地図情報源
18.2104フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラオス


ラオス(正式名称:ラオス人民民主共和国、ラオ語:ເມືອງລາວ)は、東南アジアで唯一の内陸国です。かつてはフランスの植民地であり、世界で数少ない共産主義国家の1つです。マルクス・レーニン主義を支持しています。

「共産主義」という用語は、世界の一部の地域では否定的な意味合いを持っているかもしれません。しかし、多くのラオス人 (60-70%) が仏教徒であり、ラオス政府はラオスへの外国投資を積極的に奨励しています。世界の他の地域と比較して、あなたの言動は厳しく規制および監視されておらず、観光が奨励および促進されています。

多様性があり、豊かなラオス人は、政治的および文化的に支配的です。ラオスには数多くの山岳民族がいます。それらの多くは、国のさまざまな丘陵地帯や山に見られ、彼らの居住地は手付かずで保護され続けています。約150の異なる民族グループをラオスの故郷と呼んでいます。

この国は通常、ほとんどの旅行者のリストに載っていませんが、1990 年代以降、観光客は増加しており、毎年何百万人もの観光客が訪れています。ラオス人は、おもてなしと人生に対するリラックスした態度で知られています。

地域[編集]

ラオスの地図
ラオスの地図
  ラオス北部
  ラオス中部
  ラオス南部

都市[編集]

知る[編集]

ラオス
ラオスの旗
ラオスの旗
人口 6,858,160Wikidataでこれを編集
面積 236,800.0 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 北タイ語Wikidataでこれを編集
通貨 キープWikidataでこれを編集
電気のプラグ タイプAWikidataでこれを編集
国際電話番号 +856Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC+7Wikidataでこれを編集
緊急電話番号 191番(警察) 195番(救急隊) 190番(消防本部)Wikidataでこれを編集
車両の通行側Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

ラオスは、東南アジアで唯一の内陸国であり、人口密度が最も高い国です。アジアのほとんどの国とは異なり、この国は主要な工業化と近代化の時期を経ていません。その結果、ライフスタイルはほとんど田舎のままで、大都市はありません。ラオスによく使われる言葉は「忘れられた」ですが、旅行代理店が宣伝するものとは反対に、これが観光にも当てはまるとは言い難いです: ラオスは人口が 15倍のフィリピンよりも20%しか少ない外国人観光客が訪れます。

着く[編集]

飛行機で[編集]

鉄道で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

移動する[編集]

話す[編集]

観る[編集]

する[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

安全を確保する[編集]

健康を維持する[編集]

Respect[編集]

繋がる[編集]