テンプレート:Cautionbox/doc

提供:ウィキボヤージュ
ナビゲーションに移動 検索に移動

このテンプレートは「生命を脅かす危険のない警告」、つまり旅行者の所有物や金銭または健康に影響を与える可能性のある点ならびに注意喚起が必要なその他の「通知」を対象とします。使用はあくまでも控えめでなければいけませんし、通常の平文を使った表記では何らかの理由で不十分な場合に限定してください。適切な使用法は次のとおりです。

警告:

  • 「空港への輸送機関で詐欺が横行しています」
  • 「公共の場で愛情表現をすると投獄される可能性があリます」
  • 「バッグから常に目を離さないでください」

通知:

  • 「幼児はしばしば入ってしまいがちです」
  • 「この地域への旅行は制限されています」
  • 「最近、パスポート規則が変更されました」

通知は通知でも「修理のためアクセス閉鎖」など重篤ではないもののほか、以下はこのテンプレートを使いません。つまり、本題から逸れた疑似事実(英語)(「ジョージ・ワシントンが宿泊」)、免責事項(英語)(「地域Xを地域階層から除外する理由は……」)、生命を脅かすと判断される危険(英語)(「薬物不法所持は死刑」、「内戦が激化」)または常識で考えたら予期できる危険(英語)(「高速道路を歩かないでください」、「酔った状態で暗い裏道を歩き回るのは良くありません」)には適用できません。

その「地域一帯」が影響を受ける危険の場合は注意ボックスを記事の最上部に置きます。危険が局所的または回避可能な場合は、「安全を確保する」の下に置きます。

このテンプレートは、警告付きのメインスペースのページを(英語)に分類します。

  • もし最終編集日を示すコードlasteditに値を書かなかった場合、そのページはさらに(英語)にも表示されます。
  • :有効期間の制限がない警告を管理用カテゴリに表示しない手順は、最終編集日のパラメーターにlastedit=permanentと指定します。
  • lastedit</ code>の日付が半年以上前の場合は、ページは(英語)に表示されます。

構文[編集]

使用する構文(シンタックス)は下記のとおりです。

{{cautionbox
| [[コルカタ]]に本拠を置く予約サービスで、賄賂を求めるなど不快で信頼に足りない業者を避ける最善の方法とは、事前予約をせず、到着時に滞在先を決めることです。
| lastedit=2020-03-21
}}

すると以下の画面表示になります。


注意 メモ
en:Kolkataに本拠を置く予約サービスで、賄賂を求めるなど不快で信頼に足りない業者を避ける最善の方法とは、事前予約をせず、到着時に滞在場所を決めることです。
(最終更新日:3月 2020)

パラメーター[編集]

太字で表示する部分は、次のように「boldtext=」パラメーターで指定します。

{{cautionbox|boldtext=CAUTION|この都市では詐欺が横行しています。}}

画面表示:


注意 CAUTION
この都市では詐欺が横行しています。

最終更新日を追加する(英語)には、まずテンプレート・パラメーターのlasteditを記した後、日付をYYYY-MM-DD(例:2020-09-13)形式で入力します。ボックス内の情報は変更もしくは確認のたび、必ずlasteditの日付を更新する必要があり、正確な日付を入力してください。

パラメーターのlasteditを使う場面は、注意ボックスの情報の更新がすぐに必要か、古くなる可能性のあるものに限定します。たとえば特定の目的地で一時的にせよ重要な社会インフラが壊れた場合や、経済危機が原因で旅行者がトラブルに遭いそうな場合です。

関連項目[編集]

このテンプレートを使う前に、以下のテンプレートの方が最適ではないか、どれかで代用できないか、じっくり考えてください。

<includeonly> [[:en:Category:Warning notices]] [[:en:nl:Sjabloon:Let op]] </includeonly>