コンテンツにスキップ

地図情報源
12-15フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
ギニアビサウ


ギニアビサウ英語Guinea-Bissau)は、アフリカの西海岸にある人里離れた目的地です。人口は200万人未満(2018年)で、農業と漁業の国です。かつてはポルトガル植民地でした。世界で最も貧しい国の1つです。

地域[編集]

地図
ギニアビサウの地図
Map of ギニアビサウ

ギニアビサウは、8つの行政区と1つの自治区に分かれています。またさらに、37のセクターに分割されています。

都市[編集]

  • 1 ビサウ Wikipedia上のビサウ - 首都
  • 2 バファタ Wikipedia上のバファタ
  • 3 ボラマ Wikipedia上のボラマ (ギニアビサウ)
  • 4 ブバ Wikipedia上のブバ
  • Lua エラー モジュール:Marker 内、133 行目: bad argument #1 to 'lower' (string expected, got nil)
  • 5 カシェウ Wikipedia上のカシェウ
  • Lua エラー モジュール:Marker 内、133 行目: bad argument #1 to 'lower' (string expected, got nil)
  • Lua エラー モジュール:Marker 内、133 行目: bad argument #1 to 'lower' (string expected, got nil)
  • 6 ガブ Wikipedia上のガブ

知る[編集]

ギニアビサウ
ギニアビサウの旗
ギニアビサウの旗
人口 1,861,283Wikidataでこれを編集
面積 36,125 平方キロメートルWikidataでこれを編集
言語 ポルトガル語Wikidataでこれを編集
通貨 西アフリカCFAフランWikidataでこれを編集
電気のプラグ ユーロプラグWikidataでこれを編集
国際電話番号 +245Wikidataでこれを編集
時間帯 UTC+0Wikidataでこれを編集
緊急電話番号 112番 119番(救急隊) 121番(警察) 180番(消防本部)Wikidataでこれを編集
車両の通行側Wikidataでこれを編集
表示0-0ウィキプロジェクト

歴史[編集]

シロアリの丘のサバンナ

ギニアビサウの地は、かつてマリ帝国やガブ王国の一部でした。これは18世紀まで続きました。1456年です。ヨーロッパ人がこの地域に到達したという最初の記録は、1456年です。1588年以降はポルトガル人によって植民地化されました。しかし、19世紀までは詳しく調査されませんでした。

ポルトガル人は、他のヨーロッパ諸国よりもはるかに長く植民地にすふことを必死に試みていました。1956年に反乱が始まり、1974年、ギニアビサウは独立しました。

気候[編集]

ギニアビサウは一年中暖かく、気温の変化はほとんどありません。平均気温は 26.3℃です。ビサウの平均降水量は2,024mmですが、これは6月から9月または10月までの雨季にほぼすべて含まれています。12月から4月にかけては干ばつに見舞われます。

人々[編集]

北部と北東部はフラとマンディンカ、南部沿岸の地域にはバランタとパペル、北部と中央沿岸地域にはマンジャコとマンカニャが住んでいます。

経済[編集]

ギニアビサウのGDP は世界で最も低く、人間開発指数も地球上で最も低い国の1つです。人口の3分の2以上が貧困です。経済は主に農業に依存しています。魚やカシュー ナッツ、落花生は主要な輸出品です。

着く[編集]

飛行機で[編集]

毎週水曜と金曜にユーロアトランティック航空はポルトガルから直行便を運航しています。出発した日と同じ日に到着します。

カーボベルデ航空は、セネガルのダカールからビサウへ毎日フライトを運航しています。飛行時間は75分です。

鉄道で[編集]

ギニアビサウには電車がありません。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

移動する[編集]

話す[編集]

ポルトガル語は公用語であり、様々なところで使用される言語です。ポルトガルのクレオール語は、地元の人々の間で話されている言語です。フラ語やバランタ語、マンディンカ語、ペペル語、ビジャゴ語など、他にもいくつかの言語が話されています。

観る[編集]

ヴァレラビーチ
  • ジャンベレムの森。 カンタニェズ自然公園です。運が良ければ、チンパンジーを見ることができます。
  • ヴァレラビーチ。 ギニアビサウで数少ない素敵なビーチの1つです。
  • ビハゴス群島。 驚くほど美しい島々のグループです。一部はリゾートになっています。ここでカメとカバを見つけてください。

する[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

ほとんどのギニア人は魚と一緒にご飯を食べます。国は漁業が盛んで、米(国産またはタイから輸入されたもの)は比較的安いからです。

ギニア人は温かいことで知られています。必ずグループで一緒に食事をするように求められます。大きなボウルで食べるのが一般的です。

フルーツは季節によって異なりますが、マンゴー、パパイヤ、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ、カシューナッツ、ピーナッツなどが有名です。また、酸っぱい「フォール」と呼ばれるフルーツとバオバブフルーツジュース (sumo de cabaceira) も​​お試しください。輸入された果物 (リンゴ、ナシ、パイナップル、スイカなど)、をビサウ中心部の「fera de prasa」で購入できますがヨーロッパよりも高価です。

市場で販売されている野菜には、レタス、トマト、きゅうり、ピーマン、パセリ、オクラ、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、にんにく、唐辛子、さつまいもなどがあります。

屋台の軽食は通常、ゆで卵やオムレツ、魚または牛肉、ドーナツ、ケーキ、サンドイッチを売っています。小さなビニール袋に入った冷凍フルーツジュースは、地元の人々に人気があります。

飲む[編集]

ギニアビサウの人々は「ワルガ」と呼ばれる甘い緑茶を飲むのが大好きです。非イスラム教徒はカシューワインやパームワインも楽しんでいます。ポルトガルのビールやワイン、ソフトドリンクを購入することもできますが、これらはより高価です。外国人は、ボトル入りの水や他のろ過された水を飲むことをお勧めします。

泊まる[編集]

ビサウのホテルは一般的に高値です。

首都以外のほとんどの町では、ホテルやその他の賃貸可能な場所を見つけることができます。

ビジャゴス島には主にフランス人経営のホテルもあり、おすすめです。

学ぶ[編集]

働く[編集]

ギニアビサウには数多くの NGO団体や宣教師、国際機関(国連、EU、WHO、ユニセフ、グローバルファンド)が活動しています。

安全を確保する[編集]

Avertissement de voyage緊急通報番号
警察: 117
救急車: 119
消防車: 118

健康を維持する[編集]

繋がる[編集]