コンテンツにスキップ

44.2535.41フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
ヨーロッパ > 黒海

黒海

黒海
黒海を囲む主な都市

黒海 lies southeast of en::en:Europe. Clockwise from the west, it borders the following regions:

上記の地域はいずれも海岸線の景観とリゾート地で評判です。ただトルコ領内の大部分は例外で、むしろ、より温暖な地中海沿岸(英語)の方が人気があります。

黒海の北側はケルチ海峡(Strait of Kerch)でアゾフ海(Sea of Azov)に開いており、その水域はウクライナ東部(英語)とロシアの ロストフ州(英語)の国境であり、上記の複数の地域や地方の境も示して、黒海の一部かどうかの認識は場合により異なります。黒海の南側はボスポラス海峡(英語)を介してマルマラ海(Sea of Marmara)へ、さらに地中海(英語)へと繋がります。内水面(英語)も航行可能な水域は黒海を北海(英語)と結ぶドナウ=ライン運河(DanibeReine system)、あるいはまたロシア領内の河川や運河、湖などの水面を通るとバルト海や白海、カスピ海に到達できます。

人類史における黒海の存在は大きく、数千年にわたって文化交流の接点でした。北部に広がるステップは現在のウクライナ領内にあたり、ここからインドヨーロッパ語族の諸民族が出現したとされています。やがて古代ギリシャ時代(英語)には船員たちが〈黄金の羽〉を求めて黒海周辺に船でわたり精力的に植民を進め、現代の黒海沿岸の諸都市の基礎を築きました。「ヴィア・ポンティカ」en:Via Pontica(英語)ローマの道(英語)の幹線の一つであり、黒海の西を通りビザンチウム/コンスタンチノープル(Byzantium/Constantinople(英語)とドナウ川下流部(英語)を結びました。中世(英語)に入り、船舶はルーマニアとトラビゾンド帝国(英語)の間を頻繁に行き交い、ヨーロッパとペルシア帝国(英語)の流通を支えました(そしてさらにシルクロードの交易路(英語)に連絡)。

関連項目[編集]