地図情報源
-1.929.8フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルワンダ
ルワンダ
ルワンダの旗
ルワンダの旗
人口 12,208,407Wikidataでこれを編集
面積 26,338 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 英語Wikidataでこれを編集
通貨 ルワンダ・フランWikidataでこれを編集
電気のプラグ ユーロプラグWikidataでこれを編集
国際電話番号 +250Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC+2Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

ルワンダ東アフリカ (英語版でも政情が比較的、安定した国で周辺国のケニヤ (英語版ウガンダ (英語版からアクセスもよい。国内の移動手段もわりあいにわかりやすく利用が簡単で、ほぼ安全。コンゴ国境方面は注意(後述)。

千の丘がある国と呼ばれるばかりか動植物が豊富で、起伏する丘の連なりや息をのむような緑のサバンナなど美しい景観が広がる。西ゴリラなど希少な動物が数種類くらし、鳥類や昆虫類は Nyungwe の熱帯林に多く生息する。

[編集]

ルワンダの地図

(都市名はルワンダの政権再編により、大幅に名称変更している。旧称を示した都市は、かつての州都。地元の人たちは新旧両方の都市名を使うことがある。)

知る[編集]

ルワンダは1994年の内戦と大量虐殺から長い年月を経た。戦争のきおくにこだわらず、すばらしい景観が広がる国で温かく出迎えてくれる親しみやすい人たち、現代化が進む国を想像すると良い。アフリカ全域でもルワンダはさまざまな分野で開発と発展が進み、「アフリカのシンガポール」と呼ばれるほど栄えはじめている。

歴史[編集]

人びと[編集]

人口の平均は若く、また地方在住者が大半で、人口密度の高さはアフリカでも有数。民族構成はフツ族、ツチ族、トワ族の3つ。

気候[編集]

雨季のキガリ (2020年3月)

ルワンダは高地に位置するためほぼ赤道直下にもかかわらず、過ごしやすい気候になっており、Kivu湖付近の標高1,463 mの地点での平均気温は22.8°C (73°F)である。また、2-3月と9-12月の二度の雨季の間はほぼ毎日豪雨になり、年平均降水量は800 mmである。ただしルワンダ国内でも差はあり、東部のサバンナ地域よりも西部や北西部の山地の方が降水量は多い傾向にある。

休日[編集]

着く[編集]

国別のルワンダ入国ビザの種類(赤:ルワンダ、青:ビザ無用、緑:到着時に申請/電子ビザ)

ビザの条件[編集]

入国にはパスポートが必要で、ワクチン接種証明書は黄熱病の流行地経由でない場合には不要。滞在期間の上限6ヵ月は、ブルンジ(Burundi)、ケニヤ(Kenya)、南スーダン(South Sudan)、タンザニア(Tanzania )、ウガンダ(Uganda)国籍がある人。入国時にパスポートではなく身分証明書で代用できるのは、ケニヤとウガンダの国民のみ。ビザなしで90日間滞在できるのはベナン、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ民主共和国、ガーナ、ギニア、ハイチ、インドネシア、モーリシャス、フィリピン、サントメ・プリンシペ、セネガル、セイシェル、シンガポールの国民。

上記以外の国のパスポートを持ち、事前にビザの発給を受けていない場合、到着時にビザ申請手続きが可能になった(2020年3月時点、費用はアメリカドル換算で $50。)ビザ発給手数料の支払いはキャッシュでもクレジットカードでも可。東アフリカと南アフリカ諸国の協定(Common Market for Eastern and Southern Africa)の国民には滞在期間の上限90日間、それ以外の国民は上限30日間が認められる。

ビザの申し込み、また標準あるいは東アフリカ出身旅行者(EAT=East African Tourist)のビザ発給手数料はオンラインで政府公式サイトでも受理される。手続き後、数日でメールが届き、添付のビザ申請の受諾書は必ずプリントアウトして出入国管理官に見せること。EATは複数回の入出国先としてケニヤ、ルワンダ、ウガンダを90日間認めるもので、注意点はこれら現行の対象3ヵ国のどこでも、有効期間が残っているのに無効だと言われる場合がある。

飛行機で[編集]

  • 1 キガリ空港 Kigali Airport外部リンク (KGLIATA)。 「アフリカの地域間の路線が大部分。遠距離航路はイスタンブル空港(IST=Istanbul)、ブリュッセル・サベンテム空港(Brussels-Zaventem)とアムステルダム・スキポール空港(Amsterdam Schiphol)へ飛ぶ。 キガリ国際空港 (Q1322696) on Wikidata Wikipedia上のキガリ国際空港

ルワンダの首都はコンゴ民主共和国のゴマ空港(Goma airstrip)から車でもアクセス可能(およそ3時間)。

話す[編集]

観る[編集]

する[編集]

キブ湖の遊覧船
  • 1 キブ湖 Lake Kivu。 「コンゴとの国境に横たわる大きな湖。1週間ほどリラックスするのに好適。 キブ湖 (Q125912) on Wikidata Wikipedia上のキヴ湖

ルワンダには国立公園が3ヵ所ある。

  • 2 アカゲラ国立公園(Akagera National Park アカゲラ国立公園 (Q116715) on Wikidata Wikipedia上のアカゲラ国立公園
  • 3 火山国立公園(Volcanoes_National_Park。 「西ゴリラの生息地であり、隣国のウガンダとコンゴも指定地内。ダイアン・フォッシーが生態を研究し著書『Gorillas in the Mist(霧の中のゴリラ』)の舞台になった。金額は張るがキガリ(英語版)から日帰りで生息地に行く体験はよそにはない。1人1500アメリカドル(2017年時点)。ツアー会社指定のタクシー代金として別途、50アメリカドルを請求される。 火山国立公園 (Q932736) on Wikidata Wikipedia上の火山国立公園
  • 4 ニュングェ国立公園(Nyungwe National Park ニュングェ国立公園 (Q1356828) on Wikidata Wikipedia上のニュングェ国立公園

買う[編集]

通貨[編集]

5,000ルワンダ・フラン紙幣

通貨はルワンダ・フラン(French: franc rwandais, Kinyarwanda: Ifaranga ry'u Rwanda)で、略号は「FRw」「RF」「R₣」 (ISO 貨幣コードはRWF、表記が FRw や RF R₣ の場合も)。

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安全を確保する[編集]

アカゲラ国立公園のキリン

ルワンダで観光客は一般に温かく歓迎され、旅先の国としては大まかに安全とみなされている。ただし国境地帯のうちコンゴ民主共和国 (英語版ブルンジ (英語版側は要注意。国の北東部には、かつて内戦を戦った元部隊が残存しているという噂があり、1994年の大虐殺後、避難した Interhamwe wの人々の存在によるものという。ギセンイ (英語版キブエ (英語版は安全とされるものの、国境地帯は不安定でいつ情勢が変わってもおかしくない。詳細は外務省の喚起情報、地元の情報をチェックすると良い。

ゴリラのトレッキングツアーはコンゴ共和国との国境側でも行われていて、一般には安全とされており、ルワンダ軍が広域にわたって展開しているおかげでもある。

タクシー(マトゥトゥス matutus )で地方を移動するときは、途中で警察や軍の検問を通過することになっても驚かないこと。停車すると身分証明書のチェックがあり、運転手の登録証や保険その他を調べる場所なので、ルワンダ滞在中はどこに行くときも、最低、パスポートをコピーしたものを忘れないようにしたい。

健康を維持する[編集]

水道水 (英語版は飲用不可。

Cope[編集]

ルワンダ観光省、国立公園管理局
(ORTPN :
Office Rwandaise du Tourisme et des Parcs Nationaux), Boulevard de la Révolution no 1, Kigali
Tel: +250 576 514 or 573 396

尊重する[編集]

つながる[編集]

郵便[編集]

電話[編集]

緊急通報電話[編集]

  • 全般:112
  • 交通事故:113
  • 政府関係の腐敗:997
  • 警察に対する苦情:3511

緊急電話は全て通話料無料。

インターネット[編集]