地図情報源
3071フルスクリーンでマップを開く

提供: ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
パキスタン
パキスタン
パキスタンの旗
パキスタンの旗
人口 216,565,318Wikidataでこれを編集
面積 881,913 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 英語Wikidataでこれを編集
通貨 パキスタン・ルピーWikidataでこれを編集
電気のプラグ ユーロプラグWikidataでこれを編集
国際電話番号 +92Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC+5Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

パキスタン(ウルドゥー語 : اسلامی جمہوریہ پاکِستان)とは南アジアに位置する国である。

パキスタンの地図

地域[編集]

Map of Pakistan
  ギルギット・バルティスタン州
世界でも高さが上位の山が複数あります。幻想的な自然の風景が広がっていて、トレッキングの場所の多さを比べれば(山で構成されている)ネパールと肩を並べるほどです。
  カイバル・パクトゥンクワ州
パシュツーン人が多く住むこの地域は、全地域で非常に起伏に富んだ山岳地帯でありながら、観光地としても優秀と考えられています。北部パクトゥンクワは、パキスタン国内で最も美しい地域の一つとされています。
  アザド・カシミール
パキスタンが実効支配している地域の1つで、カシミール地方の紛争地域の一部。その美しい景観から「地上の天国」(Heaven on Earth)と呼ばれることも。
  パンジャーブ
国内では最も人口が多い地域で、農業的にも豊かであり、多くの歴史的建造物(モスクなど)があります。
  シンド州
国内で最も工業化されたこの地域では、訪れたほとんどの観光客がカラチやモヘンジョダロの古代遺跡に向かいますが、シンドはスーフィズム(イスラム神秘主義)の影響を受けた独自の文化が存在することでも知られています。
  バルーチスターン
面積は最大ですが最も辺境の州であり、インフラが整備されておらず、治安も悪いため、旅行には不便を強いられることを覚悟するべきかもしれません。しかし、世界第2位の大きさを誇るジュニパーの森、美しい自然のビーチ、美味しい果物で有名な地域があります。

都市[編集]

  • イスラマバードwikidata – 連邦政府の首都です。新しい計画都市で、比較的のんびりした雰囲気の町です。
  • ファイサラーバードwikidata – パンジャーブではメジャーな都市で、繊維工業で有名です。
  • カラチwikidata – 金融経済の中心地・国内最大の都市・工業港町。シンド州の州都です。
  • ラホールwikidata – 旧ムガル帝国の都市で、パンジャーブの歴史的都市としてかならず訪れるべき街です。
  • ムルターンwikidata – 陶器、装飾用のガラス細工、クッサ(パンジャブ地方の靴の種類)で有名な街
  • ムザファラバードwikidata – アザド・カシミールの首都であり、絵に描いたような美しい街です。
  • ペルシャーワルwikidata – カイバル・パクトゥンクワ州の州都であり、アウトローな雰囲気で、カイバル峠への登山口となっている。
  • クエッタwikidata – バロチスターン州南部の大きな美しい街で、イランとの交通のルートを通る際にはここを通過することになります。
  • シアールコートwikidata – スポーツ用品を多く輸出していることで有名な街。シアールコート県の県都。

着く[編集]


ビザ[編集]

話す[編集]

連邦レベルで見ると、パキスタンの公用語はウルドゥー語と英語だと言えるでしょう。

ウルドゥー語はパキスタンの国語であり、国際共通語としても確立されています。そのため、パキスタンの人口の約8~10%がウルドゥー語を第一言語(母語)としています。

パンジャブ語は人口の約40%が母国語としており、国の中では最も広く話されている言語です。パンジャブ語は、ウルドゥー語を書く文字の変形であるシャームキー文字が主として用いられます。

その他にも、ポトハリ語、シンディ語、パシュトゥー語、バロチ語、サライキ語、シーナ語、ブルシャスキー語、クワール語、ワヒ語、ヒンドコ語など、話されている言語は多数あります。

観る[編集]

パキスタンの最大の魅力は、世界遺産のモヘンジョダロ、ハラッパー、タキシラなどの古代文明の遺跡から、ヒマラヤの丘まで、幅広い観光の分野を抑えていることです。パキスタンには7000mを超える山がいくつかあり、特に世界2位の高さを誇るK2は冒険家や登山家のホットスポットとなっています。こういった自然の美しさとは別に、国の北部には古代の建築物もあります。フンザ(ウルドゥー語 : ہنزہ‎)とチトラル(ウルドゥー語 : چترال)の谷には、アレクサンダー大王の子孫であると主張するカラシュ人の小さな集落があり、歴史的なカイバル・パクトゥンクワ州の伝説は時代を超えた話となっています。

出かける[編集]