提供: ウィキボヤージュ
ヨーロッパ > ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ナビゲーションに移動 検索に移動
ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナボスニア語: Bosna i Hercegovina、Босна и Херцеговина)とは、南ヨーロッパバルカン半島に位置する国。公用語はボスニア語。かつてはユーゴスラビアの一部であったが、1992年に独立した。南部にはアドリア海沿岸に面している。

わかる[編集]

基礎データ[編集]

交通[編集]

ボスニア・ヘルツェゴビナには、数本もの高速鉄道が通っており、景色が良いことで有名。

航空関連[編集]

ボスニア・ヘルツェゴビナは、B&H航空という航空会社があるが、サラエボへの日本からの直行便がないため、他の航空会社を通して乗り継ぎをしなければならない。

国際空港[編集]

  • トゥズラ国際空港
  • バニャ・ルカ国際空港
  • モスタル国際空港
  • サラエヴォ国際空港

観る[編集]

  • 古い橋 - 世界遺産。中心部が湾曲した橋。
  • クラビカの滝 - 美しい滝。泳げる。
  • バシュチャルシヤ - サラエボのメインストリート。
  • サラエボ・トンネル博物館 - ボスニア・ヘルツェゴビナで起きた戦争に関する博物館。

食べる[編集]

ボスニア料理と呼ばれる、トルコ料理の影響を受けた料理が楽しめます。ボスニア料理では、以下の料理がおいしいです。

  • 牛肉・ラム・子羊・豚肉の網日焼き
  • Bosanski Lonac[1]
  • ロールキャベツ(Japrak)
  • チーズパイ(Sirnica)
  • 菠薐草パイ(Zeljanica)
  • シシケバブ
  • チェヴァプチチ
  • ブレク(Burek)
  • バクラヴァ(Baklava)
  • チョルバ
  • Bamja[2]
  • ボサンスキ・ロナッツ
  • ソガンドルマ
  • サルマ
  • シレネ(sirene)

ボスニアでは、前菜・主菜などを食べ終わると、果物やプリンなどのデザートを食べます。バクラヴァは特別な日にしか食べられません。食事中の飲み物としては葡萄の蒸留酒であるラキアが挙げられ、また食後はフレーバーコーヒーなどで締めます。比較的薄め・あっさりした味付けで作られています。

  1. 野菜や肉をローストし、ツボに入れて食べる料理
  2. 秋葵・レンズ豆・牛肉をトマトで煮込んだもの