地図情報源
21.579.4フルスクリーンでマップを開く

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
南アジア


南アジアの地図

南アジア英語 : South Asia、中国語南亚ウルドゥー語جنوبی ایشیاヒンディー語दक्षिण एशिया)は、しばしば「インド亜大陸」や「亜大陸」と呼ばれる、アジアの南の地域です。北には勇厳なるヒマラヤ山脈・南には三大洋の1つであるインド洋・東と西には文明発祥の地ガンジス川とインダス川が流れています。約17億5千万人もが暮らす、この広大な地域には世界で最も高い山々と世界最古の文明発祥の地と世界の主要な宗教の源流など多くの魅力が詰まっています。

[編集]

  バングラデシュ
マングローブと世界最長のビーチ。
  ブータン
チベット文化の影響が非常に強い仏教徒の国。
  インド
北にはヒマラヤ山脈、西にはタール砂漠、南にはインド洋がある、歴史と文化の味わい深い国。
  モルディブ
美しいビーチがあります。中東インドの影響を受けた独自の文化があります。
  ネパール
エベレストやブッダ誕生の地など、様々な冒険ができます。生態系などにも特異なものがあり、観光地は非常に多いです。
  パキスタン
歴史と文化が多様で、気候も暑い砂漠もあれば寒い雪山もあるなど、起伏にとんだ地域。さらに8000m級の山が5つもありますが(地球上には14しかありません)、治安が悪化しており観光が難しくなっています。
  スリランカ
「東洋の真珠」ともいわれるこの国は、熱帯性気候で、南アジアの様々な国々の文化から影響を受けているため独自の文化が花開いています。2500年前からの歴史は非常に興味深いものが多く、自然の景観においてもスリランカでしか見られない景色があります。
Map of South Asia's countries
  • カシミールは、インド、パキスタン、中国の間で争われている地域です。

関連国[編集]

以下の国も南アジアとみなされることがあります。

  • アフガニスタンはこの地域の一部と見なすことができます。アフガニスタンは主に中央アジアの一部ですが、南アジアの地域組織に関与していることがよくあります。
  • イランはこの地域の一部と見なされることもありますが、中東または中央アジアにあると見なされることがよくあります。
  • ミャンマー(旧ビルマ)は、インドとの長年の歴史的および政治的つながりから南アジアの一部と見なされる可能性がありますが、通常は東南アジアの一部と見なされます。
  • チベットは南アジアの一部と見なされることがあります。
  • イギリス領インド洋地域はモルディブの南にあります。ただし、ほとんどの人にとっては立ち入り禁止です。

都市[編集]

デリーの赤い城
モヘンジョダロ遺跡
マヤデヴィ寺院
  • 1 コロンボ Wikipedia上のコロンボ — スリランカの巨大都市。

知る[編集]

この地域には、主に気候と文化など、いくつかの共通点があります。

気候[編集]

ヒマラヤを除けば、気候は熱帯気候で、夏は湿っていて、冬は乾燥しています。しかし、すべての地域がこの気候の特徴を持っているわけではありません。すなわち西パキスタンではモンスーンはまったく存在せず、南インドではでは6か月間続きます。スリランカには2つのモンスーンがあります。1つは5月、もう1つは10月と11月です。

文化[編集]

歴史的なインド文化の影響はどこにでも見られます。南アジアには、ヒンドゥー教、仏教、シーク教、ジャイナ教の4つの主要な宗教の中心地があります。

南アジアの文化的統一は、1947年の独立前にインドが大英帝国の「王冠の宝石」を形成した結果として、英国文化の影響、特に英語の普及に由来します。

人口密度[編集]

南アジアは、世界で最も人口密度の高い地域の1つであり、約16億人(人類の約4分の1)が南アジアに住んでいます。1平方キロメートルあたり305人の人口密度は世界平均の7倍です。

話す[編集]

この地域には共通語はありません。しかし、南アジアの多くは英国の支配下にあり、名目上独立した地域でさえ何らかの形の英国の宗主国の下にあったため、英語は教育を受けた人々によって広く話されています。

ヒンディー語ウルドゥー語は、インドとパキスタンの多くで話されています。2つの言語は相互に理解できるため、訪問する前に1つを学ぶ必要がある場合は、どちらかを選択してください。

ネパール語はヒンディー語に非常に似ているので、ヒンディー語もネパールであなたを助けますが、ネパールはシッキムなどのインドのいくつかの国境地帯の主要言語でもあります。

ベンガル語も主要な言語での一つですバングラデシュ、 西ベンガル、インドの他の東部のいくつかの州で話されています。

他にも、インド・パキスタン国境地域の一部で話されているパンジャブ語や、インド南部とスリランカ北部で話されているタミル語があります。

これら以外にも、南アジアには魅力的な言語の多様性があります。

着く[編集]

中尼友誼橋

観る[編集]

ジャイプール

自然[編集]

世界で最も高い山々と世界で最も降雨量の多い沿岸地域がある南アジアの自然は劇的ですが、人口動態と経済成長によって圧力をかけられています。南アジアは、アジアゾウ、トラ、クジャクなどの象徴的な種が生息する東洋区の野生生物地域の一部です。詳細はインド国立公園と野生生物保護区をご覧ください。

特にネパールとカシミールは登山で世界的に有名です。

宗教[編集]

ヒンドゥー教、仏教などの南アジアの宗教運動は長い歴史があります。

旅程[編集]

スリランカのライオンロック
  • スリランカのシギリヤのライオンロック
  • イスタンブールからニューデリー陸路
  • キプリングのキムのトレイル
  • グランドトランクロード
  • カラコラムハイウェイ
  • スリランカの世界遺産ツアー

歴史的トピックス[編集]

スポーツ[編集]

  • クリケットは南アジアで盛んなスポーツであり、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカは世界クラスのチームを持っています。

買う[編集]

この地域のほとんどの国では、交渉が不可欠です。

インドとパキスタンはどちらもカーペット製造の長い歴史があります。この地域では、人件費が安いため、他にもさまざまな芸術品や工芸品が魅力的な価格で生産されています。詳細については、各国の記事を参照してください。

する[編集]

  • スキューバダイビング
  • トレッキング

食べる[編集]

ベンガルの魚粉を使った料理

風味豊かな食べ物を食べるまで、南アジアの最高の文化を体験することはできません。インドだけでも世界で最高の料理がいくつかあります。 様々な地域の料理からあなたが好きな料理を見つけましょう。

飲む[編集]

お茶は地域全体で飲まれる一般的な飲料です。

イスラム教徒のコミュニティではアルコールが禁止または制限されていますが、フルーツジュースは様々なところにあります。

安全を確保する[編集]

アフガニスタンの国境に近いパキスタン北西部とカシミール渓谷の一部を除いて、この地域の多くは安全に訪れることができる場所と考えられています。パキスタン北西部は戦争地帯であり、タリバンなどの過激派過激派グループによって支配されていることがよくあります。可能な限り避ける必要があります。