地図情報源
47.169.52フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
リヒテンシュタイン


リヒテンシュタインドイツ語Fürstentum Liechtenstein)はヨーロッパにある国です。スイスオーストリアに挟まれた内陸にあり、人口はおよそ38000人の小さな高山ドイツ語圏の国です。

この国は非常に高い生活水準を楽しんでおり、信じられないほど美しい山の景色が見られます。国の首都ファドゥーツは、商業と国際銀行の主要な中心地です。

都市[編集]

地図
リヒテンシュタインの地図
Map of リヒテンシュタイン
  • 1 ファドゥーツ - リヒテンシュタインの首都です。
  • 2 バルザース Wikipedia上のバルザース - この町にはとても美しい教会と城があります。
  • 3 マルブン - スキーとスノーボード
  • 4 シャーン Wikipedia上のシャーン - 国内最大の人口密集地です。
  • 5 トリーゼン Wikipedia上のトリーゼン - ファドゥーツの南にある小さな町です。
  • 6 トリーゼンマルク Wikipedia上のトリーゼンベルク - リヒテンシュタインの山々にある高山の町です。
  • 7 ルッゲル Wikipedia上のルッゲル — 珍しい植物や動物の自然保護区があるリヒテンシュタイン北部の町です。
  • 8 ベンダーン - 1699 年にリヒテンシュタインが生まれた場所
  • 9 ネルデルン - 陶器工場とローマ遺跡がある町です。
  • 10 シェレンベルク Wikipedia上のシェレンベルク - 博物館がある町です。

知る[編集]

リヒテンシュタイン
リヒテンシュタインの旗
リヒテンシュタインの旗
人口 37,922Wikidataでこれを編集
面積 160 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 スイスドイツ語Wikidataでこれを編集
通貨 スイス・フランWikidataでこれを編集
電気のプラグ ユーロプラグWikidataでこれを編集
国際電話番号 +423Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC+1Wikidataでこれを編集
緊急電話番号 112番 117番(警察) 118番(消防本部) 144番(救急隊)Wikidataでこれを編集
車両の通行側Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

歴史[編集]

現在のリヒテンシュタイン公国は、長い間、他国から来た有力な貴族の小規模な所領でした。

神聖ローマ帝国の一部だったこともあり、その後はドイツ連邦の一部でした。

1866年、リヒテンシュタインは、第一次世界大戦が終わるまで、当時解散していたドイツ連邦からオーストリア=ハンガリーへ同盟国を変更しましたが、その紛争によって引き起こされた経済的荒廃と二重君主制の崩壊により、リヒテンシュタインはスイスとともに関税同盟の締結を余儀なくされました。

第二次世界大戦でリヒテンシュタインは中立を保ち、その後は、「タックスヘイブン」としての評判が目覚ましい経済成長を促進してきました。銀行業以外のリヒテンシュタインの主な経済活動は入れ歯の生産と観光です。

経済[編集]

リヒテンシュタインは、国土が小さく天然資源が限られているにもかかわらず、重要な金融サービスの中心があり、ヨーロッパの近隣諸国の都市部と同等の生活水準を備えた、高度な工業が発展しました。リヒテンシュタインの経済は広く多様化しており、多数の中小企業が存在します。

リヒテンシュタインは世界有数の入れ歯生産国です。

地理[編集]

リヒテンシュタインは山が多く、二重内陸国です。世界で内陸国に囲まれているわずか2か国のうちの1つです(もう1つはウズベキスタン)。

気候[編集]

リヒテンシュタインは大陸性気候に属します。冬は曇りで寒く、頻繁に雪や雨が降ります。この国はスキーとしてはそこそこ人気があります。夏は涼しく、適度に暖かいです。曇りで湿気が多いこともよくあります。

着く[編集]

飛行機で[編集]

リヒテンシュタインには空港がありません。リヒテンシュタインから、115 km (71 mi)離れている、チューリッヒ空港({{IATA|ZRH})がリヒテンシュタイン近郊の唯一の主要空港です。ただし、便は限られています。

鉄道、バスで[編集]

オーストリアの鉄道会社ÖBBは、スイスからオーストリアまで運行しています。電車は1日に数本しか運行していないため、一般的にはバスの方が便利です。

ブフス (リヒテンシュタイン国境にあるスイスの主要都市) の鉄道駅からシャーンとファドゥーツまでバスが15分ごとに運行しています。

車で[編集]

リヒテンシュタインには高速道路はありませんが、スイスリヒテンシュタインの国境であるライン川のスイス側に沿ってスイスのアウトバーン(A13/E34)が走っています。ライン川を渡ってリヒテンシュタインに入ることができるポイントはいくつかありますが、最もよく使用されるのは、南部にある町バルザースに入る橋とファドゥーツに入る橋の2つです。

船で[編集]

リヒテンシュタインは内陸国です。

移動する[編集]

公共交通機関で[編集]

リヒテンシュタインのバスは、その規模と田舎である割には整備されていて、よく利用されています。この国の唯一のバス事業者はリーモービルです。運賃は手頃で、7日間使い放題のカードは1枚24フランです。

自転車で[編集]

天候がよければ、安価な自転車も1つの手段です。リヒテンシュタインの道路は良好な状態にあり、多くの道路には自転車レーンも設けられています。自転車でオーストリアから南下してスイスまで、国中を横断する際の所要時間はわずか数時間です。素晴らしいアルプスの景色を見る価値はあります。

車で[編集]

リヒテンシュタインを車で移動するには時間がかかります。道路の大部分は、非常に急な曲がりくねった上り坂か、人口密集地域のどちらかです。

渓谷にはより直線的な道路もあります。道路は、特にファドゥーツ方面で少し渋滞することがよくあります。

速度制限は目立つように表示されます。都市間の道路の一部の区間は時速80kmですが、主に時速 50kmです。

スイス国内の道路は非常にゆっくりと進むため、ナビゲーターは頻繁にスイスの国境を越えてすぐの高速道路を使うよう勧めます。

この国には国道がありません。

話す[編集]

公用語はドイツ語ですが、日常的に使用される主な言語はアレマン語の方言であり、標準ドイツ語を母語とする人でも理解するのが難しい場合があります。アレマン語の方言は、ドイツ語を話すスイス東部、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州オーストリアフォアアールベルク州でも話されています。この方言はドイツとオーストリアでは使われない傾向にありますが、スイスとリヒテンシュタインでは健在です。標準のドイツ語のほうが実際に話される場面が少ないためにが局地的に消滅するのではないかと心配する人さえいます 。

ほとんどの人が標準のドイツ語を話すことができ、英語も普及しています。フランス語とラテン語も中等公立学校で広く教えられています。一部の店舗では、アジア人観光客向けにそれぞれの言語で対応できるスタッフがいます。

観る[編集]

バルザース城
ファドゥーツ城

リヒテンシュタインには、訪問者にとって興味深い観光スポットが数多くあります。

バルザース
美しい教会と壮大なゴシック様式の城があります。
ファドゥーツ
首都はこの国の主要なショッピングエリアであり、多くの土産物店や各種レストランが立ち並んでいます。この街には、大聖堂や10年の歴史を誇るリヒテンシュタイン美術館もあります。スキー博物館は都市部の北にあります。
  • 1 ファドゥーツ城。 「この堂々とした歴史ある城は王室の本拠地です。ファドゥーツ市を一望できます。一般公開はされていませんが、かなり間近で見ることができます。 ファドゥーツ城 (Q694782) on Wikidata Wikipedia上のファドゥーツ城

ファドゥーツ城やスキー、美術館で王室に遭遇する可能性があります。小さな国だからです。車のナンバープレート番号に誕生年を使用しているため、すぐに認識できます。

する[編集]

リヒテンシュタインは、ハイキングやロードバイク、マウンテンバイクに最適な地形です。スキーやスノーボードも人気です。小さなリゾート、マルブンでは隣国のスイスやオーストリアと比較して、リーズナブルな価格で楽しめます。

早起きして、川の東側の山に車で登ります。そこからはファドゥーツとスイスの素晴らしい景色を眺めることができます。

リヒテンシュタインは切手愛好家の間で人気があり、郵便博物館もあります。観光センターや一部の土産物店では、パスポートにリヒテンシュタインの入国スタンプを押してもらうこともできます (3フランまたは€3)。

買う[編集]

物価[編集]

リヒテンシュタインの物価はスイスのコストとほぼ同じであるため、他のヨーロッパ諸国よりもやや高価です。

食べる[編集]

あなたはリヒテンシュタインの大都市にいくつかのレストランを見つけるでしょう。マクドナルドのレストラン(1996年にオープン、ワインを提供する)もあります。非常に人気があり、全国の道路標識で広く宣伝されています。

多くの小さなベーカリーは、温かく新鮮なロールパンやペストリーを手に入れるのに最適な場所です。

飲む[編集]

リヒテンシュタインで生産されるワインは少量ですが、全国のスーパーマーケットや観光客向けの店で入手できます。リヒテンシュタインの麦芽を使用したビールも購入できますが、ほとんどのビールはスイスで醸造されています。その他ヨーロッパのワイン、ビール、ソフトドリンクも各種取り揃えています。リヒテンシュタインには現在、さまざまなビールを製造する醸造所があります。

トリーゼンには果物からリキュールやシュナップスを製造する個人蒸留所もあります。

泊まる[編集]

リヒテンシュタインにはいくつかのホテルがありますが、高価なものが多いです。シャーンにはユースホステル[リンク切れ]が1軒ありますが、冬季は閉鎖されます。おそらく近隣のフェルトキルヒ、オーストリアで安い宿泊施設を見つけることができるでしょう。

学ぶ[編集]

リヒテンシュタインの大学では、技術科学のコースのみを提供しています。

働く[編集]

リヒテンシュタインで仕事を見つけるのは難しいです。公国で働く非国民の大半はスイス人であり、オーストリア人とドイツ人の数は少ないです。リヒテンシュタインは欧州連合の加盟国ではないため、政府はEU加盟国の国民に国内で働き、生活させる義務はありません。

安全を確保する[編集]

リヒテンシュタインは間違いなく世界で最も安全な国の一つですが、問題がないわけではありません。リヒテンシュタインで最も多い犯罪は非暴力によるものですが、公国は装備の整った警察を維持し、街頭での駐留をしています。1990年代後半、リヒテンシュタインの警察はファドゥーツで売春の取り締まりを開始しました。

飲酒運転と冬の道路状況は現実的な懸念事項です。速度制限はスピードカメラによって厳しく取り締まっており、高額な罰金を科せられる場合があります。スピードを出さずに景色を楽しみましょう。

健康を維持する[編集]

リヒテンシュタインには優れた医療施設がありますが、医師の診察が必要な場合、スイスの病院に移送される可能性が高くなります。オーストリアまたはEUの市民である場合は、隣のオーストリアのフェルトキルヒで医師の診察を受けることをお勧めします。

水道水は飲んでも安全です。

繋がる[編集]

2021年9月現在、スイスからの4Gはほとんどの地域で利用できますが、5Gはまだ到着していません。

オーストリアの信号は山のためにここに届きません。Wi-Fiは公共の場で広く利用できます。