世界遺産

提供:ウィキボヤージュ
アジア > 東南アジア > ベトナム > フォンニャ=ケバン国立公園

フォンニャ=ケバン国立公園

ナビゲーションに移動 検索に移動

フォンニャ=ケバン国立公園
フォンニャ洞窟入口

フォンニャ=ケバン国立公園(フォンニャ=ケバンこくりつこうえん、Vườn quốc gia Phong Nha-Kẻ Bàng / 𡑰國家峰牙-己榜)は、ベトナムのクアンビン省にある国立公園である。2003年7月3日、ユネスコによってベトナムで5番目となる世界遺産に登録された。4億年以上前にできたとされるアジア最古、世界最大の岩山が集まる地域。

知る[編集]

フォンニャ=ケバン国立公園は、約86,000haの面積をもつ。公園の94%は原生林で、専門家によると568種の植物、876種の動物(大きな獣類113種、爬虫類と両生類81種、魚類72種、鳥類259種、鳥類302種)が生息しているという。植物には世界とベトナムのレッドブックに入っているものも多い。 大小約300の洞窟がある。これらはまだ詳しく調査されていないが、フォンニャ洞、ティエンソン洞、ヴォム洞など一部が開発されている。洞窟はそれぞれ多様で、鍾乳洞は非常に美しく幻想的だ。 英国のロイヤル地理学会の報告によると、フォンニャ洞の長さは7,729m、その美しさ、大きさ、広さなどから最高の評価を与えられている。 ドンホイからは国道1A号線を逆に5km程進み、ソンチャック村に続くチューンソン通りを左方向へ、その後船でソン川を30分程進むと到着する。

観る[編集]

コースが三つあり、それぞれ色々な見所がある。ボートでの航路は、洞窟が沢山あり一番低くて頭が天井についてしまうほど。洞窟の中ではお酒の樽が奥に置いてあったりなどと言った温度を利用したものがある。途中でお寺などが立っており、そこではボートを降りて見学することができる。非常に美しく、大自然が広がっている。雨が降った後だと水が透明で底まで見えるほど。

外部リンク[編集]