シンガポール

提供: ウィキボヤージュ
アジア > 東南アジア > シンガポール
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンガポール

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

シンガポール英語:Singapore、マレー語:Singapura、中国語:新加坡、タミル語:சிங்கப்பூர்)は、東南アジアの都市国家。現代のシンガポールは、1819年にイギリスの貿易植民地として設立され、独立後は世界で最も繁栄した国の一つとなり、世界でも有数の港を誇っている。シンガポールの食べ物は伝説的なもので、賑やかな小飲食店街(ホーカーセンター)や24時間営業のコーヒーショップでは、アジア各地の食べ物が手頃な価格で提供されている。高層ビルが立ち並び地下鉄が発達した近代的で豊かな街に、中国、マレー、インドの各文化の影響が混ざり合い、南国の気候、おいしい食べ物、ショッピング、活気あふれるナイトライフが融合したこの田園都市は、この地域で立ち寄るにも、この地域に足を踏み入れるための中継地としても最適な場所である。

この国の、驚きがなく不毛な国という評判もある程度当たっていて、ウィリアム・ギブソンに「死刑制度のあるディズニーランド」とか「国連の議席を持つ世界で唯一のショッピングモール」と揶揄されるほどである。それにもかかわらず、このアジアのスイスは多くの人にとって、東南アジアによくある貧困、不衛生、混沌からの歓迎すべき休息の場となっている。しかし綺麗な上辺を引きはがし、観光客のお決まりのコースから離れてみれば、普通に目に入る以上のものが見つかるであろう。

地域[編集]

シンガポールは「小さな赤い点」と呼ばれることもある(元々はインドネシアの故B.J.ハビビエ元大統領による蔑称だった)。シンガポールは、600万人近くの人口を持つ小さな島にある小さな国。この国はかなり混雑した都市であり、実際、世界で最も人口密度の高い国としてモナコに次ぐものである。他の多くの人口密度の高い国とは異なり、シンガポールは国土の50%以上が緑に覆われており、50以上の主要な公園と4つの自然保護区があり、まさに魅力的な庭園の中の都市である。清潔で近代的な中心部を中心に、島のあちこちにすべてが揃った大規模な住宅街が広がっている。街の中心部は南側にあり、オーチャード街のショッピングエリア、リバーサイド、新しいマリーナ・ベイ地区、高層ビルが立ち並ぶシェントン・ウェイの金融街などで構成されている。これらすべては略語が好きなシンガポール人にCBD(Central Business District)、あるいは単にタウンと呼ばれている。

中心部[編集]

シンガポール中心部の地図。地図画像

  リバーサイド (市民の地区 Civic District)
シンガポールの植民地時代の中心部には、博物館、彫像、劇場、レストラン、バー、クラブなどがあり、シンガポール川に沿ったボート・キー(Boat Quay)とクラーク・キー(Clarke Quay)を中心にしている。
  オーチャード街
エアコンの効いた数マイルも続くショッピング・モール。東端のブラ・バサ地区では芸術と文化のプロジェクトが進行中。
  マリーナ・ベイ
統合型リゾートのマリーナ・ベイ・サンズ(ホテル、カジノ、ショッピングモール、コンベンションセンター、博物館)、近未来的な公園であるガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)、貯水池を利用した公園であるマリーナ・バラージュ(Marina Barrage)が占めている。アジア最大の観覧車シンガポール・フライヤー(Singapore Flyer)や総合芸術文化施設エスプラネード・シアター(Esplanade Theatres)とともに、マリーナ・ベイは新たなシンガポールの象徴的なスカイラインを形成している。
  ブギスとカンポン・グラム
ブギス(Bugis)とカンポン・グラム(Kampong Glam)はシンガポールの旧マレー地区で、昼間はショッピングに適しているが、特に夜になると活気が出てくる。
  中華街
イギリスの植民地行政官でありシンガポールの創設者であるラッフルズによって中華居留地の指定を受け、現在は観光客に人気の中国遺産エリアとなっている。復元されたショップハウスは、地元の人や外国人のためのおしゃれなたまり場になっている。
  リトル・インディア(Little India)
シンガポール中心部の北側にあるインド人街。

周辺部[編集]

住所表記[編集]

中心部ではシンガポールの住所は西欧式(例えば 17 Orchard Road)だが、郊外の住宅地では少し複雑になる。典型的な住所は "Blk 505 Jurong West St 51 #01-186" のようになる。"Blk 505" は住居区番号(Blk=Block)、"Jurong West St 51" は通りの名前と番地、"#01-186" は階と部屋や店の番号である。住居区と通りの番号の頭の数字(この場合は 5)は地区番号で、場所を簡単に絞り込めるようになっている。この他に6桁の郵便番号があり、通常は一つの建物に対応している。例えば"Blk 9 Bedok South Ave 2" は "Singapore 460009" に対応する。最後に、住所によく使われるマレー語がいつくかある。JalanJln)は道、LorongLor)は小路, Bukit (Bt) は丘、Kampong (Kg) は村を意味する。

次のサイトは住所を検索するのに便利である: StreetDirectory.comGoThere.sgOneMap.sg。 検索するときには頭の "Blk" と最後の階・部屋番号は省略し、"505 Jurong West St 51" のように入力する。