南極大陸

提供: ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動
南極

南極のペンギンと雪山

南極の位置

南極大陸(なんきょくたいりく)は地球で最も南にある大陸。南極条約で決められていることに従わなくてはならない。

基礎データ[編集]

  • 面積:14,000,000平方キロメートル
  • 人口:定住0人、夏約5,000、冬約1,000

地域区分[編集]

Antarctica regions map.png
  南極半島
野生動物を支える海があり、夏場のみ航行可能で、温帯気候からの最短横断が可能。南極の印象的な光景と多くの研究拠点がここにあります。
  南極諸島
これらは大陸の周り点在しており、半島の北側にあるサウス・シェットランド諸島が主なものとなっています。
  東南極
この地域にある広大な氷の砂漠は滅多に訪れることはありません。しかし、ロス海へのクルーズで、コモンウェルス湾(Commonwealth Bay)まで海岸線を辿ることもあります。
  西南極
ここは不毛で何もない地域で、ほんの一握りの研究施設があるだけです。ここには大陸で最も高い山があり、ガイド付きの探検隊で登ることができます。

[編集]

この大陸にある国は以下のとおりである。

交通[編集]

多くの航海は、アルゼンチンのウシュアイアを出発する。費用は最低でも5,000米ドルかかる。だが時々出るキャンセルをウシュアイアで安く買えることがある。ロス海と東南極(コモンウェルス湾)へ行く航海は限られている。ニュージーランドの探検旅行会社Heritage Expeditionsは氷対策のしてある自前の極地探査船'Spirit of Enderby'を一年に何回か運行している[2]

観光地[編集]

南極には定住者がいないため、歴史的な建造物はなく、代わりに地形などの自然を楽しむことができる。

  • ロス棚氷
  • ハーフムーン島

脚注[編集]

  1. これを国とするかについては異説あり。
  2. [1]