Wikivoyage:記事のスケルトン/節

提供: ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動

このガイドにはウィキボヤージュの標準的な記事スケルトンごとに、それぞれが備えるべき情報は何か述べます。もし特別な事柄を書こうとしていてそれを書く項目名を調べるには、どこに書けばよいか (英語版地理的階層を参照してください。書きたい記事の分野が決まっているなら、その記事がそなえるべき節の一覧は記事のスケルトンのテンプレート集 (Article skeleton templatesにしたがいます。また、個別の記事スケルトンにも、それぞれの記事固有の情報が詳しく示してあります。なお、個別の記事スケルトンを見ない場合で、今まで作成されていない分野の記事を作成する際はあらかじめ水茶屋などで合意を取りましょう。そうすることで1つだけ分野の異なる異質な記事が存在してしまうことを防ぐことができます。

導入部[編集]

これは1つの節ではなく、記事の一番初め、つまり初めのセクションとバナーの間に書かれる文です。

目的地の記事には、行き先の特徴を示す情報を簡潔に書き、旅行者に記事の主題が伝わるようにします。その記事を地理的階層 (英語版で調べ、親階層へリンクを置きます—たとえば「地方」の記事ならば「国」の記事にリンクを書きましょう。

当該の区域の大まかな東西南北の境界など、詳細な情報を示すと、やはり文が増えます。興味を引きつけるいろいろな情報を書くのもよいですが、歴史や文化その他の詳しい情報は「知る」節をメインに記しましょう。導入部にはあくまでも簡単な「概略」を書くのみに。


検索エンジンの多くは、記事の導入部分の文章をヒットした記事名の下に表示させます。

地域[編集]

記事の分野によってセクションの名前が変わります。原則として、大陸の記事では「地域」、大陸の区分(名称変更の可能性あり)の記事では「国と地域」、国の記事では「地方」、地方の記事では「県」、県の記事では「都市」となります。ただし、「州」「県」「郡」「province」「小郡」など地理区分に例外がある(例えば国の子階層が地方ではない)場合もありますので、Wikivoyage:地理的階層/各国の地域区分をご覧の上、記事の一つ下の階層になるものを列挙しましょう。

ただし、子階層が1つしかない場合、このセクションを設ける意味はありません。

詳細な情報はそれぞれの地域の記事に書いてください。また地域をさらに細分化するほうが適することもあります。

特定の地域 (area) を一般的な地方に分ける場合、指標になるページは「地理的階層」((英語))です。当セクションに地方の記事についての概要を書き、詳細は張ってあるリンク先に書くようにします。

それぞれの地方ごとに簡単な説明文を添えてください。書き方はWikivoyage:単文の箇条書きのヒント(英語))を参照してください。その際に、Template:Regionlistが役立つでしょう(外観統一のため、特に理由がない場合はこのテンプレートを使用すること)。


都市[編集]

国・地方・県など、国以下県以上の階層の記事にのみ適用。定住地が一つもない場所の記事を除いてこのセクションは必須です。

国或いは国の中の地域には、都市はあれど地方はないという場合があります。その場合は無理に地方やその子孫階層を作ったりせず、国の記事にこのセクションを設けて一覧にしましょう。そうしない場合には、その地域の都市を国の記事にすべて書き出すのはやめてください。この場合、主要都市を★ABC順に一覧にしてください。並び順について、行政上の国・国以下の地域下層(例:アメリカの州)に従う場合は1件目に首都を記します。

国以下都市以上の階層で最下の階層の記事では(例:アディロンダック (英語))、ページ内の「都市」節を地理ごとに分割してレベル3見出しを書く方法があります。これにより下位分類ごとに別ページを立項せずに済み、一覧の管理の手間を省けます。そうでない(国以下県以上で最下層でない)記事については、主要な都市のみを挙げ、一覧が煩雑にならないようにしてください。

それぞれの都市には忘れずに簡潔な説明文を添えます、その書き方はWikivoyage:単文の箇条書きのヒント (英語版を参照してください。


その他の目的地[編集]

国と地方の記事にのみ適用。オプションですが、「他の目的地」 Other Destinations の記載がひとつもない場合のみ作成。

地域によっては、目的地はあっても都市ではない場合があります。例をあげるなら、広大な国立公園のグランドキャニオン(英語)あるいは考古学的な遺跡アンコールワット(英語)などです。これらの目的地を★ABC順に一覧にするについて、上限は9件とします(英語)

それぞれの目的地ごとに忘れずに 1–5 文の説明文を添え、書き方はWikivoyage:単文の箇条書きのヒント(英語)を参照してください(上位の項目の説明は簡略に。)

地区[編集]

特別都市 Huge City の記事にのみ必須とし、★他の地理的分類には使いません。

個別の特別都市 huge city の記事を構成する主な要素は、その下位分類の地区 individual district の記事に詳しく書きます。この節には地区の一覧をまとめ、それぞれ個別に短い紹介文を添えます。旅先としてどんな特徴があるか、その地域はどんな居住圏で構成されるかなど、旅行者に伝わるように書きます。一覧に載せた地区 district 同士には明確な境界線が欠かせず、ほかのウィキボイジャーが新しい一覧を作るとき、迷わずに配置先を選べるようにしてください。地区の記事がどんな構造か理解するには、地域のテンプレート(英語)を参照してください。また、地理的階層も役に立つでしょう。

知る[編集]

目的地の記事にはすべて書くよう推奨されます。国、地方、大都市、特別都市、公園の記事には必ず書いてください。

ページのこの節には目的地の背景情報をやや詳しく記します。これといった定型はなく、読者に知識を授ける段落形式をとり、その土地らしい彩りで風味を付けたり、その目的地が他と異なり独自性があるか説明します。

目的地の種別により内容の幅がかなりあります。国であれば文化、国民や民族、他国との外交関係を書くと役に立ちます。都市であれば、同じ国内でも他よりユニークな点に注目します。ただし他の節から情報を写してはいけません。また、下位レベルの情報は詳しく書きすぎないことが肝心で、項目同士の関係を述べるにとどめて詳細は地方 region もしくは都市 city のページに譲ります。

「知る」には基本の下位項目(小見出し)がいくつかあり、以下のいずれもオプションです。

  • 〔位置 Orientation〕(地理、都市の記事用)
  • 〔名称/地名 Name〕
  • 歴史
  • 〔国民/住民/人々 People〕(国と地方 region の記事用)
  • 気候
  • 話す(都市と一部の地方の記事用)
  • 祝祭日(国の記事用)
  • 〔読む Read〕(旅行ガイド以外の書籍。目的地に関するアイコン代わりの読み物 iconic literature 。)
  • 観る(旅行のドキュメンタリー番組、映画、シリーズ番組。動画サイトへのリンクは除外。)
  • 〔ビジター向け情報/旅行者向け情報 Visitor information〕 (〔観光情報センターや連絡先情報 for tourism information offices and contact information〕)

必要に応じて、他の項目を追加してください。

どの情報も基準は旅行者にとって便利かどうかという点に留意します。一例として「歴史」節はウィキペディア並みの詳しさを求めず、特定の場所やイベントが旅行者の中で大きな歴史の区切りと結びつくように配慮します。「気候」は気象学者の目線ではなく、旅行者が知っておくべき情報を用意します。

話す[編集]

国と地方の記事に使い、国の記事では必須です。都市、公園、〔郊外 rural area 〕の記事ではごく稀です(「知る」の小見出し限定です)。

その〔土地 area 〕で話されている言語について説明を書いてください(複数あればそれぞれ)。英語その他の通用度は?(例:ベトナムにおけるフランス語)また、「書く」事についての説明も需要があるでしょう—旅行者はバイリンガル地図が必要ですか? 言語が複数あるなら、会話集へのリンクはしばしば便利です。英語しか公用語がないなら、そう記せば十分です。

国の記事を除くと、周辺の国とは異なる言語のみ話題にします。あまり書くことがないなら、「知る」節の小見出しに「話す」を置いてもかまいません。特筆すべきことがないなら、そもそも見出しを作らないでください。

着く[編集]

目的地の記事すべてに使えます。例外は唯一、最上位の地球規模の目的地 (英語)の一覧には不用です。

目的地に行くための情報を書く節です。

国や地域に個別の出入国管理制度がある場合は、ビザ(英語)その他の法律の情報を書きましょう。また国境を越える(英語)ときに守るべきことを記します。

ここに書く情報は、基本的にひとつ上位の同じ階層にある場所を取り上げます。一例として行く先をカリフォルニア州(英語)にするのは、陸路のルートをたどって到着できるアメリカ(英語)国内の各地(オレゴン州(英語)ネバダ州(英語)アリゾナ州(英語))と国境を接するメキシコ(英語)に限定します。特定の都市へ着く場合は、国内のどこか遠隔地ではなく、近隣からの方角を示すことと、出入国管理所を通過するなら概要だけ書き、詳細は省きます(内容を書くのは「国」の記事だからです)。

「着く」節は小見出しを設けて下位項目をまとめ、目的地へ通じる主な交通手段を個別に、また★頻用度順に並べます。これら小見出しの名前は以下に統一します(順は不同でよい)。

  • 飛行機で
  • 鉄道で By train
  • バスで
  • 〔車で/車両で By car〕(公共交通機関ではないエンジンがついた乗り物すべて)
  • 船で(「フェリーで」も可)
  • 〔親指で/ヒッチハイクで By thumb〕(ヒッチハイキングのこと)
  • 自転車で By bicycle
  • 〔徒歩で/歩いて By foot〕(ウォーキングのこと、まれに使用)

料金と入国証[編集]

公園の記事に使用します。必須。

移動する[編集]

目的地に行くための情報を書く節です。すべての目的地の記事に必要で、例外は地域 District の記事のみです。

目的地に到着後の移動手段について一般的な情報を書きます。利用できる交通機関を大まかにまとめてください。飛行機・鉄道・バス・長距離タクシー・船など 。記事が広い範囲を述べている場合は、共通する情報を書くようにして、個別の特筆すべき情報は階層(英語)の下位の記事に示します。

見出しは必ず移動するに統一します。その階層で書くことに意味がない、その目的地に該当しないなら書かないでください。

観る[編集]

どの目的地にも使え、すべての目的地の記事に必須です。例外は地域 District の記事のみです。階層が上位の地方 regions には必須、階層が下位の場合はオプションです。もし観光スポットと活動の区別が難しいもしくは不要な場合は、「する」と組み合わせてもかまいません(例:遊園地や公園あるいは非常に面積が狭い目的地の場合)。

地域内の観光スポットを書きます。見どころは本質的に話題性ではなく、季節や時代が変わっても見に行けるものを含めます。美術館や博物館、動物園や公園、〔名所旧跡/ランドマーク landmark 〕などがその例です。〔名勝地/絶景の場所 views〕や展望台も「観る」に分類されます。

この節は個別の観光スポットを一覧にするためにあります。この項を書く際には必ずリスティング(英語)を使いましょう。 「観る」を使うテンプレートが小都市、大都市、地区、公園の場合には短いまとめを書くのみとし、個別の観光スポットについて詳しく書きません。非常に有名で誰もが行きたがる観光スポットや見逃すべきではない見どころなら、必ず対象のページにリンクを張り、どこに詳しい情報をリスティングしたか示します。

目的地によっては、あまりにも観光スポットが多くて全てをリストにできないことがあります。その場合は複数のよく似たものを、〔名所旧跡/ランドマーク〕ならそれを1項目として、また美術館や画廊ならそれらを「美術館・画廊」1項目にまとめて説明します。

旅程[編集]

どの目的地にも使えます。オプションですが、「出かける」節に特に書くべきことがなかった場合に限定して使います。

これは「観る」の小見出しとして設け、目的地に関連した旅程(英語)を示します。プラン別に単文の箇条書きのヒント(英語)を参照して記述します。

する[編集]

どの目的地にも使えます。すべての事例で必須とします。例外は「地方」のページで、上位の「地方」ページに強く推奨され、下位の場合はオプションです。もし観光スポットと〔アクティビティー・活動〕の区別が難しいもしくは不要な場合は、「観る」と組み合わせてもかまいません(例:遊園地や公園あるいは非常に面積が狭い目的地の場合)。

地域内の〔アクティビティー・活動 activitites 〕を書きます。活動には本質的に体を動かす特徴があり、加えて日程がきまった物事でもあります。一例としてスポーツ(参加も観戦も)、カジノや劇場、見学ツアーが含まれます。ハイキングやボート漕ぎ、スキーなども「する」に分類します。

「する」を使うテンプレートが国、地方、特別都市の場合には短いまとめを書くのみとし、個別の観光スポットについて詳しく書きません。非常に有名で誰もが行きたがる観光スポットや見逃すべきではない見どころなら、必ず対象のページにリンクを張り、どこに詳しい情報をリスティングしたか示します。

記述はProject:リスティング(英語) にしたがいます。

学ぶ[編集]

どの目的地にも使えますが、任意に追加してください。使う場合は主に国、大都市、地区 District の記事が対象。

目的地が広域の場合は、外国からの旅行者が関心を持ちそうな語学やカルチャー系その他の科目がある教室やスクールについて、必ず「一般情報」のみ示します。都市のガイドには詳しい情報も載せられ、ユニークな学びの体験も寄せてください。地元の大学をただ載せるだけでは不十分です。旅行者にとって特に価値がある場合に限定します。 もし地元の大学の見どころが建築の面あるいは音楽堂や付属博物館、大学美術館なら、むしろ所在地の都市の観光スポット (「観る」)または〔活動・アクティビティー〕の節に書く方がふさわしいかもしれません。

働く[編集]

どの目的地にも使えますが、主に国の記事に該当します。オプション。

旅行者にとって、その一帯でどんな働き先がありますか? 職種、労働ビザ、ボランティアはできるか、どこで相談するか。プロジェクトの趣旨(英語)を十分に意識してください。「学ぶ」のも「働く」のも長期間の居住者や定住した移住者ではなく、あくまでも旅行者を対象した内容を書いてください。

買う[編集]

どの目的地にも使えます。国と都市のページに必須で、その他に用いるかどうかはオプションです。

この節はそのページがどの階層(英語)にあるかによって左右されます。国のページにこの節を設け、通貨や両替、値切りの文化、関税や税金、あるいは母国からの送金を受け取る方法を説明します。

国以外のレベルの場合、この節にはその一帯で購入できる品物の情報を示します。地方と特別都市の記事では一般論を書き、詳細なリスティングは小都市や大都市、地域や公園の記事に限定します。

最下位のレベルの記事なら商店街やショッピングセンター、市場には書くべきことが1件ということが普通で、そこに入った個別のテナントやサービスはごく短く述べます。

別の施設内(空港、テーマパークなど大規模施設)にある店舗、美術館や博物館のショップは通常、個別に記述しません。もしその店舗を目当てに行く価値があるなら、例外として記します。

特定の通り沿いあるいは一角に同じ業種の店が数軒集まっているなら、1項目にまとめて記述します。

通常、大都市ならびに地域のページには店舗が多くて書ききれないものです。項目を立てて個別の店舗を記述する決め手には、次の条件があります。

  • 建物そのものが建築史上その他の理由で、特筆性がある、または
  • 規模が大きい(デパート、大型商業施設その他)、または
  • 独自性がある(地元の独立店舗で特徴的な商品ほかを提供していて、全国展開していて品揃えも代わりばえしないチェーンストアなど平凡な場所(英語)ではない)、または、次のいずれかに該当します。
  • その都市または地域では、その業種の店舗はその1軒しかない、または
  • 値段がお得、品揃えがよい、場所が便利、営業時間が長いなど。

対照的に、人口が非常にまばらな場所や遠隔地の場合、食料品や燃料あるいは修理の手配その他の必需品を入手するなら「ここ」で買わないとその先の数百kmにわたり「店はない」、もしくは域内の店舗はそこが「唯一」という場合は提示します – 大都市なら豊富に供給され、わざわざ記す必要がない商品やサービスかもしれません。

食べる[編集]

どの目的地にも使えます。すべてのページに必要で、地方のページのみ例外とし、上位の地方には採用が強く推奨され、下位の地方ではオプションです。

場所に固有の食文化を解説します。できるだけ共通点の解説だけにしますが、下位レベルの記事では反対に個別の飲食店の営業情報を載せる必要があります。一般論として、旅行者が期待するべき(あるいは避けるべき)飲食店のタイプを必ず示します。国の代表的な料理、地方料理、その土地ならではの郷土料理、さらに菜食主義者その他の特別な食事制限のある人々向けのお役立ち情報を加えてください 。特定の国や地方に書くべき料理が多いなら、郷土料理の記事を立項しましょう(例:ババリア料理(英語)メキシコ料理 (英語)など)。

飲食店のリスティング(英語)は、必要に応じて価格帯や所在地または料理の種類で分類します。

惣菜やイートイン、デリを提供するなら、あるいはその一帯にほかに食事をできる場所がないなら、スーパーや食品店も記載してかまいません。

記事によっては食事処や食料品店が1軒もない自然公園や遠隔地が主題かもしれません(例:(英語))。この場合「食べる」節には、旅行者は弁当を用意するように書く必要があります。非常に沿革な場所にはさらに特記事項を添え、食料品をクマ(英語)から守る方法などを示します。

大都市やその地域では飲食店や食料品店が多すぎて書き切れないかもしれません。個別の店舗を記述する決め手には、次の条件があります。

  • 建物そのものが建築的、眺めがすばらしい、生演奏を提供するなどの理由で店そのものに特筆性がある、または
  • グルメの権威のお墨付きがある(例:『ミシュランガイド』の星が付いた場合は明白)、または
  • その都市または地域で、その料理またはコンセプトを提供する唯一の店である、または
  • 面積が広くメニューの種類が多い(例:スーパーや商業施設内のフードコート、市場の中など)、または
  • 値段がお得、品揃えがよい、場所が便利、営業時間が長いなど。

別の施設内(空港、テーマパーク、大規模商業施設、ホテルなど)にある飲食店や食料品店は通常、個別に記述しません。もしその店舗を目当てに行く価値があるなら、例外として記します。

飲む[編集]

どの目的地にも使えます。オプション。

場所ごとに固有のナイトライフを紹介します。 概要のみを書きますが、下位レベルの記事では反対に個別のバー・ナイトライフの営業情報を載せる必要があります。この節ではナイトライフが特に充実している一帯、またはその土地ならではの音楽を聞かせる店舗ほかについて情報などぜひ述べてください。また周辺の地域と異なるようなら、地元のバーやクラブで常識とされるマナーを説明します。

リスティング(英語) バーとナイトライフのリスティングは必要に応じて価格、対象の観衆、サービスのタイプで右記を例に分類します — ピアノバー、コーヒーショップ、ダンスクラブなど。

都市と地区の記事では、ページには店舗が多くて書ききれないものです。「食べる」節の分類がガイドラインになります。1本の通りや飲み屋街に並んだ小規模な店は、通常は1項目にまとめます。

泊まる[編集]

どの目的地にも使えます。すべてのページに必要で、地方のページのみ例外とし、上位の地方には採用が強く推奨されますが下位の地方ではしばしば省略され、その場合は情報は都市もしくは地区のページに書き、個別のリスティングに分けて記すものとします。

宿泊施設の種別の情報(rooming houses、ゲストハウス、ホステル、ドライブイン、民宿(英語)別荘(英語) その他)は旅行者が出会う可能性のあるものを揃え、おおまかなかかくたいをそえます。関連の法規制も必ず説明します(たとえば外国籍の人は夏の別荘の所有が禁止されているとか、ホテルに宿泊する外国籍の客は当局に登録が必要など)

小都市、大都市、★郊外、公園と地区の記事にはリスティング(英語)の一覧が必要です。その他の階層の記事は基本的に詳細な説明を省くものの、全国フランチャイズや地域チェーンのホテル、割引プログラムの説明なら述べてください。

バーとナイトライフのリスティング(英語)は必要に応じて価格、対象の観衆、サービスのタイプで右記を例に分類します — ピアノバー、コーヒーショップ、ダンスクラブなど。

リスティングは必要に応じて価格、所在地または宿泊施設の形態によって分類します一例としてキャンプ場、オートキャンプ場、ベッド・アンド・ブレックファスト(朝食付きの素泊まりの民宿)はそれぞれ別に分類し、一般的なホテルやドライブイン、旅館とは区別することができます。

安全を確保する[編集]

どの目的地にも使えます。オプション。

訪問先の気象や文化に詳しくない旅行者に向けた注意事項を伝える欄です。犯罪と治安状態、自然災害、戦闘地帯や政情不安の地域その他、身に危険が及ぶことを書きます。緊急時に対応する国家レベルのホットラインや、地元で一般化している救急や警察・消防の緊急通報用電話番号はここに一覧にします。(日本の救急・消防の119番と警察110番、ヨーロッパの救急・警察・消防の112番、アメリカの救急・警察・消防の911番など)

健康を維持する[編集]

オプションですが国の記事には強く推奨されます。その他の記事では一般に、警戒するべきなら安全を確保する節に、地元の診療所や薬局なら困ったときは節に書きます。

この節には医療情報として地域の健康上の危険や診療所など医療機関、薬局などを記します。注意事項として、その国で感染症が明白に流行しているか、推奨される予防接種、医療機関の受診や医薬品を入手するために欠かせない書類などを書いてください。医療に関する緊急時に対応する国家レベルのホットラインや、地元で一般化している緊急通報の電話番号(ヨーロッパの112番、アメリカの911番など)は、ここに一覧にします。

Respect[編集]

どの目的地にも使えますが、ほとんどの場合、地理的階層の上位のみに該当します。オプションながら、国の記事には強く推奨されます。

ここには対象となる一帯でよくある旅行者の失敗を記します。世界の多くの地方で、身体や建造物、人物あるいはその他の事物の特定の部位や部分に関する習慣やマナーがあって、旅行者の出身地と異なる場合があります。半袖シャツあるいはショートパンツ姿で協会や社寺を訪れるのはやめたほうがよいでしょうか? 食事のとき左手を使っても OK ? お年寄りや子どもを大切にしたり、政府の役人に対する敬意の示し方は?

旅行者の大部分がすでに知っている情報や、さまざまな文化の共通点については省略します。それらは旅の話題の項目ですでに「尊重する(英語)という話題として記してあるはずだし、全ての国の記事に繰返す必要はないからです。

LGBT(英語)に関して小見出しを設ける場合もあります。

繋がる[編集]

どの目的地にも使えます。通常は都市の記事に用い、国の記事には必須ですが、その他の場合はオプションです。

この節は地理的階層のどこを対象するかによって左右されます。ここには連絡がつく状態を保つための情報を書きます。

国の記事において、電話回線と国際電話の国番号を記し、郵便事情やインターネットの接続状態を述べます。階層(英語)の会のレベルが主題の場合はもっと詳しく、たとえば Wi-Fi のホットスポット、その地元のスマホや携帯電話用の SIM カードや安売り店、インターネットカフェ、市外局番その他を説明します。

都市の記事にはしばしば公衆インターネット回線のアクセスポイントを羅列しますが、郵便局や小包の国際配送業者の説明をする場合もあります。図書館は公衆 Wi-Fi や共用のパソコンその他、通信用のインフラが使える場合に述べます。遠隔地で携帯電話の圏外、あるいはその他、通信手段に関する障害がある場合は、ここに示します。

困ったときは[編集]

どの目的地にも使えますが、ほとんどは地理的階層の下位の記事に示します。オプション。

この節は緊急事態以外のときに旅行者が利用しそうなサービスをまとめますが、おもな分類に当てはまらないものを集めます。理髪店や美容院、ベビーシッター、ペット用品やペットホテル、大使館や領事館、宗教施設や礼拝所など。

国の記事でもオプション扱いですが、もしこの節を設けるなら小見出しのサンプルは以下のとおりです。
"領事業務" 欄には詳細情報を記した都市の記事へのリンクを書き、特に所在地がわかりにくい場合など、大使館領事館の一覧がどこにあるか示します。
"新聞" 特に英語が公用語ではない国で、地元発行の英字新聞について
"ラジオ" 特に英語が公用語ではない国で放送する地元の英語放送、あるいは BBC やドイッチェ・フェレなどの国際放送が聞けるなら一帯の AM/FM 局の周波数

Nearby[編集]

対象は小都市の記事のみで、標準化が難しく、また使われるのはまれです。

たとえば「Nearby」と「出かける」の内容を分ける意味があるとするなら、特定の小都市が数キロにわたる放牧地に囲まれるという特殊な例で、近隣にはごく小さな村が数えるほどしかないという場合などです。

その場合、村単位で小見出しを分けます。それぞれの小見出しには村の概略を記し、所在地と見どころを1、2ヵ所選びリスティングを添えます。

もし「村」といっても実質はこれといった特徴がなく小都市の一部として扱っても問題がない場合は、この小見出しを作りません。また近隣の居住地でも、それ自体のページが書ける内容が揃っている場合はこの小見出しを作らず – 目的地へのリンクとして「出かける」節に示します(以下参照。)

出かける[編集]

オプションですが地方と都市の記事には強く推奨されます。

ここには「次の行き先」としてよい選択になる近隣の目的地の情報を書きます。その他の近隣のお勧めの行き先については概略のみ記し、隣の都市もしくは日帰り旅行の目的地などが該当します。

この節には複数の路線の情報ボックスを複数書いたり、ウィキボヤージュに記事が載っている近隣の行き先のページへリンクを張ります。ただしそれぞれの目的地に関する詳細な説明は書きません。交通機関の会社や地元のターミナル駅やバス・ターミナルなどのリスティングは「着く」節で述べるので、ここに重複する情報は書かないでください。

より広大な地方の場合、お勧めの近隣地を書いてもまったく 無意味な場合はこの節を省略できますが、本当に無用かどうか注意が必要です。