提供: ウィキボヤージュ

ハワイ州

ナビゲーションに移動 検索に移動
ハワイ州

ハワイアメリカ合衆国の50番目の州です。北太平洋のほぼ中央に位置し、ポリネシアの北東端に位置します。かつては捕鯨、砂糖、パイナップル産業の一大拠点でしたが、現在は観光業と米軍に経済的に依存しています。島々の自然の美しさは、ハワイの最大の資産の一つであり続けています。ホノルルはハワイ州の州都であり、最大の都市であり、文化的中心地でもあります。ハワイの公用語はハワイ語と英語です。

地域[編集]

ハワイは、中央太平洋の地質学的な「ホットスポット」に広がる19以上の火山島からなる群島です。島々が乗っている太平洋プレートは北西に移動しているため、一般的には南東から北西に行くほど島は古くなり、(浸食により)小さくなっています。主要な島は8つあり、そのうち6つは観光客が自由に探索できます。

ハワイの地図
  ハワイ島 (Hawaiʻi)
混乱を避けるため、ほとんどいつもビッグアイランドと呼ばれています。ハワイ群島の中で最大の島であり、キラウエア火山、マウナ・ケア山、マウナ・ロア山(地球上で最も大きく、最も活発な火山の一つ)、そしてそれらを含むハワイ火山国立公園があり、コーヒーとマカデミアナッツの農園、牧場、そして緑の砂浜まであります。カイルア・コナは乾燥した風下側の島で最も賑やかな場所で、メガリゾートのコハラ・コーストエリアの近くにあり、年間降水量はほぼゼロです。

巨大な火山の間を通り、コハラと、ビッグアイランド最大の町で郡庁所在地であるヒロを結ぶ「サドルロード」は(レンタカー会社が何と言おうと)通行可能です。地球上の他のどの場所とも違っていて、一見の価値があります。

  オアフ島 (Oʻahu)
オアフ島は「集いの地」と呼ばれ、最も人口が多く、開発された島です。南岸には州都であり最大の都市であるホノルルがあり、カマアイナ(ハワイ在住者)の5人中4人の故郷となっています。ホノルルは州の政府と商業の中心地であり、ワイキキビーチはおそらくハワイで最も有名な観光地です。市外にはパイナップル畑があり、オアフ島のノースショアは毎年冬になると世界最大の波が打ち寄せることで知られています。また、パールハーバーにあるUSSアリゾナ国立記念館も人気の観光スポットです。
  マウイ島
ハワイで2番目に大きな島で、高さ3,055mのハレアカラの火口がああります。この島はハレアカラ国立公園と西マウイの山々の間にある狭い平原から、「谷の島」と呼ばれています。島の西側にはラハイナカアナパリカパルアのリゾート地があり、南側にはキヘイワイレアがあります。東側には小さな村ハナがあり、世界で最も曲がりくねった美しい道路が通っています。
  カウアイ島 (Kauaʻi)
この「庭の島」にはワイルア川、ワイメア渓谷、ナパリ・コーストなど、いくつかの自然の驚異があります。ワイアレアレ山は、世界で最も雨の多い場所のひとつとして知られています。主要な島々の中で最も長いビーチを誇り、最長のポリハレ・ビーチは全長27kmにも及びます。4つの主要な島の中で最も田舎の雰囲気があるという点では、ビッグアイランドと似ています。
  モロカイ島 (Molokaʻi)
この島は、ハワイ本島の中で5番目に大きく、最も開発が進んでいない島の一つです。カラウパパは、ハンセン病に長期間苦しんでいた人々が、1969年までハワイ政府によって隔離されていた場所です。現在では、手つかずの自然と息をのむような熱帯の風景、環境保護活動、豊かで深いハワイの伝統、観光客に優しい文化で知られています。
  ラナイ島 (Lānaʻi)
「パイナップルの島」として知られ、かつてはドールフーズが所有していた世界最大のパイナップル農園で、現在は2つの高級リゾートがあります。その365km^2には、わずか3,135人が住んでいます。信号機もパン屋もありません。ガソリンスタンドが1つあるだけで、主要道路は3本です。広大で誰もいないビーチに囲まれており、四輪駆動車でしかアクセスできません。
  ニイハウ島 (Niʻihau)
ハワイの先住民が暮らす私有の島。1987年まで「禁断の島」は、家族とオーナーの招待客以外は立ち入り禁止でした。島への観光は、カウアイ島を起点としたヘリコプター、ATV、ハンティング・ツアーに限られています。ニイハウの住民は約130人で、ハワイ語が公用語となっています。彼らは水道はなく、太陽光発電を利用しており、家賃なしで生活しています。
  カホオラウェ島 (Kahoʻolawe)
米海軍の旧爆撃場で、いまだ無人島のままです。島を再生するための清掃活動が続いています。

主な町[編集]