コンテンツにスキップ

提供:ウィキボヤージュ
運転


自動車の運転は、飛行機や鉄道、バスなどの公共交通機関よりも自由度と柔軟性が高く、自転車よりも快適な場合があります。

知る[編集]

車は、交通渋滞や道路の状態が悪い場合を除き、10 キロメートルから 100 キロメートルの間の距離を移動するときに最も速い移動手段であることがよくあります。ただし、高速鉄道網がある国では、大都市間の運転は通常、電車を使用するよりも遅くなります。また都市内では、渋滞や駐車場の問題から、公共交通機関や自転車が速度の点で車に勝ることがよくあります。短い距離なら、徒歩も速くなります。人口がまばらな地域では、公共交通機関がほとんどないまたは存在しない可能性があります。都会では安い駐車場を探したり、田舎に行くときだけレンタカーを借りたりすることもできます。

国際運転免許証[編集]

日本の一部の運転免許を持っていて条件を満たす場合場合住んでいる地域の都道府県警察から国際運転免許証の取得が可能です。 国際運転免許証を持っているとジュネーブ条約締約国で運転ができます。 国際運転免許証に関する詳細な解説はWikipediaをご覧ください。

トピックス[編集]

車の通行側[編集]

自動車の通行側を示した地図
  左側通行
  右側通行

母国と反対側を車が通行する国での運転には慣れるまでに少し時間がかかりますが、多くの人は海外でも運転することができます。左側(右側)で運転する場合は、きつい左折(右折)と広い右折(左折)を行い、追い越しは右側(左側)で行うことを忘れないでください。

一般的に、左側通行の国では運転手が車の右側に座る車を使用します。右側通行も同様です。これにより、運転手は道路の中心に近づき、視認性が向上します。フロントガラスのワイパーのコントロールとウィンカーのスイッチは通常、運転席が車のどちら側にあるかに応じて、場所が左右反対になります。慣れてきたら、ウインカーを押そうとしたときに誤ってワイパーを作動させてしまうことが何度かあるでしょう。ブレーキとアクセルはどちらを通行していても同じです。ブレーキは左、アクセルは右にあります。また同様に、シフトレバーも運転手の位置に関係なく同じままであるため、ほとんどの車では、1 速が左前方向、2 速が左後方向、というようになっています。

車線の中央にとどまることは困難な場合があります。車両の左側に座ることに慣れている右側の国出身のドライバーは、車両の右側に座ると本能的に左折傾向があります。その逆も同様です。サイドミラーを覗いて、ラインにどれだけ近づいているかを確認してください。

記事[編集]

アフリカ[編集]

モロッコ[編集]

モロッコはヨーロッパから比較的簡単に行くことができ、車で山や砂漠を探索できます。

レユニオン[編集]

車でしかアクセスできないピトンなカール、山などの自然のアトラクションがあります。公共交通機関は都市でしか運行されていないため、島を最大限に体験するには車が必要です。

南アフリカ[編集]

南アフリカは非常に大きな国で、多くのアトラクションは地方にあります。公共交通機関はどこも良くないため、車が人気です。

アジア[編集]

中国[編集]

中国で運転するには、中国の免許が必要です。中国での運転も混乱する可能性があるため、運転手を雇うかタクシーを利用するのが賢明です。中国の主要都市は一般的に公共交通機関のネットワークが整っているため、可能な限り公共交通機関を利用することを強くお勧めします。

日本[編集]

効率的で非常に時間厳守な鉄道網により、日本では車を運転する必要はありませんが、特に公共交通機関が十分にカバーされていない地方に行く場合、車は必要です。

フィリピン[編集]

ほとんどすべての外国人旅行者は、フィリピンで最長 3 か月まで運転することができます。長期滞在にはフィリピンの運転免許証の申請が必要です。アメリカの影響で車は人気があります(フィリピン人が所有する車は約 5% にすぎません)。ただし、フィリピンでの運転は神経をすり減らすものであり、正当な理由がない限り避けるのが最善です。主要な幹線道路は国際基準に達しているかもしれませんが、道路は狭くて混雑している可能性があり、車は村や町に行くことに適しています。

ヨーロッパ[編集]

ヨーロッパは一般的に良好な道路網を持っています。しかし、人口密度が高く、道路を走る車はたくさんあります。そのため、運転がより困難になる可能性があります。都市部は公共交通機関が充実しているため、通常車は田舎でしか必要ありません。

オセアニア[編集]

オーストラリア[編集]

オーストラリアには強い車文化があり、ほとんどの成人のオーストラリア人はそれぞれの都市を移動するために車を運転しています。大都市では公共交通機関を利用できますが、小さな都市や田舎では車が不可欠です。

オーストラリアの人口の多くは、南東海岸の比較的狭い地域に住んでおり、ブリスベンシドニーメルボルンなどの南東沿岸都市間の移動は、数日以上あれば可能です。しかし、パースにたどり着くには、オーストラリアの奥地を横断する長い距離を移動する必要があります。

ニューカレドニア[編集]

世界最高峰のスキューバ ダイビングでの景色の多くは車でしか行くことができません。グランテールの山脈を探索するには車が必要です。

ニュージーランド[編集]

ニュージーランドでは車が非常に人気があり、ニュージーランドの美しい田園地帯を見たい場合は車が必要です。

北米[編集]

カナダ[編集]

南の隣国と同様、カナダにも自動車文化が根付いています。カナダは人口が少ないため、田舎や中小都市を移動するには車が必要です。北部は人口密度が低く、非常に寒いため、カナダの道路のほとんどは、南部にあります。

メキシコ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカは車が最も普及している国であり、アメリカの田園地帯や歴史、重要な目的地へ行くためには、車を使用する必要があります. 米国は国土が広いため、特に人口に比べて、交通量の多い幹線道路から遠く離れて「道に出る」機会や、道から完全に離れる機会があります。ごくわずかな例外を除いて、ロサンゼルスデトロイトマイアミヒューストンなどの主要都市でさえ、公共交通機関のシステムが悪い傾向にあり、一般的には車で移動するのが最善の方法です。隣接する米国には、よく整備された州間幹線道路網が整備されており、近くの主要都市間を簡単に移動できます。

南アメリカ[編集]

ブラジル[編集]

安全を確保する[編集]

カエル
クマ
いくつかの地域では、野生動物や家畜に気をつけなければなりません。

交通の安全は国によって大きく異なります。ある地域では道路が非常に質が悪く、道路のくぼみや損傷が発生していても警告がない場合があります。また、一部の気候は運転に支障をもたらします。適切な準備をすれば、危険の一部を軽減または最小限に抑えることができます。また、国によっては、運転を地元の人に任せた方がよい場合もあります。特に赤道に近い地域では未舗装の道路が多いです。