地図情報源
17.2-88.7フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベリーズ


ベリーズ(旧英領ホンジュラス、:Belize)は、中央アメリカで公用語として英語を使用している唯一の国です。エキゾチックな動植物が生息する緑豊かなジャングルの探索、深海釣り、水泳、シュノーケリング、魅力的なサンゴ礁のあるカリブ海でのダイビング、​​マヤ遺跡の訪問などができます。収入などの経済的レベルはまだ非常に低く、インフラストラクチャは非常に基本的です。ベリジアンは訪問者に非常に誇りを持って友好的であり、観光産業は過去10年間で大きく成長しました。

地域[編集]

知る[編集]

ベリーズ
ベリーズの旗
ベリーズの旗
人口 374,681Wikidataでこれを編集
面積 22,966 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 英語Wikidataでこれを編集
通貨 ベリーズ・ドルWikidataでこれを編集
電気のプラグ タイプAWikidataでこれを編集
国際電話番号 +501Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC-6Wikidataでこれを編集
緊急電話番号 911番 90番(救急隊)Wikidataでこれを編集
車両の通行側Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

ベリーズは、太平洋に海岸線がない(東がカリブ海に接しているのみ)中央アメリカで唯一の国です。イギリスの植民地時代の歴史的背景があり、大多数のクレオールまたはアフリカ系カリブ海の人口を持っています。また、イギリスのかつての西インド諸島の植民地の多くと文化的に似ています。しかし、特に国の北部と北西部では、マヤ人のネイティブ人口も多く含まれています。そのため、英語が公用語ですが、スペイン語もよく話されます。カリブ海沿岸の南東には、アフリカ系アメリカ人の文化であるガリフナ(ブラックカリブ)が住んでいます。

歴史[編集]

気候[編集]

地形[編集]

話す[編集]

かつてのイギリスの植民地として、ベリーズの公用語はイギリスの標準英語です。

スペイン語、ガリフナ(カリブ)、ケクチ語、モパン語、ユカテコ語のマヤ語は、国のさまざまな地域で話されています。スペイン語は国の北部と西部で第一言語として広く使われています。アンバーグリスキーでは、スペイン語と英語の融合である、いわゆる「キッチンスペイン語」が一般的です。標準英語とある程度の相互理解性を持っているベリーズクレオール語も広く話されています。ほとんどのベリジアンは英語とこれらの他の言語の少なくとも1つに堪能です。

多くのベリジアンは、友人の間でクレオール語と英語を組み合わせて話し、外国人には標準英語を話します。強いカリブ海のアクセントは、慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。

着く[編集]

飛行機で[編集]

鉄道で[編集]

車で[編集]

観る[編集]

する[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

困ったときは[編集]

出かける[編集]