地図情報源
10110フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
東南アジア


東南アジアの地図

東南アジア(とうなんあじあ)はアジアの内南東部にあたる地域のことを表す。マレーシアなどの島々とベトナムなどのインドシナ半島から構成されている。

地域[編集]

  ブルネイ
石油が豊富なボルネオ島の小さなスルタン州は、ほとんど観光客が訪れませんが、静かで美しいモスク関連の遺跡が多くある。
  カンボジア
アンコールなどと言った、かつて強大な力を持ったクメール帝国の遺跡が残る古都は、数十年続いた戦争から今もなお復興を続けている。
  東ティモール
ティモール島の東半分にあるこの国は、昔はポルトガルの植民地で、ダイビングができる綺麗な海とこの地域の独特の文化を持っている。
  インドネシア
16,000以上の島々を持つ世界最大の列島国家。イスラム教徒が多い国であるが、ヒンドゥー教や仏教文化の影響を深く受けている。
  ラオス
この地域における唯一の内陸国であり、最も人口が少なく、主に仏教徒が多いラオスには、素晴らしい自然の景観と魅力的なのんびりとした町並みとなっている。
  マレーシア
クアラルンプールの高層ビルからボルネオのジャングルに住む部族まである多文化国家。
  ミャンマー
もともと大英帝国の一部であったこの国は、古代から民族の多様性が驚異的で、現在は厳格な軍事政権から独立を果たして、観光業も開放されている。
  フィリピン
非対立と年長者へ敬意を示すというアジア地域の伝統とスペインの「マチスモ」さらにロマンと洗練という複数の考えを融合させたとても独特な文化を持っており、この地域では最大のキリスト教の国でもあり、そしてなにより7,641もの島がある2番目に大きな群島で、美しいビーチ、赤道付近の国特有の暖かさを持つ島々。セブ島ボラカイ島などがある。
  シンガポール
豊かで清楚で整然とした島にある都市国家で、華僑・華人が多数を占めているが、マレー系やインド系の人々の影響力も強く、この地域の主要なビジネスと金融の中心地となっている。
  タイ
西側で広がっていた植民地化を唯一免れていたこの国は、熱狂的な都市、綺麗なビーチ、仏教王国の優雅な遺跡と豊かな文化、さらにはおいしい料理で知られており、訪問者が一度行くのでは足りないといって何度も旅行に来る非常に人気のある目的地。
  ベトナム
世界で最も急速に成長している経済国で、資本主義への道を歩んでいるベトナムは、東南アジアと中国の文化が融合しており、自然と文化の両方が非常に多様性に富んでいる。
東南アジアの地図

都市[編集]

シンガポール

知る[編集]

東南アジアは、世界で最も人気のある観光地の1つです。ここにある国のいくつかは人気の観光地の条件をすべて持っています

  • 熱帯の気候 (一年中暖かい、または暑い)
  • 豊かな文化
  • 豪華なビーチ
  • 素晴らしい食べ物
  • 物価の安さ

歴史と政治は複雑ですが、そのほとんどは非常に安全で、移動も簡単です。

話す[編集]

着く[編集]

移動する[編集]

観る[編集]

東南アジアには、旅行に最適の地形や景観がたくさんある。ラオスのバンビエンのカルスト地形やフィリピンのボホールのチョコレートの丘、ベトナムにはフォンニャ・ケ・バンの洞窟や岩窟などがある。タイのアオパンガー(Ao Phang Nga)の石灰岩や、ベトナムのハロン湾やインドネシアのラジャアンパットのカルストも見逃せない。サーフィンのできる広いビーチや地域特有の水中生物もある。

する[編集]

買う[編集]

ベトナムの水上マーケット

東ティモールを除いて、すべての東南アジアの国は独自の通貨を持っています。米ドルは東ティモールの通貨であり、カンボジアとラオスの非公式通貨であり、(多額の支払いの場合)一部の東南アジアの都市で広く受け入れられています。

ユーロも主要都市で広く受け入れられていますが、レートがドルほど良いことはめったにありません。

タイバーツは、カンボジア、ラオス、ミャンマーで広く受け入れられています。シンガポールとして東南アジアの主要な金融の中心地であると考えられているシンガポールドルは、ピンチ状態にある場合、主要な観光地で一般的に受け入れられますが、換算率はそれほど有利ではない可能性があります。

東南アジア通貨の為替レートは、地域外では非常に低い傾向があるため、到着後に換金することをお勧めします。

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

健康を維持する[編集]

Respect[編集]