42.2644.12フルスクリーンでマップを開く
提供:ウィキボヤージュ
コーカサス
コーカサス:政治の対立、素晴らしい景色、古代の教会。しばしば閉鎖される国境を挟んで、近景のホル・ヴィラップ修道院(アルメニア)、遠景のアララト山(トルコ)まで望む。あの山はアルメニアの象徴でもある

コーカサス英語Caucasus)は、黒海とカスピ海の間の地域です。ロシアの南に位置するジョージア、アルメニア、アゼルバイジャンで構成されています。高山地帯で知られるコーカサスには、エルブルス山があります。この地域は、ヨーロッパとアジアの間の自然の境界の一部と見なされています。

コーカサスはコンパクトで多様な地域です。民族も宗教も言語も異なる背景の人々が暮らしています。多様性の大きさも影響し、この地域は歴史上、多くの民族の対立や政治の紛争に巻き込まれており、そのいくつかは今日まで未解決のままです。

地域[編集]

コーカサスの地図
  アブハジア
黒海のリゾート地。この地域の評判は、2008年の戦乱を経て盛り返してきました。
  アルメニア
荒涼とした山の風景と遠くまで続く峡谷に囲まれた、何千年も前の古代文明。素晴らしい世界遺産、忘れられた修道院、そして実にのんびりとしたフレンドリーな文化が自慢です。
  アゼルバイジャン
コーカサスの最も豊かな国。石油の富と国際ビジネスに沸く首都、バクーとシェキの シルバン・シャー朝の古い壮麗な宮殿、ゾロアスター教の炎の神殿、地表には石油と塩の不毛の風景が広がり、山岳の北と南に広がる森林が多い地帯には世界クラスのハイキングコースが豊かな緑を縫います。
  ジョージア
コーカサスの緑豊かな中心部。おいしい料理と文化、信じられないほど多様な風景、そして古代の教会や大聖堂、修道院、洞窟都市が非常に豊富です。
  ナゴルノ・カラバフ(英語)/アルツァフ共和国[※ 1]
アゼルバイジャンに囲まれたアルメニア人の多い地域。
  南オセチア(英語)アブハジア
この山岳地帯はアブハジアと同じ戦乱を経て、まだ政情が安定していません。ロシア側からなら入域できルものの、心づもりを整えた旅人向きです。
  北コーカサス(英語)ロシア領)
南コーカサスの国々が独立して以来、この地域にはほとんど入ることができません。この美しい地域には崇高な山々や峡谷が広がり、おいしい料理、石の山頂の見事な村、伝説的なおもてなしがあります。それらを覆うように、小競り合いが繰り返されています。

大部分が承認していない共和国としてアブハジア南オセチア(英語)ナゴルノ・カラバフ(英語)はそれぞれ独立宣言前の国とは別に記事を立てました。これら政府の正当性には議論がありながら、「事実上の」支配権を持った、したがって明確に別個の存在です。主権国家であるという彼らの主張の正当性に対し、ウィキボヤージュはいかなる立場もとりません。


トルコとイランの一部も地理的にはコーカサスに含まれるものの、中東で扱うため、この記事では説明しません。

都市[編集]

地図
コーカサスの地図
トビリシの旧市街は、居心地の良い通りとカラフルな長屋で知られています
  • 1 バクー Wikipedia上のバクー — アゼルバイジャンの古都。この地域最大の都市で、国際的な石油取引のハブでもあります。
  • 2 バトゥミ Wikipedia上のバトゥミ — ジョージア最大の港。地域のパーティーの首都でもあり、過ぎ去った皇帝の時代から夏のリゾート地として機能してきました。
  • 3 エチミアジン Wikipedia上のエチミアジン — アルメニア使徒教会の本拠地には、大聖堂、教会、美術館があります。
  • 4 シャキ Wikipedia上のシャキ (アゼルバイジャン) — 森の山に囲まれた美しいアゼルバイジャンの街。
  • 5 ステパナケルト Wikipedia上のステパナケルト — ナゴルノカラバフの主要な町は、この未開発の高地を探索する拠点になります。
  • 6 スフミ Wikipedia上のスフミ — アブハジアの亜熱帯のビーチリゾートの首都は山から変化します。
  • 7 トビリシ Wikipedia上のトビリシ — ジョージアの活気に満ちた首都で、山々に囲まれ、おいしい料理とワインでいっぱいです。
  • 8 ツヒンヴァリ Wikipedia上のツヒンヴァリ — 南オセチアの首都は、人里離れた孤立した地域で最もアクセスしやすい場所です。
  • 9 エレバン Wikipedia上のエレバン — アルメニアの首都は、この地域で最ものんびりとした場所で、食事をするのに最適な場所であり、国の主要な観光スポットからすぐ近くにあります。

知る[編集]

アゼルバイジャン、ゴブスタンの古代ペトログリフ
ガグラの遊歩道、アブハジア

地理[編集]

コーカサスには2つの名を冠した山脈があります。大コーカサスは黒海とカスピ海の間を走り、主にロシアとグルジアの国境をたどっています。ジョージア、トルコ、アルメニアの国境を越えて南に走るレッサーコーカサス山脈。地理的には、コーカサスとその山脈は、ヨーロッパとアジアの間の自然の境界の一部と見なされています。この境界の正確な定義はさまざまです。

文化[編集]

宗教が出会う場所:トビリシ 聖ニコラス教会(上)とトビリシモスク(下)

コーカサスは、オスマン帝国、ペルシャ帝国、ロシア帝国、そして地方の王国の国境が何世紀にもわたって何度も引かれた地域です。さまざまな征服王国の影響を強く受けた多くの民族グループが住んでいますが、同時に、独自のアイデンティティを開発し、古代の習慣や伝統を維持することができました。宗教に関しては、アルメニア、ジョージア、および北オセチアのロシア地域は、ほとんどが正教会のキリスト教徒です。ロシアの北コーカサス(北オセチアを除いて)ほとんどがスンニ派イスラム教徒です。アゼルバイジャンは主にシーア派イスラム教徒ですが、ソビエト時代から受け継がれた世俗主義の強い文化を持っています。

ここを旅行している間、フレンドリーな地元の人々に会い、地球上で他に類を見ない食べ物を食べ、息を呑むような山の景色を目撃することを期待しています。難解で高価で官僚的なビザ手続きは、曲がった警察と同様に、徐々に負担が少なくなっています。しかし、これをナビゲートするのが最も簡単な地域から遠く離れさせるのに十分な荒廃が残っています。

話す[編集]

コーカサス地域は、世界で最も複雑な言語地域の1つであり、5つの異なる言語族からの60を超える言語が含まれています。これは文化の多様性にとっては素晴らしいことですが、旅行者を混乱させる可能性があります。

この地域で主に話される言語はは、アブハズ語、アルメニア語、アゼルバイジャン語、グルジア語、オセット語です。

地域全体で1つの会話集だけを使用する場合は、ロシア語がおすすめです。旧ソビエト諸国は、共通の第二言語としての使用を通じて統一されました。英語は主要都市で普及しつつありますが、その浸透まだ不十分です。しかし、ジョージア州の多くの人々はロシアとの軍事的緊張のためにロシア語を話すことを嫌がり、若いジョージア人の間で選択される外国語として英語がロシア語に大きく取って代わったので、ジョージア州ではロシア語を試す前に英語を試す必要があるでしょう。

独立は大規模な移住を意味し、しばしば強制され、民族言語的分離ははるかに顕著になりました。したがって、民族間の相互作用ははるかに少なく、若者が第二言語を学ぶインセンティブははるかに少なくなります。旅行者にとって国語はますます重要になっていますが、ロシア語は依然として非常に有用です。

アゼルバイジャンとトルコ語は相互にかなりの程度理解できるほど密接に関連しているため、トルコ語の知識はアゼルバイジャンでも役立ちます。

着く[編集]

飛行機で[編集]

3つの首都にはそれぞれ、東西ヨーロッパと中東への接続が良好な空港があります。中国のウルムチへのフライトも数便あります。係争中の領土は旅客便では運航されていません。

国の二次空港は主にロシアにサービスを提供する傾向があり、トルコ、ウクライナ、イランへの接続もいくつかあります。クタイシ空港はおそらく例外です。ハンガリーの航空会社WizzAirは、ヨーロッパのいくつかの国へのかなりの数の格安路線を運航しています。

アルメニア
アゼルバイジャン
ジョージア

電車で[編集]

エレバン駅の大胆なソビエト建築

政治はこの地域への鉄道ルートの多くを切断しました。

ロシアとアブハジアの間で電車に乗ることは一般的に問題はありませんが、ジョージアへの適切な旅行は一般的に不可能です。ロシアからアゼルバイジャンへの列車は十分に頻繁ですが、国境は閉鎖されています。

アスタラでアゼルバイジャンとイランの間を鉄道で横断することが可能です。

トルコとの旅客鉄道の接続はまだ行われていません。

観る[編集]

シェキの森林に覆われた背景、アゼルバイジャン
アルメニアのセヴァン湖
  • 1 ホル・ヴィラップ修道院 ホル・ヴィラップ修道院 (Q1144626) on Wikidata — アルメニアで最も写真に撮られた場所、アララト山の麓の国境にある巨大な岩の上にある壮大な修道院です。
  • 2 ダヴィド・ガレジ複合修道院 ダヴィド・ガレジ複合修道院 (Q1178627) on Wikidata Wikipedia上のダヴィド・ガレジ複合修道院 — ジョージア砂漠にある洞窟修道院で、美しい古い洞窟のフレスコ画がたくさんあり、アゼルバイジャンの南にある広大な空の広がりを見渡せます。
  • 3 セヴァン湖 ゲガルクニク地方 (Q199905) on Wikidata Wikipedia上のゲガルクニク地方 — アルメニアの大きくて美しい山の湖です。
  • 4 コブスタンのペトログリフ ゴブスタン (Q685724) on Wikidata — バクーの南にある古代のペトログリフ
  • 5 カズベグ山 カズベキ山 (Q207680) on Wikidata Wikipedia上のカズベク山 — ジョージアの息を呑むように美しい山です。
  • 6 ヴァルジア サムツヘ=ジャヴァヘティ州 (Q19039) on Wikidata Wikipedia上のサムツヘ=ジャヴァヘティ州 — ジョージアの印象的な洞窟都市の1つです。

する[編集]

2021年現在、アルメニアとジョージアでセクションが開いて いるトランスコーカサス地方のトレイルをハイキングします。

ジョージアの2つの非常に美しいスキーリゾートでスキーをすることもできます。

バトゥミ、コブレティ、ウレキ、ゴニアなど の黒海のグルジアのビーチでリラックスすることもできます。

食べる[編集]

ジョージアには「ヒンカリ」や「ハチャプリ」などの料理があります。

飲む[編集]

コーカサスで注目されている飲み物は、グルジアワイン、アルメニアのコニャック(ブランデー)、ロシアのウォッカです。

コーカサス全体の地ビールは素晴らしい価値があります。

脚注[編集]

  1. 外務省サイト「アルメニア共和国基礎データ(Republic of Armenia)」によると日本政府はナゴルノ・カラバフ州をアルメニアの一部と認識、経済援助・文化支援を保つ(一般及び草の根文化無償資金協力)。河野太郎外務大臣(2018年9月)以来、本田太郎外務大臣政務官(2022年5月)、吉川ゆうみ外務大臣政務官(2023年5月)の訪問歴あり。2023年(令和5年)6月9日時点。




   この記事は 英語版ウィキボヤージュの内容に大幅に依拠しています。原文の執筆陣はこちらをご参照ください