テンプレート:Regionlist

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動


Template-info.svg テンプレートの解説

このテンプレートは構成単位(region)を色分けした地図を表示して凡例を付けます。使い方は下記のとおりです。

{{Regionlist
| regionmap=地図にまとめる地域の名前
| regionmaptext=地図の下に示す文
| regionmapsize=地図のピクセル換算の横幅。既定値は 350px

| region1name=第1の region
| region1color= 第1の region の色をHTML形式で記述。凡例に使用
| region1items=region の名前に添えるオプションの項目一覧。丸カッコで囲んで表示
| region1description= regionの説明
}}

上記のパラメータはregion単位で繰り返し、添え字を「region2」「region3」と順に大きくします。下記の使用例は実際の数値を使っています(読みやすさを優先して数字は概数です。)

{{Regionlist
| regionmap=Map-USA-Regions01.png
| regionmaptext=アメリカのregions
| regionmapsize=300px

| region1name=[[カリフォルニア]]
| region1color=#e0fa92
| region1items=
| region1description=ある意味、究極のアメリカらしさを備え……

| region2name=[[太平洋岸北西部 
 (アメリカ)|太平洋岸北西部]]
| region2color=#38911c
| region2items=[[ワシントン (州)|ワシントン]]、[[オレゴン]]
| region2description= 太平洋岸北西部は気候も穏やかで ……
}}

地図を2点使う[編集]

ページに静的地図と動的地図の両方を表示させるには、一方を表示して他方をバックグラウンドに置き、表示の切り替えができます。一例として中国東部(英語)(英語)をご参照ください。

基本の変数[編集]

地図の表示切り替えの設定は、 以下をregion リスティング・テンプレートに追加します。

| regionInteractiveMap=map1

この変数により前面は静的地図、動的地図は隠した状態になり、表示切り替え用のリンクを作ります。動的地図に mapshapes を内包する場合、"group=map1" 変数をそれぞれに追加します。

例:
{{mapshape|type=geoshape|fill=#dcb8b8|wikidata=Q14925052|group=map1}}

注意点がいくつかあります:

  • 静的地図と動的地図の縦横寸法は、記事への影響を避けるために同一サイズです。
  • 地図の中心およびズーム率は、地図に示された POI (注目地点)の位置を基準に自動設定されます。
  • 同一ページ内でひとつの動的地図を2番目の静的地図に対しても設定する場合、regionInteractiveMap 変数に異なる値を記す必要があり(例=map2)、それを group 変数に反映してください。

オプションの変数[編集]

既定とは異なる地点を地図の中心にする、または規定のズーム率を変更するには、以下のオプション変数を使って設定します。

| regionmapLat=Center latitude
| regionmapLong=Center longitude
| regionmapZoom=Map zoom level
<includeonly> [[Category:Templates]] </includeonly>

テンプレート用のサンドボックス作成テストケース作成を使用できます。