世界遺産
41.00861116.512778フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
プッリャ州

プッリャ州(英語)Italian: Puglia、英語表記: Apulia)は南イタリア (英語版の地方です。人口400万人、イタリアの最東端に位置するレッチェ県のオトラント Otranto (イタリア語) の岬と隣国アルバニア (英語版は、アドリア海を挟んでおよそ72 kmしか離れていません。

県 Provinces[編集]

プッリャ州の地図

南イタリア地方は次の6つのプロヴィンスで構成されます。

  バーリ県 (英語版 (BA)
アルベロベッロは活気に満ちたナイトライフで名高く、州都は特徴的な古い港を構えていまふ。絵のように美しい旧市街は、トルッリ trulli (イタリア語)という石造りの素朴な建物がいくつも立っています。円形の土台に石のドライウォールを積み、屋根は四角く割った板石を階段上に並べた屋根は、一種の丸屋根を構成しています。州内でも限られた地域に典型的な古い様式です。
  バルレッタ=アンドリア=トラーニ (英語版 (BT)
壮麗なw:ja:カステル・デル・モンテ城砦 Castel del Monte は、教会や古城が立ち並ぶアドリア海沿岸部を見守ります。
  ブリンディジ (英語版 (BR)
ブリンディジ県内陸部の「白い町」オストゥーニにはブリンディジの港があり、興味深い建築物が多い。フェリー航路は隣国のアルバニアとギリシャへ向かいます。
  フォッジャ (英語版 (FG)
アペニン山脈にいだかれたガルガノ国立公園w:en:Gargano National Parkや点在する中世の小村、宗教的な聖地や謂れのある場所に巡礼路。基礎自治体のw:ja:イーゾレ・トレーミティ Isole Tremiti(イタリア語)はアドリア海に浮かぶ同名のトレーミティ諸島(Isole Tremiti)にあります。
  レッチェ (英語版 (LE)
強く印象に残るバロック様式の建築群と、好対照をなす小さな町々には祭りや伝統の豊かな民俗文化があふれます。オリーブの木陰から見下ろす浜辺には、息を飲む洞窟があり景観と探検を味わえるでしょう。
  ターラント (英語版 (TA)
歴史と博物館、美術館に彩られたターラントには、考古遺跡も多く、ギリシャ文明の遺構のほかに、資料の乏しいメッサピア人w:en:Messapiansの墓碑もあります(記録では紀元前6世紀から紀元前1世紀。)ビーチとすばらしい海の景色も自慢です。


都市[編集]

レッチェの夜景。ドゥオーモ広場
  • 1 Flag of Bari.svgバーリ (英語版 —(州都)アドリア海側で最大の都市。旧市街、ロマネスク様式の教会や麗しいビルが並ぶ
  • 2 アルタムーラ Altamura Wikipedia上のアルタムーラ — in the Alta Murgia National Park, famous for its Romanesque cathedral, prehistoric sites and its typical bread
  • 3 ブリンディジ Brindisi Wikipedia上のブリンディジ — elegant seafront on the Adriatic Sea, Roman age remains and two castles situated in front of the sea
  • 4 フォッジア Foggia Wikipedia上のフォッジャ — main centre of the plain of Tavoliere delle Puglie (Table of the Apulias), ancient Swabian imperial town
  • 5 レッチェ Lecce Wikipedia上のレッチェ — called the "Florence of the South" for its magnificent baroque churches and buildings, it also has Roman theater and amphitheater
  • 6 マルティーナ・フランカ Martina Franca Wikipedia上のマルティーナ・フランカ — main centre of Itria Valley with an old town characterised by typical white houses
  • 7 Bianco e Verde2.pngモノーポリ Monopoli Wikipedia上のモノーポリ — beautiful medieval port town on the Adriatic coast
  • 8 オストゥーニ Ostuni Wikipedia上のオストゥーニ — magic locality known as the "white town" for the color of its historical centre's houses
  • 9 ターラント Taranto Wikipedia上のターラント — ancient Greek city with a relevant National Archaeological Museum (MArTA) and many sights of different ages

その他の目的地[編集]

カステル・デル・モンテの城砦
  • 1 アルベロベッロ (英語版 — (literally "beautiful tree"), magic village known in the world for its famous "trulli" (UNESCO 世界遺産)
  • 2 アンドリア en:Andria — with the medieval fortress of Castel del Monte, built by Emperor Frederick II (UNESCO 世界遺産)
  • 3 ガッリーポリ (英語版 Wikipedia上のガッリーポリ — (meaning "beautiful city"), a fascinating old town situated on an island and sandy beach resorts
  • 4 en:Monte Sant'Angelo — characteristic village situated on the Gargano promontory, with the Longobard Sanctuary of San Michele (UNESCO 世界遺産)
  • 5 en:Otranto Wikipedia上のオトラント — the easternmost town of Italy and one of its most beautiful villages
  • 6 en:Specchia — one of Italy's most beautiful villages, in the heart of Salento
  • 7 en:Tremiti Islands — stunning archipelago in the Adriatic Sea

知る[編集]

プッリャ州は「イタリアのかかと」とも呼ばれ、地図で見る国の形がブーツに似ていて、そのちょうどヒールの部分に位置することを示している。

話す[編集]

コリリアーノ・ドトラントの城砦(Choriàna)。この街では今もギリシャの地方語グリコ語(英語)が通じる。(レッチェ県)

プッリャ州を心ゆくまで味わうには、イタリア語がマストでしょう。英語は通じないことはないですが、わりに曖昧に使われています。

プッリャ州の中央から北の人々はナポリ方言系の地方語で日常会話を交わしています。例えばサレントではシチリア語の地方語サレンティーノ弁(Salentìnu)を話します。いずれも公用語ではないため、道路標識には地方語と標準イタリア語を併記していないものの、レストランや食堂の名前が地方語で書いてある場合もあります。お年寄りとの会話では地方語の魅力に触れることができ、それぞれの地域固有のお国柄に目覚めるかもしれません。

イタリア憲法の定めるところでは、プッリャ州の少数言語のうち3つを公認しています。グリコ語(ギリシャ語系)はレッチェ県南部の9都市に話者が1万人。Arbëresh(アルバニア語系)はばらばらの3都市に話者が暮らしまさ。w:ja:アルピタン語の話者はフォッジャからイルピニアにかけて2つの山村にいるが1000人を切ります(※=ファエトw:ja:チェッレ・ディ・サン・ヴィート)。いずれの地方語も中世の定住離散の結果、現在まで伝承され、それぞれのコムーネでは地元の行事または旅行者向けパンフレットの話題として取り上げるにとどまります。

着く[編集]

飛行機で[編集]

バーリ国際空港はイギリス、ベルギー、ドイツを含む国際線が発着し、国内線はミラノ、ローマへ飛びます。

ブリンディジ空港はスイス線、イギリス線に加えて国内線が発着します。

イギリス発着にはRyanairロンドン・スタンステド空港あるいはマンチェスターManchesterからバーリ (英語版ブリンディジ (英語版へ飛びます。

英国航空の夏季ダイヤにはバーリ線があります。

鉄道で[編集]

ローマ発着の鉄道は所要時間およそ6時間、常に満席が続きます。事前に乗車券を有効にして席を予約するのをお忘れなく。

車で[編集]

域内は2系統の「アウトストラーデ」autostrade つまり有料道路が走ります。

自動車道の詳細な情報は、国道の情報サイトAutostrade per l'Italiaを参照してください。

バスで[編集]

Autolinee Marino is a bus company who offers efficient and affordable links from the mayor cities of Apulia to different destinations in Italy and Europe, such as en:Frankfurt, en:Grenoble, en:Lyon, en:Munich, en:Stuttgart, en:Zurich and others.

Marozzi is a daily bus service speedily linking Apulia with en:Irpinia, en:Campania and en:Rome.

Miccolis lines provide connections from many towns of the region to nearby en:Basilicata. This company also performs useful urban and intercity services.

船で[編集]

ギリシャ発着のフェリーは各社が運行しており、毎日数便が各港(en:Cephaloniaen:Corfuen:IgoumenitsaPatrasen:Zante)とバーリ (英語版ブリンディジ (英語版を結びます。

移動する[編集]

鉄道で[編集]

Ferrovie del sud est offers train and bus service in the region.

車で[編集]

州道 Strade statali(トランク道路)を走ると、内陸部の目的地や、この州と接する地方への移動に便利である。

  • Strada Statale 7 Italia.svg — アッピア街道 Via Appia :ターラント–ブリンディジ
  • Strada Statale 7ter Italia.svg — サレント線 Salentina :ターラント–レッチェ
  • Strada Statale 16 Italia.svg — アドリアティカ線 Adriatica :ガルガノ地区–オートラント地区
  • Strada Statale 90 Italia.svg — プッリェ道路 Strada delle Puglie(「プッリャの幹線道路」):フォッジャ–イルピニア (英語)ナポリ
  • SS バーリ (英語版-レッチェ (英語版 — 州都圏からサレント方面を結ぶ便利な自動車道。未開通部分あり。
  • Strada Statale 101 Italia.svg — サレント線ガッリーポリ方面 Salentina di Gallipoli:レッチェ–ガッリーポリ (英語版
  • Strada Statale 106 Italia.svg — イオニカ Jonica:レッジョ・ディ・カラブリア(英語)–トーラント、イオニア海沿いの景観道路。(※=「イオニカ」はタラントの山羊の品種名。)
  • Strada Statale 172 Italia.svg — トゥルッリ道 dei Trulli カサマッシマ(英語)–トーラント、イトリア渓谷からアルベロベッロ (英語版とロコロトンド(英語)を抜ける
  • Strada Statale 274 Italia.svg — サレント線メリディオナーレ方面 Salentina Meridionale:ガッリポーリ–プッリャ州最南端

観る[編集]

w:ja:ファエート Faeto はアペニン山脈の山懐にいだかれた小村です。特産品はハムで、地方語はスイスとフランスにかけて広がるw:ja:アルピタン語です。

見所たっぷりのプッリャ州でも、アルベロベッロ (英語版のなら古い建築トゥルリなど、バーリ県 (英語版の古都トラーニ、ビーチならモノーポリを訪れたい。

Forests and mountains cover Gargano ("the spir of Italy") and Daunian Apennines, on the border with en:Irpinia. Other popular tourist sights are the Castellana Grotte, the Castel del Monte, the castle of Frederick II, Polignano a Mare, Ascoli Satriano, Conversano, Martina Franca, and Ostuni, the "white city".

Santa Maria al Bagno is a small fishing village, district of Nardò, on the coastline of the Gulf of Taranto, on the west coast of the Ionian Sea. It has beautiful unspoilt beaches all along the coast. Santa Maria al Bagno is approximately 45 min travelling time by car from en:Brindisi、バーリから1時間半。

する[編集]

Take a bike tour along the coast. Apulia has an extensive network of small country lanes making it ideal for biking.

祭り[編集]

タランタの夜音楽祭 Notte della Taranta の最後のコンサート(w:ja:メルピニャーノ Melpignano

毎年恒例の祭りの行事には見逃せないものがいくつかあり、特筆するべきものは下記のとおりです。

  • タランタの夜(音楽祭)Notte della Taranta 外部リンク (タランタの夜民謡祭)、 +39 0836 439008。 「A large itinerant festival of popular Salento music (Pizzica and Taranta) that takes place in the first half of August, culminating in a final open-air concert in the municipality of w:ja:メルピニャーノ(英語), province of Lecce. The night of the great concert (concertone) has each year a different national-famous music director and involves more than 100.000 spectators. タランタの夜音楽祭 (Q1847655) on Wikidata Wikipedia上のNotte della Taranta

A large number of minor local festivals (sagre) take place in every area of the region, especially during the summer season, representing a truly immersive way to discover local food and music.

買う[編集]

食べる[編集]

特産品は「オレキエッテ」 orecchiette というパスタの仲間、羊のチーズ「カッチョカヴァッロ」 caciocavallo と「ファエトの生ハム」 prosciutto di Faeto

w:ja:チステルニーノ(英語)まで足を伸ばすなら、分離集落のカッサリーニには素敵な食事どころが何軒もある。観光都市オストゥーニ(英語)よりも料金は安め。

泊まる[編集]

繋がる[編集]

安全に過ごす[編集]

この地方は安全に全く不安がありません。バーリフォッジャターラントのような都市部でもスリの遭遇率は低いでしょう。

出かける[編集]

en:Ariano Irpino (named as Ariano in Apulia until 1930) is a characteristic town located astride Apennines along the statal road SS90 connecting Apulia to en:Naples, the ancient Kingdom's capital. Ariano Irpino was a relevant city in the Middle Age within the Duchy of Apulia: there King Roger II convened the Assizes of Ariano in 1140 and minted ducats. Today Ariano Irpino preserves the Norman Castle where King Roger II lived in; the castle, surrounded by a wide public park, still overlooks the mountain pass between Apulia and Campania with very panoramic views. Within the castle is housed a Norman Museum with other museums and churches (particularly the Romanic Cathedral) being scattered in the town, where both local art and cuisine mingle Apulian and Campanian elements.