる[編集]

する[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]